スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片腕カンフーVS空飛ぶギロチン



STORY
清朝のチェン皇帝時代。
奥山中に住み、空飛ぶギロチンという恐ろしい刃物の武器の達人である盲目の封神無忌(カム・カン)は、、自分の門弟が片腕の拳士・ドラゴン/兪天竜(ジミー・ウォング)に殺された復讐のため山を下りた。

ある日、カンフー・チャンピオン・タイトルを賭けたトーナメントが開催される。参加はせず見るだけと決め門下生を連れ会場へと向かうドラゴン。
次々と対戦が行われるなか突然、ドラゴンを追っていた封神無忌が突然現れ会場を混乱の渦に巻き込み・・・


 
REVIEW
タイトルが長すぎて入りきれんかったわい。原題はOne Armed Boxer vs the Flying Guillotine。
『片腕ドラゴン』の続編。そしてタランティーノが『キル・ビル』の元ネタにした有名な作品です(栗山千明のシーン)。
この映画Gyaoですんげぇ久しぶりに見ますた。ありがとうGyaoさん。
久々に見ても、すげー面白いです。っていうかかなりメチャクチャでツボを刺激しますた。もうツッコミどころ満載。

まずカンフー・チャンピオンの大会からしてメチャクチャ。
個性的なキャラが次々と出てくるんですが、もう勝つなら何でもアリな試合。
卑怯な無刀流の日本人、インドのヨガの人、ムエタイの男など、ある意味ワールド・ワイドなキャラ。死人もアホのようにバンバン出てきます。
その一人、無刀流の日本人の卑怯な手をドラゴンが見て、「何が無刀流だっ!」と言った後の「やるな、参考にしよう」と舌の根の乾かぬうちに言ったあのセリフに脱帽しますた。そ、それは主人公のセリフではないのでは・・・

また、ドラゴンを追っていた封神無忌も片腕ドラゴンを語っていた偽の男を誤って殺した事をきっかけに「片腕なら片っ端から殺す」と言い出す始末。
そのドラゴンはドラゴンで、籠の縁を歩くわ、壁を歩くわでありえない。
しかも、無いほうの片腕側のふくらみは何なんですかー!?バレバレっす・・・

そして一番のツッコミは主人公の片腕ドラゴンこと兪天竜の戦いかたが卑怯というかセコイいこと。そのやり方に主人公とは思えんほどで、ムエタイの男(一応悪役)と戦うときも、真打ちの封神無忌と戦うときも罠のオンパレード。
罠って大概、悪役が仕掛けるんじゃ・・・
セコ勝ちをここまで堂々とやってくれると爽快感すら感じちゃったよ。
かえって悪役が可愛そうになってくるほどで、そこがもう笑えた。

もうこういうの観ると構成とか演出とか関係なくてもいいや!って気になります。
でもアイディアが色々考えられていて、小道具を上手く使っていたし、妙にノリのいい音楽が流れてホント観て飽きない映画ですた。

こうなると一作目の『片腕ドラゴン』もまた観たくなってきたなぁ。
これからご覧になるかたは一作目の『片腕ドラゴン』から観ると、片腕がなぜ無くなったか、封神無忌の弟子との闘いなどがわかります。そしてその一作目のほうもツッコミどころ満載です。『片腕?』シリーズお勧めでっせー。

1976年/台湾
監督・脚本:王羽(ジミー・ウォング)
出演:王羽(ジミー・ウォング)/金剛(カム・カン)/龍君兒(ルン・クンイー)/岑潛波(シャム・ジンボー)/龍飛(ロン・フェイ)/

Comments

ゆうこさん> 
なんか笑ってしまう面白さがありますよ!ツッコミどころが多くてツボでした。

でも、演出がホントよくて封神無忌との戦いのシーンとか小道具の使い方とかハトの演出とか上手いなぁと感心したし、音楽の使い方も上手かったです。

『キル・ビル』もそうですけど、アニメやゲームの元ネタにもなっていますので、そういうシーンを見つける面白さもありますよ。
映画としての面白さがありますね?。

個人的には相当オススメですよ?!観る機会があれば是非ぜひ!
この作品、 
相当観たいです。
「片腕必殺剣」は、観たんですけど、最高でした。
ちょうど、「キル・ビル」を昨日、観て、いきなり、ショウ・ブラザースのファンファーレが猛烈に嬉しかったです。
ジミーさんの、渋い演技を堪能したいです!

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。