スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復讐のプレリュード/大冒険家




STORY
1975年、カンボジア。
少年のヤンは、目の前でレイ(チョン・プイ)という男に家族を惨殺される。20年後、叔父サン(デヴィッド・チャン)に引き取られタイ空軍パイロットへと成長したヤン(アンディ・ラウ)は、新聞で富豪となったレイの姿を見つける。
復讐を決意したヤンはレイが出席するパーティーで暗殺を図るが失敗、負傷してしまう。レイの愛人モナ(ロザムンド・クワン)はヤンを匿い手当しているうちに二人は惹かれあう。
サンの元へ戻ったヤンは、レイとヤンの父がCIA工作員だったこと、そしてレイが裏切った事を知り更に憎悪を燃やす。CIA協力のもと、アメリカに渡ったヤンは名前を変え留学中のレイの娘クリスタルを誘拐し、身代金を請求する。だが、ヤンのアジトを武装した集団が襲撃する・・・

 
REVIEW
カンボジア、タイ、アメリカ、香港と目まぐるしく場面がかわり、ストーリーもスピーディーに展開していきます。
復讐の為に生きてきた男をアンディ・ラウが演じていますが、クリスタル(ン・シンリン)を巻き込んだあたりから話が面白くなってきますた。

このアンディが演じるヤンは悲しい男でねぇ、復讐の為に生きて、その復讐もやり方を間違えてどんどん深みにはまってしまうんですよねぇ。
また、モナ(ロザムンド・クワン)とクリスタルの両方の女性に愛されるんですが、復讐相手の愛人と娘という設定なので、人間関係は面白く描かれていたんじゃないかと思いますた。

でも、ヤンは一体どっちの女性を愛したのかがよく解らず。というか、モナの存在がよくわからないんですよねぇ。レイと別れたい為にヤンを助け利用しようとしたのか、それとも愛していたのか、そのどちらをとったとしてもよく解らない。ヤンとの絡みが少なくて説得力がない気がしました。結局ヤンは最初にモナに興味があったけど、クリスタルを愛するようになったのかなぁ?う?んそこの心理をもう少し描いてくれたら解りやすかったかも。

全体的に派手なシーンは結構ありましたが、盛り上がりに欠ける感じは否めなかったです。たぶんいろいろな要素を詰め込み過ぎたからかも。
でも、ラストで未来を感じる所は安心できました。

しかし、オープニングに秦沛という名前が出ただけで「あっこの人が悪い役だね」っとすぐに解ってしまった自分が悲しい。悪役のイメージが強いのかなぁなんて思ってしまった。逆に弟の姜大衛(ジョン・チャン)は善人顔なのに・・・
この映画を観ながら二人の顔を見比べて、変に楽しめました。



1995年/香港
監督:林嶺東(リンゴ・ラム)
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)/關之琳(ロザムンド・クワン)/呉倩蓮(ン・シンリン)/姜大衛(ジョン・チャン)/秦沛(チョン・プイ)


Comments

ゆうこさんへ> 
私もチョン・プイが悪役だとやっぱりって思っちゃいます(笑)何なんでしょうか、その安心感。

ホント、カンボジアのシーンはちょっとやりすぎでいたよね?。いくら映画の世界とはいえ一般人を巻き込むシーンはきついものがありました。

ロザムンドさんは一体どういう存在だったの?とちょっと思ってしまいました。あんな扱いは無いだろうと・・・
チョン・プイが 
悪役の時、変な安心感があります・・・。
この映画、カンボジアになにしてくれてんだ?!って思うほど、村を大爆破でしたね。
微妙な三角関係も・・・。ロザマンが、ちょっと、かわいそうに思いました。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。