スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つきせぬ想い/新不了情



STORY
作曲家のキット(ラウ・チンワン)は、恋人で人気絶頂の歌手トレイシー(カリーナ・ラウ)とささいなことで口論し部屋を出て、古いアパートを借りる。
隣の部屋に住む広東オペラの一家の娘ミン(アニタ・ユン)と知り合ったキットは、明るく積極的な彼女の行動力に引っ張られ、次第に頑なな心が解けていく。
ある日、トレイシーがアパートを訪れるがキットには彼女とよりを戻す気はなくなっていた。ミンの歌を聞いたキットは、彼女のために曲を書き上げることを約束する。
またミンの母親(フォン・ボーボー)は家族で広東オペラが続けられなくなるとして、娘がプロ歌手になることに反対。ミンの母親から、かつて彼女がガンに罹っていたことを聞かされる。それでもキットは、ミンを愛する気持ちに変わりはないとはっきり伝え母親に認められる。幸せな日々を過ごし、順調そうに見えた2人の仲だったが、母親の誕生パーティーも無事に終わったある日、突如、ミンのガンが再発し・・・

 
REVIEW
久しぶりに観ますた。やっぱり号泣。
完全に泣きを狙うような話で、「難病のヒロインが明るく生きる」ってストーリーはもう使い古されているが、これはそれを控えめにしていて、むしろ病気が再発するまでの日々が丁寧に描かれている所がよかった。

イー・トンシンって監督は登場人物の普通の日常や心情を上手く引き出して、観る側に感情移入させるのが上手いなぁと改めて思いました。

とにかくこのアニタ・ユンが凄くいいんだよね?。純粋でまっすぐで、キットっていう気難しい男の心を溶かしていくんだよね、それを日常の中で。それが凄く自然に映って見えてよかった。
そしてチンワンもすごく上手い。キットの心が解けていく過程を上手く表現していますた。

その二人が、友達から恋人になり、母親に認めてもらい、そして病に冒されてしまう。話の流れは使い古された話なのに今観ても新鮮に感じてしまうのは、この二人の役者やそれを取り巻く脇を固めた役者が魅力的なキャラクターだったからかも。


そしてラストに向かいヒロインのミンは病が再発するのだけど、そこは短くまとめられていて最後もサラリと描かれている。一瞬物足りなさを感じてしまうんだけど、観終わったあと、じわりじわりとキットとミンが過ごした時間が物凄くかけがえの無い日々だった事を感じてしまう。
それは決して戻ることは無いと観る側も解っていて悲しいんだけど、気持ちが前向きになれる作品ですた。

映画『タイヨウノウタ』の原案はこの作品らしいですね。最近知りますた・・・


1993年/香港
監督:爾冬陞(イー・トンシン)
出演:袁詠儀(アニタ・ユン)/劉青雲(ワウ・チンワン)/劉嘉玲(カリーナ・ラウ)/呉家麗(キャリー・ン)/馮寶寶(ファン・ボーボー)/秦沛(チョン・プイ)/張艾嘉(シルビア・チャン)

Comments

ゆうこさん> 
あの前半の何気ない日々がとにかくよかったです。
それが後半に切なくさせてしまうんですよね?、ホント泣けます・・・
主な出演者にきちんと見せ場があるところもよかったです。
しばらく 
観たあと、ぼ???っとなって、思い出すだけで泣けてきました。う??。
ほんと、前半の展開が、後半にぐっときいてきますよね。
ラストも余韻が残りまくりです。
SOFFYさん> 
ありゃ、いつもの口調でラウチンって書いてしまったわ(汗)

やっぱりこの映画泣けます?。わかっているけど泣ける。
あの幸せそうな日々が観終わったあと、蘇ってしまうんですよ?。

ところで、ホントあの犬達どうなったんでしょ?ミンが病に冒されてから残飯をあさるハメになっていましたが・・・
ラウチン 
ラウチンってAyuさん、ツボついてきましたね(笑)

この映画でラウチンの演技も本格的に認められるようになったみたいですからね。
私もこの映画は泣きました?。
ミンが面倒観てた犬達はどうなるの?とかでもいちいち泣いたような。

確かに最後があっさりしてましたね。でもそれはそれで良かった!
こう言う映画は感情移入出来るかが大事ですから!

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。