スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱/黄飛鴻之二 男兒當自強




STORY
黄飛鴻/ウォン・フェイホン(李連杰)は、一番弟子の梁寛/フー(莫少聰)、十三姨/イー(關之琳)を伴い西洋医学の学会に招かれて広州へとやって来た。だが、広州はクン教祖(熊欣欣)が支配する『白蓮教』という邪教が外国排斥をうたい、暴力による排外主義が街に恐怖を呼んでいた。
学会に出席したフェイホンはそこで青年医師で革命家の孫文(張鐵林)と出会い意気投合する。が、その学会の場が白連教の襲撃を受けてしまう。難を逃れたフェイホンと孫文は再会を誓い別れる。
翌日、白連教はキリスト教小学校を襲う。フェイホンは子供たちの保護を依頼するために、警察のラン提督(甄子丹)に面会。だが政情不安のため、白蓮教徒を刺激することはできないと言う答えだった。
一方、イーとフーは、イギリス領事館へ子供たちとともに避難。合流したフェイホンはそこで、孫文の後援者でもある陸(姜大衛)と出会い、また孫文との再会も果たす。だが、またもや白連教が領事館を襲い・・・

スポンサーサイト

« »

05 2006
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。