スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディバージェンス 運命の交差点/三岔口



STORY
実業家イウ(ロー・ガーリョン)のマネーロンダリング事件の重要証人を護送していた刑事シュン(アーロン・クォック)は、その途中、殺し屋コーク(ダニエル・ウー)から襲撃を受ける。
証人を射殺されたシュンは、怒りのあまりイウの会社に乗り込むが、弁護士のトウ(イーキン・チェン)に制止される。翌日、歌手としてデビューするイウの息子のイベントを見張っていたシュンは、10年前に失踪した自分の恋人フォン(アンジェリカ・リー)にそっくりなトウの妻エミリーを目撃する。
 
REVIEW
エーロン、イーキン、ダニエル・ウーが主演ちゅーことで、三つ巴の戦いが見れる作品と思っていますたが、以外にあっさりとっというか、エーロンを中心にストーリーが展開しているような内容でした。
面白い要素があるにはあるんですが、話しが詰め込みすぎて3人の絡みが薄い気がしますた。

三者三様の人物像はきちんと描かれているので、もっと主演の3人に絡みを持たせてくれたら面白いのになぁと思いますた。

エーロンの恋人を探し続ける姿がすごく心情を表していて、殺し屋のダニエル・ウーから恋人の事を聞かされた時のあの車のシーンがよかった。個人的にはここが一番印象が強く、いい場面ですた。
イーキンの陰のあるエリート弁護士の役もよかったですし、ダニエル・ウーのなんとなく愛に飢えた感じの殺し屋の設定もよかった。
なので、ホントに絡みがもう少し濃かったら・・・っと思いますた。

そして他の登場人物も、サム・リーなんて途中とラストにちょこっとしか出ていないのに印象が残っているし、敵役のロー・ガーリョンが息子の安否を思うあまり表情に狂気が表れていくところも凄かった。

でも今回はダントツでエーロンがよかったなぁ。なんか虚しさが残る結末だったけど、10年間の呪縛から開放されたあの表情に一抹の希望を見たようなラストですた。
すごくエーロンとイーキンが大人になって味のある役が板に合うようになってきたのを見せてくれた作品ですた。


香港/2005
監督:陳木勝(ベニー・チャン)
出演:郭富城(アーロン・クォック)/鄭伊健(イーキン・チェン)/呉彦祖(ダニエル・ウー)/李心潔(アンジェリカ・リー)/寧静(ニン・チン)/曾志偉(エリック・ツァン)/林雪(ラム・シュー)/李燦森(サム・リー)/羅嘉良(ロー・ガーリョン)

Comments

SOFFYさん> 
ホントにもう少し絡みが濃かったら、かなーり面白い映画だったんじゃないかな?と思いますた。でも個人的にはあのアーロンは好きでしたね?。なんか表情が凄く素敵に見えました。一歩間違えばかなりストーカーなアーロンでしたけど(笑)
暫く来ない間に 
レビューがいっぱいあった(笑)すいません。HPにはお邪魔してたんですが、こっちにはこずで。

この映画でようやく認められたアーロン。
新作『父子』ではどんな演技をみせてくれるのか期待半分、不安半分です。

確かに3人の絡みがなかったのは残念でしたね?。
2人ずつの絡みはあったのに。

下手すると(いや完璧に?)ストーカーなアーロンが大好きな作品です。
ゆうこさん> 
ホント、絡みがもうちょっとあれば面白い感じがしたんですけどね?。ダニエルは今まで演じた悪役の中で一番好きな感じの悪役でした。憎めない感じがよかったです。
ニン・チンもよかったですね?。スキン・ヘッドがカッコよかったです!!私もあんな雰囲気の女性は好きですね。
アーロン 
凄まじかったですよねぇ。ダニエルも、悪役ながら、魅力いっぱいで。私も、イーキンとダニエルがもっと絡んで欲しい気はしました。
ニン・チンにびっくりしたんですけど、ああいう感じの女性は、けっこう好きです。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。