スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食神 (食神)


STORY
料理界で神のように崇められ「食神」と呼ばれる天才料理人、スティーブン・周(チャウ・シンチー)は、
かつての料理人の姿ではなく、もはやビジネスマンとしてずる賢い男となっていた。

そんなスティーブンのもとにトン(ビンセント・コック)という男が弟子入りを志願してくる。
ところがスティーブンはトンの裏切りによって料理界から追放される。
何もかも失った彼は、ある日屋台へ向かう。そこで屋台の女主人フォンガウ(カレン・モク)と出会う。
 
REVIEW
周星馳の監督・作品のひとつ。
料理を題材とした作品。そして周星馳ならではの、毒を含んだギャグ満載の一本です。コミック『ミスター味っ子』をモチーフにしたらしいが、『ミスター味っ子』すら吹っ飛ぶ作品。

人によっては好き嫌いが分かれる作品だと思います。わし的には凄くOK!ですた。
随所に笑えるところがあって、内容も飽きさせません。
ストーリーの中に出てくる料理がけっこう美味そうで、これも見所のひとつ。
主人公スティーブンが起死回生のために作った料理のネーミングは下品な仕上がりとなっています。


あと注目するところは屋台の女主人フォンガウ演じるカレン・モク。彼女のメイクが凄い。
『チャイニーズ・オッデセイ』を観た後とかにこの作品見ると、とにかくビックリします。同一人物とは思えないメイクです。
周星馳の作品を見ると、ヒロインが不細工メイクだったりするのですが、そういう意味ではこの作品が一番。
っと言うより、あんなメイクでOKなカレンに役者魂を感じさせる一本。



作品名:【食神】(食神)  1996年製作 香港
監督・脚本:周星馳(チャウ・シンチー)  監督:李力持(リー・リクチー)
制作:楊國輝(ヤン・コクファイ)  撮影:馬楚成(ジングル・マ)
出演:周星馳(チャウ・シンチー)/莫文蔚(カレン・モク)/谷徳昭(ビンセント・コック)/ 薜家燕(セッ・ガーイン)/呉孟達(ン・マンタ)/羅家英(ロー・ガーイン)
テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画

Comments

ダンゴ 
そうそう、あのダンゴのネーミングが・・・

カレン姐が星爺に出すどんぶり!あれめっちゃ美味しそうです?!どっかで食べられへんかな?
単純な盛り合わせなのに、カレン姐の愛が詰まってる。ん?、泣かせますね!
「食神」は 
最初は理解しづらいと言うか、
無茶苦茶な作品ですから、たしかに「んん?」って
感じになりますよね。
ただ、観れば観るほど
お馬鹿な世界に引き込まれますね?。
7月は「カンフー・ハッスル」のDVD発売を含め、
「食神」や「ミラクル・マスクマン」といった
シンチー作品で廃盤になっていたDVDが復活するので
今から楽しみです。
1回目は 
んんん??意味不明だったんですが、
2回目改めて見ると「おもしろーーい」と思った作品です。
衝撃が後から来たような感じで・・・。
シンチー映画は何度か観ると、面白さが増すという作品が多いような気がします!!

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。