スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楊家将 ~烈士七兄弟の伝説

楊家将 ~烈士七兄弟の伝説~



あらすじ
中国・宋王朝の時代。敵国・遼の軍が接近し、“楊無敵”と称される宋の忠臣、楊家の家長・楊業(アダム・チェン)が先鋒隊を務めることとなる。遼軍を率いる耶律原は楊業がかつて討ち取った将軍の息子。その耶律原が楊業を捕らえたため、楊家の7人の息子たちが父を連れ帰るべく敵陣へと向かう。


レビュー

約1年半ぶりの更新。エラいすんまへん(汗)
っつかDVD持ってんのに未見と思い観賞。

中国で「三国志」「水滸伝」「西遊記」と並ぶ人気大作「楊家将演義」の一部を映像化した作品



宋王朝辺りの歴史が結構好きってのもあるんだが個人的にはめちゃくちゃ楽しめた
歴史モノ苦手な人はどうかなぁって気もするけど戦闘シーンがかなり面白く且つ中華圏の役者好きには楽しめると思う

物語は宋王朝時代、楊一族の家長、楊業が侵略してきた遼国を討つため先陣を任される。敵軍はかつて楊業が10年前の戦いで打ち破った将軍の息子、耶律原が居た。耶律は楊一族を滅ぼす事にそれこそ人生賭けてる男なのですよ。
また楊業は自国の指揮官である播仁美と軋轢があり、楊業の7番目の息子延嗣に息子を殺され関係が悪化しているわけです。
んで、敵軍耶律に追い詰められ播仁美にも裏切られ窮地に追い詰められしまうわけです。んでそれを知った楊家の息子7人は親父を助けるべく出陣となる。

ってとこまでは、物語のテンポが遅く感じるんですが両狼山で父と息子達が合流してからはリズミカルに展開して怒涛の戦闘シーンに興奮を覚える

ただ物語に馴染みの薄いので両狼山までの遅い展開の間に多少の説明があってもいいかなとは思う。

だけどそれを持ってしても、やっぱ物語に入り込めるのは良かった。

前半、7人兄弟がイケメン揃い!!っつかキャスティング力入ってんなぁとか結構、邪な目線で見てたのに
もうね息を飲む戦闘シーンとか、闘いに向かう息子達への母親の想いとか、兄弟たちの死を覚悟している表情とか、窮地に追いやられても父の亡骸を家に帰らせて母親に会わせたいって想いとか感情移入するわけです。
「七子行き、六子戻る」
この予言が後半切なく思い出す。

んで、兄弟一人一人が死地へ向かう見せ場とか結構グッとくるわけですよ。

多分、主人公は「楊家将演義」の要の人物である六男、延昭役のウーズンだと思うけど、長男・延平(演=イーキン・チェン)と三男・延安(演=ヴィック・チョウ)が印象強い。なかなかのキャラクターで戦闘シーンの見せ場がとにかくかっこいい

特に三男の延安は弓矢が武器なんだけど、そこが惚れ惚れするくらいキレがいい。だがしかし、わし延安役が仔仔(ヴィック・チョウ)と途中まで気が付かず。。。ヒゲ伸ばしてんだもんw
随分と男前なにーちゃんだなーと思ったら仔仔じゃった。そら男前だわw

んでクライマックスで六男、延昭が耶律と闘うんだけど、そこがまたねぇ
耶律が兄弟の武器を引っさげて延昭に迫ってくるんだけど、そこでの場面がグッとくる。兄弟の使ってた武器の演出とか父の屍を届ける想いとか泣ける。

楊家の「忠」「厚」「仁」「義」という生き様がかっこいいのだ。

こういう歴史武侠モノ観るって久しぶりw エンターテイメントでアクションの迫力に魅了され満足
わし、こういうの好きなんだよなぁと改めて実感できた。個人的にもう一度観たい映画ですた。




