スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Departed/ディパーテッド



STORY貧困と犯罪が渦巻く、ボストン南部で生まれ育った2人の男。犯罪者一族に生まれ、自らの生い立ちと訣別するために警察官を志すビリー(レオナルド・ディカプリオ)。マフィアのボス・コステロ(ジャック・ニコルソン)に育てられ、忠実な“内通者”となるために警察官を目指すコリン(マット・デイモン)。2人は互いの存在を知らぬまま同じ警察学校で学び、それぞれ優秀な成績で卒業。コリンはマフィア撲滅の最前線に立つ。一方、ビリーに命じられたのは、マフィアへの極秘潜入捜査だった…。

 
REVIEW
『無間道/インファナル・アフェア』のリメイクという事で、鑑賞しますた。
リメイク作品なのでオリジナルと比べてはいかんと思いつつも、つい見比べてしまう。そんなわしが言うのもなんですが、この作品はオリジナルとは違う視点で観た方がいいかと思われます。

内容は8割方、オリジナルの路線をいっているのですが、タイトルに表しているように『無間道』と『デッパーテッド(死者)』ではだいぶ意味合いに価値観が違うのよ・・・
冒頭から流れるサントラですでにオリジナルとはかけ離れた世界観になっていますた。
映画全体はオリジナルのオイシイ所を集めて、それに水を足した感じ。「薄っ!」って思う。登場人物の描き方が希薄に感じてしまうんだよなぁ。
 
ビリー(ディカプリオ)は確かに潜入捜査官として任務を遂行していくんだけど、どうも警官としての生き方や誇りというより、自分のアイデンティティを求めているような感じで、そんなタイプの人間が果たして潜入捜査官としてやっていけるのだろか?といようなキャラクターだったし、コリン(マット・デイモン)は潜入した警察で出世していくけど、出世に調子乗っているただのあんちゃんにしか見えない。アンディが演じたラウは警官の道を選ぶけど、このコリンは結局のところどこへ向かいたいのかがハッキリしない。
なんかさー、二人とも激情型でお互い秘めた苦悩とか焦燥感が感じられなくて感情移入しづらいのよ・・・
第一、コステロ(ジャック・ニコルソン)が前に出すぎ!これじゃあコステロを中心に取り巻く2人の男の話になっちゃうよ・・・
そしてコステロの存在感に比べ、上司のクイーナン(マーティン・シーン)の影が薄い。その代わりティグナム(マーク・ウォールバーグ)という存在があるんだけど、活躍すると思いきや物語を終結させる為だけにいるようなキャラですた。

それにお互いの通信手段が携帯電話だなんて安直すぎないかい?そういうところは妙に手抜きな感じがするんだよな?。オリジナルのモールス信号のシーンとか、いたく感動したわしにとっては何か物足りないんだよねぇ。

後、女医の存在がなぁ・・・。
オリジナルで言えばケリー・チャンが演じたリー医師に当たるかな?それがコリンとビリー二人に好かれるって設定なのよ・・・
わしにとっちゃあ、オリジナルのマリーの存在って結構大きかったりしたので、マリーに変わる存在がいないってのも、ちとショック。だってヤンとラウがお互いの存在を知らなくて偶然居合わせた場所で曲を聴くシーンとかラウにとってはマリーの事を匂わすようなちょっとした演出でよかったんだけどなぁ。ラウ自身の背景であったりした存在のマリーと、ヤンに関わるリー医師の役を一緒にしちゃったわけだから、そこんとこどうなのよ?って思ってしまう。

個人的にわしの好きだったシーンはことごとく打ち砕かれますた・・・
っていうか、スコッセシ監督ってこんな映画を撮るような人だったっけ?
『タクシー・ドライバー』とか『ニューヨーク・ニューヨーク』とか『グッド・フェローズ』とか作った同じ人とは思えないんですけど・・・

心に残るような部類の映画ではないですが話自体は面白いし役者は豪華なので一度観る価値はあると思います。っていうか、これを観てオリジナルを観ると、オリジナルの面白さを改めて認識できますた。


2006/アメリカ
監督:マーティン・スコッセシ
出演:レオナルド・ディカプリオ/マット・デイモン/マーク・ウォールバーグ/アレック・ボールドウィン/ベラ・ファーミガ/レイ・ウィンストン/マーティン・シーン/ジャック・ニコルソン

