スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキング・ニュース/大事件



STORY
香港の市街地。チョン刑事(ニック・チョン)たちはユアン(リッチー・レン)率いる銀行強盗団のアジトを発見。激しい攻防戦が繰り広げられる中、ユアン達の強盗団を取り逃がしてしまう。しかも犯人に銃を向けられた一人の警官が両手を挙げて命乞いをしてしまう場面をTVで放送され信用を失い、香港警察に対する非難が集中。
失った信頼を取り戻すため、副総監のウォン(サイモン・ヤム)は新任指揮官レベッカ(ケリー・チャン)の案で、PTU(機動部隊)にワイヤレス・カメラを装備し、犯人逮捕の瞬間を捕らえるショーをTV中継する作戦に出る。
 
REVIEW
冒頭から激しく長い銃撃シーンが繰り広げられ、勢いがいい始まりですた。
これからストーリーが一体警察側と犯人側がどう絡んでいくのだろうと思いましたが、警察側視点と犯人側視点でストーリーが展開しているような印象。
その視点の動き方が上手く表現されていて、途中のランチタイムを基準として前半が警察側、後半が犯人側で描かれているところは面白かったです。またそこに、この映画の「緊張」と「緩和」があってメリハリがありますた。

ただ、基本的にケリー・チャン扮するエリート女刑事とユアンとの駆け引きが中心で描かれていたためか、ニック・チョン扮するチョン刑事がただ強盗団を追いかけるだけの構図となっているため絡みが弱い気がしてしまいました。

それでもはジョニー・トーの描く世界があって、リッチー・レン達強盗団とたまたま現場に居合わせた殺し屋ユウ・ヨンが人質のラム・シューの部屋で出会いやり取りするシーンは奇妙な友情を描いていて面白かったし、逃げたリッチー・レンとユウ・ヨンを追ったニック・チョン、この三人のエレベーターでのやり取りもどこか、ニヤッとしてしまう演出で、ホントこういう表現はすごく上手いし引き込まれるなーと感心してしまった。

ラストはちょっとアッサリかな?っと思いますし、オチが少し単純な気もしましたがスピーディーな展開でリズムのよさを感じる作品。


2004/香港
監督:杜琪峰(ジョニー・トー)
出演:任賢齊(リッチー・レン)/張家輝 (ニック・チョン)/陳慧琳(ケリー・チャン)/ユウ・ヨン/林雪(ラム・シュー)/任達華(サイモン・ヤム)

Comments

観草電影門さん> 
岸谷五郎・・・確かに(笑)

ケリーのキャラ描写をもっと描いてもよかったと思います。というか全体的にメインキャラクターをもっと深く描いたら、入り込みやすかったかなぁ・・・なんて生意気にも思ってしまいました。

でも、そうするとテンポが悪くなりそうですよね・・・

ラム・シュー一家の食事シーンは凄く面白かったです。ああいう発想って一体どこから出てくるんでしょうね?。

今回はリッチー・レンが岸谷五郎に・・・ 
面白かったです!

フイルム撮影っぽい仕上がりと思い切りパンしたカメラにスケール感を感じました。
ケリーのキャラ描写をもっとして欲しかったけど、それは欲張り過ぎでしょうか?

ラム・シュー一家との食事は良かったですね。 あそこはイイ転換になりました。

あと「性感都市セックス&ビューティーズ」も観ました。 面白かったです。 (ここではセシリア・チャンが中村あゆみに・・・) 宜しければ遊びに来て下さい。
SOFFYさん> 
そう!あの料理のシーン、私もかなり新鮮に映りました!あーいう演出をよく思い付くなーとつくづく思いましたね?。なんかラム・シュが一番笑えました

確かに冒頭の迫力からすると大画面でみたほうが面白い映画かも知れないですね?
料理 
あの犯人同士が料理するシーンが凄く新鮮でした。
ジョニー組長はこう言う演出が上手いですね。

エスカレーターのシーンも、ケリーにキレるチョンちゃん、チョンちゃんにキレるケリーも良かった。
大画面で観れなかったのが残念です?。
ゆうこさん> 
ラム・シューは確かに情けないオヤジでしたけど、なんかコミカルでよかったです。
息子役の男の子のキャラが面白かったです。
ちょっとアッサリしているかなー?と思いましたが楽しめましたね?。
リッチーが 
とってもクールなこの作品。
ラム・シュー、情けない親父でしたねぇ。また。
子供を置いて、逃げるかよ・・・と思いつつ。
テンポがあって、私も、けっこう楽しめました。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。