スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玻璃(ガラス)の城/玻璃之城




STORY
1996年、大晦日のロンドン。トラファルガー広場は新年を祝う人々で沸き返っている。そんな中を猛スピードで突っ込んできた車が一台、凍てついた石畳の上をスリップし轟音をたてて壁に激突した。時はまさに午前0時、車中のラファエル(レオン・ライ)とヴィヴィアン(スー・チー)は、新年の到来を告げるビッグベンの鐘の音と人々の歓声を聞きながら、息絶える。
翌日、ニューヨークでは新年最初の惨事として事故はトップニュースで報じられた。偶然ニュースを見たラファエルの妻テレサ(ポーリン・ヤン)は、香港にいるはずの夫の事故を信じられず取り乱し、代わりに息子のデイヴィッド(ダニエル・ン)が遺体を確認しにロンドンへ行くこととなった。警察の取調室で香港から来たヴィヴィアンの娘スージー(ニコラ・チェン)と出会う・・・。

 
REVIEW
デモのシーンのレオン・ライの髪型はどうかと思う・・・ということはさておき。

まぁデモのシーンは日本人のわしとしては複雑だけど・・・主役の2人の軌道を時代背景に重ねていく所や音楽の使い方は凄く上手い手法だと思う。
2人の愛も甘く切ない。でも何故か複雑な感情を抱いてしまうなぁと思った作品ですた。
ラファエル(レオン・ライ)とヴィヴィアン(スー・チー)が事故で他界して、それぞれの子供が二人の20年の恋愛の軌道を知るというストーリーなんですが、たぶん「あなたへの想いは変わらない」という純愛を描きたかったとは伝わるのですが、どこかで「でも純愛でも不倫は不倫でしょ」と個人的に冷めた感情を抱いてしまう。

第一ラファエルとヴィヴィアンの関係の描き方が綺麗すぎる。また、二人が20年たった設定でも見た目があまり変わらないもんだからリアリティを感じなくて感情移入しづらい。しかもそれぞれの伴侶は結局どうなるんだよ?とか余計な事も思ってしまう。だけど、この二人の恋愛が無ければ、デイヴィッド(ダニエル・ウー)とスージー(ニコラ・チェン)は出会う事無く愛は生まれなかったし、映画も成り立たない。

デイヴィッドとスージーの中国名が康橋(ケンブリッジ)というのは、ラファエルとヴィヴィアンの愛が深かった事に納得。そして劇中流れる「トライ・トゥ・リメンバー」はこの映画を盛り上げてくれる要素で素敵な演出。恋愛としては素敵だと思う。でもなぁ・・・どこかでやっぱりこのラファエルとヴィヴィアンの関係が好きになれないのだ。たぶんわしがそういう関係に理解できないって事が要因だとは思うけど・・・。
ラファエルとヴィヴィアンは20年たっても美男美女だったので、綺麗な想い出が成り立つし映画としてはOKだけど、「現実の男と女はそうもいかないって!」とツッコミたくなりますた。

主役のラファエルとヴィヴィアンよりそれぞれの子供であるデイヴィッドとスージーの関係が却って面白く描かれていたように思う。
特にスージーが女の子を紹介するとデイヴィッドに言うシーン。デイヴィッドは「あの池のほとりにいる女の子がいい」と言う。彼の事を気になり始めたスージーが複雑な顔を浮かべながら、池へ向かう。するとそこにいた女の子はいなくて、それでもデイヴィッドはその娘がいいと指を差しジェスチャーする。そこでスージーは自分の事だと気づく。冒頭お互い反発しあっていたからこそ、この演出が効果を発揮していて面白い。

主役2人は悲劇的だけど、その子供のデイヴィッドとスージーに未来を託した演出は悪くないと思う。ただ、生きているそれぞれの伴侶はどうなるんだ?とも思ってしまうケド・・・

1998/香港
監督:張婉停(メイベル・チャン)
出演:黎明(レオン・ライ)/舒淇(スー・チー)/呉彦祖(ダニエル・ウー)/張 [火炎/木]悦(ニコラ・チャン)

Comments

rongziさん> 
あぁ!!世良公則だっ!!
ずっとあの髪型見て誰かに似ていると思っていたんですよ。
あ?スッキリした(笑)


そう!ラファエルが勝手過ぎるんですよね?。でも惚れた腫れたは誰にも止められないっていうのは伝わりましたケド。でも私もこんな恋愛したくねー!って思いました。面倒くさそうだし、周りは不幸だし・・・映画では子供たちがハッピーエンドだからいいようなものの・・・
SOFFYさん> 
そうなんです。見た目があまり変わらすぎて、月日の重みとか感じられないんですよね?。
ラブソングはそういう感じに思った事はないんですけどね・・・
スーチーが若すぎてちょっと無理があったかも知れないですね?。

ダーリン、みんなで連呼して何か面白かったです(笑)
あの髪型見て・・・ 
世良公則かと思った(爆)。
私だけ?

この映画すご?く重たくて、こんな恋愛はしたくないな?なんて思います。あと、このレオンの役のラファエルってちょっと身勝手過ぎかな?。ヴィヴィアンの想いをよそに勝手にデモに参加して、勝手にフランス(でしたっけ?)行って、勝手にヴィヴィアンから離れたくせに20年後にまた戻ってきて…。けど、ヴィっヴィアンの一途な愛に泣けますよね。偉いと思います。

ダニエル君もこの頃はまだ英語の時代だった?。
あのレオン 
の髪型は確かに変です。それはさておき・・・

2人の見た目があんまり変わらないので20年って歳月の重さが伝わって来づらいですよね。
そう言う意味ではまだラブソングの方が感情移入しやすいかも。

そしてお互いの伴侶が惨めな感じがするのも同感です。

あとここで言いますが、ジェネックスのコメント、みなさんで「ダーリン」を連呼してるのに爆笑しました(笑)
そんな感じで今後もダーリンをよろしくお願いします

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。