スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明/状元黄飛鴻



STORY 清朝末期、列強諸国の圧迫に混乱する清朝末期。広東の名医にして南派少林拳の達人、黄飛鴻/ウォン・フェイホン(李連杰)は友人で黒旗団のラウからこの混乱の世を鎮めるようにと頼まれ自警団を作る。
一方、フェイホンの噂を耳にしたフー(元彪)はフェイホンが営む寳芝林へ弟子入りを志願しにやってくる。にだがフェイホンに出会えないまま寳芝林を後にする。
フェイホンは発砲事件の事警察長官に話をつけに行く。だがそこで同席していた米英の代表、警察長官と意見が対立。しかもそこにフェイホンの自警団と対立している沙田の連中の乱闘騒ぎに巻き込まれたフェイホンは自警団と共に謹慎となってしまう。
そして、アメリカ移住の斡旋を装い、中国人を強制労働させている外国人組織の存在を知った黄飛鴻は、組織から命を狙われることに。
また、武術家として名を売ろうとする武道家・嚴振東/イム(任世官)は黄飛鴻にしつこく挑戦を続ける。無用な戦いを避けようとする黄飛鴻だったが・・・
スポンサーサイト

« »

05 2006
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。