スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新流星胡蝶剣/新流星蝴蝶剣



STORY
中国、明の時代。宮中では政権をめぐる東西の争いが激しくなっていた。東側の武人コウ(ミシェル・ヨー)は、西側が武術集団に送ったという密書の強奪を命じられた。そこでコウは幼い頃に武術を教えていたシン(トニー・レオン)とイブ(ドニー・イェン)を西側に潜入させる。それぞれ心残りを抱えたまま、危険な任務につくふたり。しかし、そこでは思いがけない事実が待っていて…。

 
REVIEW
作家、古龍による武侠小説「流星・蝴蝶・剣」が原作。
たぶん、香港映画が好きな人なら大丈夫かな?と思うような作品。
まぁ見事なほどB級感が漂うというか、ストーリーは破綻気味だし、ラストも「え???」ってなカンジでアッサリと終わります。でもツッコミどころ満載、そしてアクション満載で個人的には結構楽しめますた。

ストーリーの中に恋愛要素が組み込まれていますが、その描き方は中途半端。
ただ、キャラクターはなかなか面白い設定で、トニーは強いけど可愛いらしいし、ミシェール姐さんは嫉妬心丸出しでジョイ・ウォンと女の張り合いするし、ジョイ・ウォンはキュートだし、特にミシェール姐さんに恋するドニー・イェンが妙に可愛らしくて好きなキャラですた。ジョイ・ウォンにからかわれたりして拗ねる所とか、何かいつもと違うコミカルなドニーを楽しめます。

そして見所はやっぱり、アクションシーン!さすがアクション監督が程小東だけあって、「あっありえない・・・」と突っ込むこと間違いない奇想天外な戦い方に、ワイヤーアクションや技の数々が楽しめたし、ミシェール姐、ドニーの動きのキレが素晴らしい事!トニーも意外?に格好いいアクションを見せてくれます。とくに冒頭、敵と戦っているトニーが腕を背後に回して弓を射るシーンは格好よかったなぁ・・・

また、最初と最後しか出ないけど、ジミー・リンが演じたガー皇子の存在が意外に面白かったなぁ。中盤まったく出なくなったので、必要なのか?と思いきやラストに大活躍しまくり、しかも一番武器になりそうもないアイテムで(笑)ひょっとして、このジミーちゃんが一番強かったりして・・・

まぁでも最初に言うように物語としては破綻しているし、結構エグいシーンも多いので苦手な人は苦手でしょう。でもアクションは十分に楽しめたし、役者が豪華なのにB級テイストなこの作品。個人的には結構好きかも。



1993年/香港・台湾
監督:麥當傑(マイケル・マック)
出演:楊紫瓊(ミシェル・ヨー)/梁朝偉(トニー・レオン)/ 甄子丹(ドニー・イェン)/王祖賢(ジョイ・ウォン)/林志穎(ジミー・リン)/徐錦江(チョイ・ガムコン)
   

Comments

ゆうこさんへ> 
トニー&ジョイ・ウォンは幸せでしたけど、ミシェール姐さんは切ないラストでしたね。でも私もついついドニーの応援してました?。何かこのドニー可愛らしくて好きだったなぁ・・・

竹林のシーン、凄かったですね?。結構興奮しました!
四者四様の 
恋模様が楽しかったです。トニー、おいしい役でしたねぇ。強くって、もてて。ドニーさん、反対に、切なかったですが。。。。ついつい、ドニーさんを応援しちゃって、ジョイさんとドニーがくっついて欲しいと、屈折した感情を思い描いてしまいました。
アクション、楽しかったですね。
竹林がとっても美しかったです。
ゆみさん> 
お久しぶりですね?!!私もゆみさん&にしけさんのブログをコッソリ覗いているんですがなかなかカキコ出来なくて・・・

この作品のドニーは結構間抜け(笑)でも一途で可愛いですよん。でもさすがアクションはキレがあってカッコイイです!!でもしっかりB級テイストですケド・・・

卒論ですか・・・すご?く大変そうですが、お身体には気をつけて乗り切ってくださいね!落ち着いたら色々映画を楽しめるといいですね?!!
zoecchiさん> 
うぉ!!返事が遅くなってすみません。
こちらこそ、さっそく遊びに来ていただいて嬉しいです!

確かこのラストは一応ハッピーエンドですが、ヨー姐さんは切なく終わっていますよ?。
ドニーはクールなカンジの役が多いですからね?。
このドニーはクールな雰囲気だけど、一途過ぎて、ちょっと間抜けになってしまう所が可愛かったです。

トニーは顔立ちが若くて、年取らない人だな?とこの映画と現在のトニーを見てそう思いました。
お久しぶりデス 
コミカルなドニー・・♡
是非観てみたいっす!ドニーは硬派で一匹狼っぽいメージがあるので、キュートな感じなのも気になるところですね
香港はB級でこそデスヨ
この卒論地獄が終わったら(あと数日…)香港映画観まくり生活に戻りたいとわくわくしている今日この頃なのです
香珠酒家見ながら「どれ見よっかなーー」と日々うずうずしとります
 
お久しぶりで?す♪ 
ブログ復活してすぐにコメントをいただきありがとうございます。
Ayuさんのところへなかなかお邪魔できずにいてすみません。
これからはちょこちょこ顔を出しに来ると思うのでヨロシクお願いしまーす

ところでこの映画はつい最近観たはずなんですがラストがどんなだったかド忘れしてしまいました(^^;
ただドニー・イェンが若い頃の作品はこれが初めてだったので、思った以上に若くてびっくりでした。
今は渋くてカッコいい役が多いだけにそのギャップがけっこう楽しめました。
トニーさんは意外にもジョイ・ウォン一筋なところが見ていてドキドキでした?。
Ayuさんの感想を読んで納得する部分が大です。やっぱ香港映画だなと(^^)
ガオさん> 
こんにちは。遊びに来ていただいて嬉しいです!

ホントありえない技が笑えるというか、でも楽しい?です。
ドニーのキャラがいつものドニーとは違って可愛らしくて大好きです。
私はこういう映画が結構ツボにはまるタイプなので、だから香港映画はやめられないです?。
お邪魔します! 
こんばんは。こちらでは、はじめまして。
先日は遊びに来てくださってありがとうでした。
すごく嬉しかったです。
そして、ワクワクしながら遊びにきたら
すごぉい!Ayuさんのこと思わず
香港映画の師匠と呼びたくなりました(ドキドキ)
そうして、この映画、ほんとうに
ツッコミどころ満載ですよね(笑)
もう、ありえない技連発ですもんね。
でも、うん、キャラたちは個性があって
楽しかったです。中でもドニー・イェンさんが
めちゃめちゃキュートでした。
アタシもこの映画大好きです。かなりなB級だけれども(笑)
それでは、また♪


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。