スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超速伝説 ミッドナイト・チェイサー/烈火戦車2之極速傳説



STORY 名家の息子でありながら違法な公道レースで名を上げているスカイ(イーキン・チェン)。ある日、レースに負けた相手が足を折ってしまいその兄ヒュン(サイモン・ヤム)の恨みを買う。ヒュンはかつて公道レースの王者だった。ヒュンと対決したスカイだったが事故を起こして車は大破、自分は一命をとりとめるも、助手席に乗せた恋人を死なせてしまう。失意のスカイは自分の父もかつてレースでヒュンに負けた過去があることを知る。父を訪ねてタイに向かったスカイは、父からヒュンとの因縁を聞き、再戦を決意するのだった……。

 
REVIEW『頭文字D』や『古惑仔』の劉偉強/アンドリュー・ラウが手がけた作品。『頭文字D』の映画化の原点のような作品です。っといってもこちらは人間関係に重点が置かれていてレースシーンの細やかなカメラワークなどはそんなに無いです。

イーキン演じる主人公スカイが生意気な金持ちのボンから、恋人の死や父親との再会で成長していくってな感じで物語が進んでいきます。
でも、話を詰め込み過ぎ!そのわりにいらんシーンも多い気がしますた。っというか前半が間延びしてしまって、後半のストーリーが少々大雑把になっていました。それでも前半のイーキンがクソ生意気過ぎたおかげでタイで父親と再会したシーンから、面白くなっていきました。

この映画はストーリー云々というより、登場人物に濃さのおかげで見所があったというのが本音。イーキンの父親役のブラッキー・コーや仇役のサイモン・ヤムの濃さとか、セシリア・チャンの一途な想いとか、イーキンの周りの人間が内容を引き立たせて面白みが増していますた。

特に物語が進んでいくうちにパディ演じる譚耀文/パトリック・タムの存在が大きく描かれていく過程は個人的には嬉しかったです。
っというよりダントツにパトリック・タムが上手いのよ。それこそ主役のイーキンを喰っちゃうくらい。そして泣き所もこの人が持っていきました。

1999年/香港
監督:劉偉強(アンドリュー・ラウ)
出演:鄭伊健(イーキン・チェン)/張柏芝(セシリア・チャン)/譚耀文(パトリック・タム)/林煕蕾(ケリー・リン)/任達華(サイモン・ヤム)/柯受良(ブラッキー・コー)

Comments

パトちゃんって! 
SOFFYさん>

パトちゃん、どんな役をしても演技上手いですわ。ホント凄い存在感だなーって思いましたよ?。
悪役にしろ、いい役にしろインパクトを残しますね?。
サイモンさんは、あの濃?い演技が個人的には好きですよ。油がノリノリってカンジが・・・

もう一度、是非観てください!!
もう一回 
来ました?♪
この映画持ってないので香港で買ってこようかな?。もう一回ちゃんとパトちゃん観たい!!そして泣く本当に主役食ってましたよね。

そしてサイモンさんはやっぱりムカつく役がお似合いで・・・

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。