スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十月圍城

十月圍城


STORY
1906年、香港ビクトリア・シティ。打倒清朝を目指す孫文は、中国各地から集まった革命家たちと密会していた。それを知った清朝は、孫文を暗殺するため香港に数百人の刺客を送る。一方、孫文を護衛するため有志を募った活動家・少白(レオン・カーファイ)の元には、ギャンブル狂いの警察官・沈重陽(ドニー・イェン)、商人の李玉堂(ワン・シュエイン)とその息子・重光、人力車の車夫・阿四(ニコラス・ツェー)、物乞いの劉郁白(レオン・ライ)、豆腐売りの王復明(メンケ・バータル)、革命家の娘・方紅(クリス・リー)らが集結。孫文が香港に滞在する5時間、多くの国民の希望を背負った彼らは命がけでこの戦いに挑む。(yes.asiaさんより抜粋)

REVIEW
以前から、かなーり観たかった映画『十月圍城』もブロ友さんからのご好意でお借りできました。Sさん、改めてありがとうございます。

ここからネタバレありなんで、読みたくないかたはスルーしてください。
スポンサーサイト
テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画

« »

07 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。