Comments

fizz♪さん> 
返事が遅くなってすみません(汗)

fizz♪さんもご覧になりましたか!
やっぱり、キャラクターの存在が薄い感じがしますよね、例えばオリジナルの様な苦悩とかやるせなさとか全然そこの所があまり描かれてなかったので感情移入しづらかったです。

もう、別物として割り切るしかない作品です。
私もスコセッシ監督も役者陣も嫌いじゃないし、スコッセシ監督の映画は好きな作品も結構あるので、それも含めて考えてしまうとやはり残念でした。

これから、トニーさん&金城武の『傷だらけの男たち』も公開しますが、この作品もハリウッドがリメイク権買ったんですよね・・・
どうなることやら・・・何だか心配です。
連日でごめんなさい! 
Ayuさん、今日もお邪魔しちゃいました。
観たばかりのホヤホヤです(笑)

>登場人物の描き方が希薄に感じてしまう
全く同感でしたー!
だから感情移入できないし、余韻すら感じられないのに、作品賞?…
受賞した監督も複雑なのではないでしょうか…
ハリウッド映画も大好きなのですが、今作はインファのリメイクだから観たのに、残念でした。
別物だと割り切ったとしても、どうしても辛口になってしまいますよね。

>オリジナルの面白さを改めて認識できますた
おお? まさにそうですよね?
インファの完成度の高さを再認識させてくれたことで、このハリウッド作品には功労賞を贈りたいです(笑)
zoecchiさんへ> 
そうですよね、『無間道』と『ディパーテッド』では意味合いが違うし、内容のテイストも違いましたよね。
スコッセシ監督は良い映画もたくさんあるんですけど、最近はどうしたの?と言いたくなりました。
この映画も本当は撮りたくなかったみたいだし・・・

テーマが根本的に違いすぎているんですよね?。
だからこうも概念が違うのかな??と思いました。

でも、本家の良さを改めて実感出来た意味では観て良かったなぁと思いました。
TBありがとうございました? 
この映画を観に行って、劇中ずっとなんか違うんだよな?って気持ちが離れませんでした。
根本的に『無間道』とテーマがかけ離れてますよね。
この映画の良さみたいなものが伝わらないというか、別物として考えたらそれはそれで面白いのかもしれないけど、『無間道』を愛してやまないものとしては納得のいく内容ではないですよね。
監督は本家を観ずに脚本だけに沿って映画を作ったそうですが、絶対に元のシナリオも読むべきでしたよ。そしたらこの映画のテーマがより理解できたと思うんですけどねぇ。
ガオさんへ> 
そうなんですよ?。
私は結構スコセッシ作品って好きなほうなんですけど、ガオさんのブログで仰っていたようにスコッセシとディカプリオは離れた方が良いんじゃないか?って思いました。ディカプリオもいい俳優さんなんですけど、やっぱ相性が良くないですよね。

それと『無間道』の存在はやはり大きかったなぁ?と思いました。
『無間道』という仏教の概念が無いのは仕方ないとしても、その裏にある情念とか、誇りとかやるせなさが好きだっただけに、ただ構成の面白さだけを描いてもオリジナルを知ってしまった側としては物足りない気がしました。
これはもう、改めて『無間道』の良さを実感できたという意味で価値のある映画だなと思います。そういう意味では良かったかも知れないですね?。

でもホントどうした?スコッセシ?ですよね?。
うんうん 
いやぁ、もう、何もかも同感です!
ほんとうに『ニューヨークニューヨーク』とか
『タクシー・ドライバー』や『グッド・フェローズ』を
作った同じ人が撮ったとは思えなかったし
本人も撮りたくなかったみたいだし(汗)
そして、そうなんですよね、『無間道』と
『ディパーテッド』では意味の価値が
全然違うから、どうしても薄味に・・(涙)
きっと、『無間道』の映画の存在さえなかったら
『ディパーテッド』もそれなりによくあるB級ものとして
面白く観れる映画かもしれないのですが、
『ディパーテッド』の存在が『無間道』の面白さや
素晴らしさがあらためて光り輝いてしまいましたね。
そういう意味では、ある意味良かったのでしょうか?(笑)
でも、やっぱり、どうした、スコセッシ!って
思ってしまいまする(涙)オリジナルへの敬意も
そして自ら撮りたくもなかったって感じなので
なんだか複雑ですね。

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。