スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「エグザイル/絆」ファンの集い&舞台挨拶試写会行ってきますた。

11/2東京へ行ってきますた。
実はえぇ………「エグザイル/絆 ファンの集い」に当たったんですよー!!わし。
スポンサーサイト

周杰倫世界巡迴2008日本演唱會に行ってきますた!


2/16日、17日と周杰倫世界巡迴2008日本演唱會へ行ってきますた。
2日間コンサの曲目、内容はほぼ同じでしたが、もう2日間とも想像を超え大満足です。

2/16日はいつもブログでお世話になっている方々と2時に待ち合わせ。
以前からお会いしたかったので、ようやくお会いできてとても嬉しかったです。
ブログで持っている印象以上に皆、気さくでいい人ばかりですた。
実は、緊張するとおしゃべりになるわし。でも、そんなわしに付き合ってくれて凄く感謝してます。ほんと、わしばかりが喋っていたようで、すんまへん。


っで、コンサなんですが、いや?もう最強に最高ですた!!
さすがカリスマですた。
コンサの座席はありがたいことに2日間ともアリーナAブロックに当たりまして、結構間近でJAYを拝めることができますた。

オープニングは「黄金甲」。で、JAYが舞台下から羽を背負って登場。序盤から、「黄金甲」の激しい楽曲に会場がヒートアップしていくのがわかりますた。
曲は新しいアルバム「我很忙」とその前にリリースされたアルバム「依然范特西」を中心に構成してますたが、「七里香」「黒色幽獸」「開不了口」などもやってくれますた。
「七里香」が流れた時は、比較的大人しかったわしの前にいたファンが興奮してましたねぇ・・・それほど、ツボにはまる曲なんだろうと思うし、やっぱりこの曲が好きな人は多いんじゃないかなぁと思うほど、会場が一体化した感じがしますた。

全体的に良い構成だったんだけど、「聴媽媽的話」はかなりツボですた。コレ、曲も大好きなんですけど、曲の途中モニターにユンファ兄さんが白いキャップでノリノリなんです。しかもすかさず學友さんがまたモニターに現れ今度はサビの部分を歌っているのを見たときはもう大興奮ですた。

んで、やっぱりJAYのバラードは最高だなぁと。
特に「最長的電影」や3曲目で歌った「最後的戦役」は振っていた蛍光棒を止めそうになるくらい。マジで感動やら切なさで泣きそうで蛍光棒を振るのに必死ですた。

もう、ここでは書ききれないほどの感動の数々。
バックダンサーの迫力や演出。ゲストの南拳媽媽が出てくれたり、JAYのピアノ、ギター、ドラムまで見れて、「本草網目」ではディアブロ(中国のコマ)の演出あり、アンコールでは津軽三味線まで見せてくれて、細かく演出しているなぁと感じた。

アンコール「陽光宅男」のサビでは武道館はかなり揺れたと思う。すっごいノリノリだったもん、わしもかなりノリノリですた。
最後は、新曲「周大侠」→「霍元甲」→「雙截棍」と怒濤の三連発ですごい盛り上がりですた。

他にも中島美嘉の「雪の華」を日本語で歌ってくれたりと色々と挑戦してくれてましたねぇ。

コンサが終わった後は、楽しかった感情と終わってしまった寂しさが入り混じって、とても切なくなった。
なんだか「あぁ感動するってこういう事なんだなぁ」としみじみ感じますた。
JAYそのものをもっと好きになったし、JAYの音楽をより一層に好きになりますた。
ものすごくJAYに恋した2日間だったなぁ。

大まかな内容はこんな感じです。正直ここでは、書ききれない&ツッコミ所も多いのでいずれ日を改めてHPにてレポしようと思っています。その時はどうぞ覗いてやってくださいませ。

最後に、
素晴らしいステージをありがとうとJAYに感謝したい気持ちでいっぱいです。

オープニングセレモニー@香港映画祭

10/23-28まで東京に行って来ますた。
んで、もって香港映画祭も行きますた。かなり良かったです。っていうかサイコーですた。


でも、すんません。レッド・カーペットには間に合わず・・・ですが、オープニング・セレモニーには間に合いますた。なので、ちょいレポします。

オープニングセレモニーでは、「鐵三角/TRIANGLE」のツイ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トーと3監督と古仔、そして、「男兒本色」からはニコ、ジェイシー君、ショーンが!!
なんつー豪華な顔ぶれだよ?とわし、感動いたしますた。これだけの顔ぶれはそう見れるもんじゃないよね、なんかその日一日、わしは幸せですた。

結構、前の列の席がとれたお陰で、皆さんの顔がよく見れたのが嬉しかったっす!!
なんか、監督お三方は仲がいい雰囲気で、「男兒本色」の紹介の間、舞台の隅にやられている時も楽しそうに会話をしておりますた。その姿が何だか楽しそうで、わし、ずっとそのお三方を見て笑っていますた。

んで、リンゴ・ラム監督が結構、ユーモアがある人で一番、喋っていたなぁ。あと、ジョニー・トー監督は勝手に怖い人と思っていたんだけど、おちゃめなお人ですた。っていうよりジョニー・トー監督ってよくみると男前ですた。いや?惚れたね。

古仔はやっぱり男前ですたね。あまり喋らなかったけど、素敵ですた。スーツにテカテカの赤ネクタイには「やっぱ、香港人ね・・・」って思ったけど、それでもスゲー男前。んでもって、あいさつを日本語で喋ろうとしたんだけど、語尾を間違って「あう、あう?」ってな感じで可愛かったです。会場も微笑ましい爆笑が。

ニコはやっぱり声援が凄かったっす!!スターのオーラばりばりでんなっ!って感じですた。ちょいちょい日本語も話してくれて、お子さんが生まれた事を聴かれると「何で知ってるの??映画とは関係ないでしょう」といいながらもニコニコしていますた。
ショーンも日本語でご挨拶してましたね?。あまり喋らなかったけど、ニコ、ショーン、ジェイシー君がひとつのマイクでコーラスをしてくれたりと、なんだかこちらも楽しそうですた。

んでもって、わし個人の一番の収穫はジェイシー君ですた。あまりジェイシー君に興味がなかったんだけど、生でみると何とも言えないくらいキュート!。顔立ちは若い頃のお父さん(成龍)とやっぱ似ているんだけど、ふわふわっとした雰囲気で人の良さそうな可愛い雰囲気があるお人ですた。わし、一気にジェイシー君のファンになったね?。これは「THE DRUMMER」が楽しみだよ、ロイ兄さんも出ているしね。

その、7人が揃って受けたインタビューは香港観光スポットみたいな事を聴かれて、映画にはあまり関係のないインタビューでしたが、皆さんの人となりを垣間見れたような気がしますた。
時間にすると長い時間のセレモニーだったけど、それがあっという間に過ぎていった気がしますた。

それにしても、香港映画ファンの方々の熱気は凄いですねぇ。一人でコッソリと見に行ったわしは圧倒されますた。これからも、もっと映画&明星のファンが増えるといいなぁ。っと影ながら思っております。

で、肝心の映画祭の映画レビューは次回にっていうことで。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。