2013年中国・香港

監督 ロニー・ユー
アクション監督 トン・ワイ

出演
アダム・チェン(鄭少秋)/イーキン・チェン(鄭伊健)/ユー・ボー(于波)/ヴィック・チョウ(周渝民)/リー・チェン(李晨)/レイモンド・ラム(林峯)/ウーズン(呉尊)/フー・シンボー(付辛博)/シュイ・ファン(徐帆)/シャオ・ピン(邵兵) 

スポンサーサイト

夜半歌聲 逢いたくて、逢えなくて/夜半歌聲



STORY
1927年、北京。ソン・タンピンの舞台「ロミオとジュリエット」はその斬新さと華麗さで一世を風靡し、彼自身が設計した壮麗なオペラ座も注目の的だった。彼に憧れるファンは数しれずいたが、彼が愛したのはただ一人、ユンエンという娘だった。しかし、時代も社会も二人の愛を揺るさなかった。無理矢理引き離された二人、財閥令嬢のユンエンは他の男と結婚させられ、タンピンは何者かに襲われ、劇場もろとも炎に包まれた。その後、彼を見たものはいない…。それから10年、旅回わりの一座が廃虚となったオペラ座にやってくる。深夜、若い劇団員ウェイチェンは劇場に響く哀しい歌声を聞いた…。

ヤングマスター/師弟出馬



STORY
捨て子だったタイガー(ウェイ・パイ)とチェン(ジャッキー・チェン)は正風道場のカン先生(ティエン・ファン)に拾われ、功夫を学びつつ今やりっぱな若者に成長していた。そんなある日、カン先生のかねてからの厳しい修行に嫌気がさしていたタイガーが、恒例の和威道場との獅子舞い合戦で、金につられて敵の黒獅子を演じたのが先生にばれてしまった事から、ついに彼は道場を追い出されてしまう。帰るに帰れないタイガーは、大悪党のキム一味の用心棒となる。そんな彼を心配したチェンは、彼を連れ戻しに向かうのだが……。

野獣警刑 ビースト・コップス/野獣警刑



STORY
香港マフィアのボス、フェイ・ロイが、突然街を去ることになった。暗黒街の秩序を保っていたロイがいなくなったのをきっかけに、彼の縄張りは殺し屋と警察がぶつかる無法の戦場と化してしまう。チャオ・アントニーとマイク・マイケルは、街を守るために、自らの命をかけて壮絶な戦いを開始する。(allcinemaより抜粋)

夢翔る人 色情男女/色情男女


STORY
理想ばかり追う映画監督シン(レスリー・チャン)は自分が書いた脚本が売れたという知らせでプロデューサーのチャン(ロー・ガーイン)に呼び出された。その知らせを聞きシンと恋人のメイ(カレン・モク)は喜んだのも束の間、脚本とは関係ないポルノ映画のメガホンを撮るハメになる。
この映画のスポンサーは黒社会のボスでボスの女が主演女優を演じるというがボスの女でポルノ映画の女優としてやってきたモニク(スー・チー)は演技も出来ず、脱ぐのも嫌がる。
しかもモニクは相手役のワー(チョイ・カムコン)のことを毛嫌いし撮影がうまくいかない。
その上シンは他の役者や撮影スタッフにまでナメられてしまう。
テーマ : 香港電影    ジャンル : 映画

欲望の街 古惑仔1 コーズウェイベイの疾風/古惑仔人在江湖



STORY
同じアパートに住む幼なじみナン(イーキン・チェン)、サンカイ(チャン・シウチョン)、イー(マイケル・ツェー)、チョウパン(ジェイソン・チュー)、ポウパン(ジェリー・ラム)は学生の時から洪興社幹部のB哥(ン・チーホン)の舎弟となる。
洪興社社長チャンはカジノの上納金を要求したビルの殺しを命じる。5人はマカオに向かうが、反対に罠にはめられ襲われてしまう。そこでチョウパンは殺され、ナンは催淫剤を飲まされてサンカイの恋人とのセックスを強要される。それを知ったサンカイは怒り、従兄弟を頼り台湾へ飛び立つ。実はこの裏にB哥を邪魔と思っている同じ組の兄貴分のカン(フランシス・ン)が糸を操っていた。傷をおったままナンは香港へ戻りそこでナンの車の窃盗をしたサイ(ジジ・ライ)と出会う・・・

