スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望の翼/阿飛正傳 

STORY
サッカー競技場の売り子スー・リーチェン(マギー・チャン)は、ある日突然遊び人風の客ヨディ(レスリー・チョン)に交際を迫られ断るが、一分間だけ時計を見ているように言われる。1960年4月16日午後3時。やがてスーはヨディを愛し始めた。ヨディはナイトクラブを経営する養母(レベッカ・パン)と暮らしていたが、彼女が部屋に連れ込んだ男を叩き出し、男から取り返した養母のイヤリングの片方を、居合わせたクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)にあげてしまう。翌朝、ヨディと一夜を過ごしたミミが部屋を出てくると、昨夜彼女と部屋で出会い、一目惚れしてしまったヨディの親友(ジャッキー・チュン)が待っていた。一方、ミミの存在を知って放心状態で夜の町をさまよっていたスーを見つけ、慰めたのは巡回中の若い警官(アンディ・ラウ)だった。彼はスーに恋心を抱くが、彼女から電話がかかってくることはなかった。養母から恋人とのアメリカ移住を告げられたヨディは、実の母親の住むフィリピンへと旅立つ。

 
REVIEW
90年代を代表する、第一線で活躍している明星を集めた作品です。そして今はみんな凄い俳優になったなぁっとつくづく思います。
1960年代の若者の恋愛を描いた映画ですね。
ウォン・カーウァイ監督作品です。個人的にこの監督の作品苦手ですが、この作品は別。
青春群像劇といったらいいでしょうか、たぶん女性は好きであろうなぁと思わせる作品。

レスリー・チャンがすごくナイーブでナルシストで冷たい男を演じているのですが、この役はきっとこの人しか出来ないだろうなぁ。60年代設定の暗い背景に合っていてレスリー扮するヨディのセリフが気障だけど自分自身の葛藤と向き合っている姿が相反していて切なくなります。

マギー・チャン扮するスーもカリーナ・ラウが演じるミミも凄くかわいいです。切なくてどちらの女心も感情移入出来る。アンディの役は包容力があるし、ジャッキー・チュンは一途な男を演じていて切ない。

この作品、10代の頃に観たときより30代に入って観たときの方が感動しますね。
今となっては持てない感情とか上手く立ち回れない不器用さだとかが大人になって観ると改めて切なさが伝わってきます。
ノスタルジックな世界観、青春と言うには切な過ぎる出逢いと別れ、恋愛の一瞬の輝き。大人になり何かを諦めた人間には眩しすぎる。それと同時に懐かしい気持ちが訪れる、そんな感情を抱いてしまう。

この作品のレスリー演じるヨディは風の様に生きて、ストーリーの中で台風の目になっている。すべてを巻き込む強さと圧倒的な存在感。
それが実際のレスリー・チャンという人をどうしても重ね合わせて観てしまう。
レスリー本人もまた風の様に生きて、台風の目のように中心に生きた人だった。

やっぱ、切ない・・・

作品名:【阿飛正傳】(欲望の翼)  1900年 香港
制作:?光宙(ローヴァー・タン) 監督・脚本:王家衛(ウォン・カーウァイ)
出演:張國榮(レスリー・チャン)/張曼玉(マギー・チャン)/梁朝偉(トニー・レオン)/ 張學友(ジャッキー・チュン)/劉嘉玲(カリーナ・ラウ)/劉徳華(アンディ・ラウ)
テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。