スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンナマデリーナ/安娜瑪徳蓮娜



STORY
物静かな青年・ガーフ(金城武)のアパートに、陽気な青年モッヤン(アーロン・クォック)が住着ついた。ある日、ガーフは引っ越してきたマンイー(ケリー・チャン)に一目惚れしてしまう。一方、モッヤンは彼女のピアノの音がうるさいとケンカを売りにいく始末。だが、モッヤンとマンイーは反発し合いながらも惹かれあっていた。そして、マンイーの部屋が火事になってしまったとき、しっかりと彼女の側にいたのはモッヤンだった。ガーフはそのふたりの姿をみてしまい…。

 
<REVIEW
わし、この映画何度観ても好きです。
主演の金城武、アーロン、ケリーがとっても魅力的でバランスがとてもいい。
だからかは解らないけど切ないストーリーなのに見終わったあと、爽快感を感じてしまう。

アーロンが無邪気で女たらしなんだけど、どこか飄々としている所は魅力いっぱいだったし、ケリーが演じたマンイーも気が強く、でも恋に臆病でそこが好感もてたし、金城武が演じるガーフのキャラも静かなんだけど、じとーっとした感じじゃなくて控えめな演出。モッヤンの動とガーフの静という相反するキャラが話を面白くさせていた気がする。

そして、主役3人の他にゲスト出演した俳優が豪華なのも見所。張學友や曾志偉、袁詠儀や張國榮など、ホント豪華でそれを見るのも楽しめる。

ストーリーの構成も「第一楽章」「第二楽章」「第三楽章」っとここまではありがち。でもストーリーの構成を上手い手法で解りやすく表現しているうえ、その後の「第四楽章 変奏」が物語に厚みを持たせてくれている。
この「第四楽章 変奏」は金城武が演じたガーフが描いた小説の世界。その小説の話も確立していて見所がある。特にオルゴールに入っていたメッセージがよかったなぁ。
それと平行して出版社の社員を演じたアニタ・ユンと編集長を演じたレスリーの登場がサイドストーリーとして話を深くさせている。アニタのレスリーに対する叶わない想いを描かれているのも凄くよかった。
そしてこのアニタとレスリーの存在こそが「第四楽章 変奏」の劇中劇を現実に戻す接点だったし、アニタの言葉にできない秘めた想いに説得力をもたらしてくれた。
この「第四楽章 変奏」の物語がラストへ向かうとき、それぞれの登場人物の切なさに変わる気がしますた。

ラストは誰がハッピーエンドとかハッキリした意味を持って終わるわけではない。それぞれが様々な想いを昇華させて前に進んでいくようなストーリーでした。
それは切なくて甘酸っぱくも清々しい。

最後の締めくくりでこう語られる
「モク・マンイー(莫敏児)のいる人、いない人。出会えない人もいる。それが人生。」

生きていく中で必ずしも恋は必要では無いかもしれない。でも愛する人がいるだけでそれは喜びだと。儚いものだとしてもそれは幸せな事なのかも知れないと。この映画を見るたびにそう思える作品。


1998年/香港・日本
監督:奚仲文(ユー・チュンマン)
出演:金城武/郭富城(アーロン・クォック)/陳慧琳(ケリー・チャン)/張學友(ジャッキー・チョン)/曾志偉(エリック・ツァン)/袁詠儀(アニタ・ユン)/張國榮(レスリー・チャン)

Comments

ゆみさん> 
あけましておめでとうございます!
私もゆみさん&にしけさんのブログ楽しみにしてます。
今年もよろしくお願いします。

この映画、気に入ったみたいで嬉しいです。私も何度観ても好きですね?。
切ない片思いなんだけど、後味もいいし、メッセージ性があって、素敵な作品だと思いますよ?。
レスリーとアニタのちょっとしたエピソードもかなり好きです。

ピアノ是非ぜひ挑戦してください!私もピアノが弾けたらなぁ?ってこの映画みるたび思います。イイ曲ですよね♪



あけましておめでとうございます! 
今年もステキなレビューよろしくお願いします♪
いつも楽しみにしております♡

なんと!Gyaoであってたので見てみました?!
観る前の予想に反して(笑)すごく好きな映画でした。
確かに、4楽章から物語が一気に深く感じますね。
淡々としてるのにぐっとくる映画ってなかなか出会えないので、これはほんとイイ出会いでした。

そしてアンナマデリーナがバッハのあの曲のタイトルだって始めて知りました!改めて聴くとホントにいい曲ですね。今度ピアノで練習しよう♪

愛しのレスリー&アニタユンの黄金コンビも出てたことだし、DVDの綺麗な映像でもう一回見たい映画ですね(^◇^)
SOFFYさん> 
このアーロン、よれろれのTシャツに、トランクス姿とかあるのに、魅力的ですよね?。身近にいたら、私も惚れる・・・

レスリーとアニタのシーンもちょっとした物語でいいですよね?。アニタの切ない感情とか凄く伝わりました。私自身も恋愛は積極的になれないタイプなので気持ちがわかる気がしました。

でも、好きな人がいるとそれが片思いでも、何か幸せなんですよね?。っていうかそれが自分の糧になります。
エレベーター 
シーンのアーロンが大好物です。
って、あちこちで言ってます。

レスリーとアニタの物語が凄く好きなんです。
私って片思いが多いタイプなんで
アニタに感情移入し易かったですし。

Ayuさんの最後の言葉
>生きていく中で必ずしも恋は必要では無いかもしれない。でも愛する人がいるだけでそれは喜びだと。

に凄????く共感!
愛する人がいるとそれだけで毎日楽しいですからね
fizz♪さん> 
そうそう、レスリー出ていたんですよ?。このレスリーとアニタのちょっとしたストーリーが意外によかったです。

アーロンはスクリーンにいると色気の増す役者さんですよ。機械があれば是非他の作品も観てくださいね?。いろんな役がこなせる人ですよん♪

この映画はホント色んな役者がゲスト出演していて、それを見つけるのも結構楽しい映画でした!
そう言えば… 
Ayuさん、こんにちは♪
ちょっと落ち込んでいたところ、この作品を目にして、元気が出てきました(嬉)
レスリーが出ていたんでしたね!
ほんの少しでしたが、アニタとの絡みが余韻があって素敵でしたね。
私、アーロンはこれしか観てないと思いますが(謝)
都会的で軽快な雰囲気がぴったりな役者さんですね。
でも細部は忘れてて、學友さんやエリックさんも出ていたこと思い出せません(涙)
近々見直してみたいです♪

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。