テーマ : 香港電影    ジャンル : 映画

欲望の街 古惑仔2 台湾立志伝/古惑仔2之猛龍過江


STORY
洪興社・組員ナン(イーキン・チェン)はカジノ経営を任されるまでになっていた。しかしそのカジノ運営の件で同組員フェイ(アンソニー・ウォン)と対立が増してしまう。その頃仲たがいしていたサンカイ(チャン・シウチョン)が台湾・三連会で出世し、組長ライの信頼を得ていた。

ところが三連会のマカオ進出の件で洪興社と三連会の間で板挟みとなる。そして三連会・組長ライが殺害されてしまう。サンカイはライの愛人に惚れていた。ところがその愛人の罠にはめられサンカイとナンは組長殺しの犯人にさせられてしまう。

テーマ : 香港電影    ジャンル : 映画

新・欲望の街 古惑仔3 古惑仔疾風、再び/古惑仔3之隻手遮天


STORY
かつてはただの不良少年だったナンたちは、今では暗黒街でも一目置かれる存在になっていた。そんな彼らの前に、東星社のタイガーとクロウが現れ、ナンたちに激しい嫌がらせをはじめる。やがてタイガーは洪興社のボスを殺害、その罪をナンにかぶせる。(all cinemaさんより抜粋)
テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画

新・欲望の街 古惑仔4 97古惑仔・最終章/97古惑仔戦無不勝


STORY
ナン(イーキン・チェン)の幼なじみで仲間の1人イー(マイケル・ツェー)とフェイ(アンソニー・ウォン)の妹KKが結婚。その席でナン、他の幹部達の間で前・洪興社社長チャン(サイモン・ヤム)の弟チャン(アレックス・マン)をボスに迎える為の話し合いが行われナンとサンカイ(チャン・シウチョン)他の幹部達はチャンのいるタイヘ向かう。
その頃ナンの留守中コーズウェイベイのシマを預かっていた“恐竜”が東星社拡大の為に企てたユウ・ヨン(ロイ・チョン)の手により殺害される。“恐竜“殺害の知らせを聞いたナン達幹部連中は“恐竜”の持っていたシマ屯門を継ぐリーダーを決めるためサンカイが推薦される。が、ナンは自分のように辛い思いをして欲しくないため反対する。
ナンの意図がわからないサンカイはナンと仲違いする。

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画

欲望の翼/阿飛正傳 

STORY
サッカー競技場の売り子スー・リーチェン(マギー・チャン)は、ある日突然遊び人風の客ヨディ(レスリー・チョン)に交際を迫られ断るが、一分間だけ時計を見ているように言われる。1960年4月16日午後3時。やがてスーはヨディを愛し始めた。ヨディはナイトクラブを経営する養母(レベッカ・パン)と暮らしていたが、彼女が部屋に連れ込んだ男を叩き出し、男から取り返した養母のイヤリングの片方を、居合わせたクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)にあげてしまう。翌朝、ヨディと一夜を過ごしたミミが部屋を出てくると、昨夜彼女と部屋で出会い、一目惚れしてしまったヨディの親友(ジャッキー・チュン)が待っていた。一方、ミミの存在を知って放心状態で夜の町をさまよっていたスーを見つけ、慰めたのは巡回中の若い警官(アンディ・ラウ)だった。彼はスーに恋心を抱くが、彼女から電話がかかってくることはなかった。養母から恋人とのアメリカ移住を告げられたヨディは、実の母親の住むフィリピンへと旅立つ。

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。