スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ミッション 非情の掟/鎗火



STORY
黒社会のボス・ブン(エディ・コー)は自ら経営するレストランで何者かによって襲撃に遭う。ボディーガードは逃げ出すが、ブンが襲われたことを知ったブンの弟ナン(サイモン・ヤム)が襲撃現場に向かいブンは何とか助け出される。そこでナンは以前から顔見知りで今はカタギとなっている腕利きのグァイ(アンソニー・ウォン)を筆頭にフェイ(ラム・シュー)、マイク(ロイ・チョン)、そして腕が立つと評判のロイ(フランシス・ン)とロイの弟分シン(ジャッキー・ロイ)をブンの新たなボディーガードとして雇う。
 
REVIEW
監督のジョニー・トーは本作で第19回香港電影金像奨・最優秀監督賞受賞。

多分この作品、ジョニー・トー独特の世界観が理解しにくい人にはあまり楽しめる内容では無いかもしれない・・・
ストーリーは凄く単純だし、しかも短い時間で展開しています(81分間)
ジョニー・トー監督は作品によって好きなものと苦手なものがありますけど、この作品は大当たり。荒削りで、話が無理矢理な所もあるがスゲー格好いい作品。

香港映画界のインパクトの強い俳優達が集まっただけあって、男たちの濃ゆ~い世界観が炸裂しています。(メインで出ている女優は1人だけだし・・・)

全体的にセリフが少ないが一人一人の存在感が強くセリフが少なくても十分。と言うかセリフが少ないからこそ生きてくる作品といったほうがいいかも。

中盤のジャスコでのガン・アクションのシーンはこの作品のメインと言っていいです。
5人の男、グァイ、ロイ、マイク、フェイ、シンの役割やキャラクターが皆、痺れるほどイイ男。

そして5人がボスのオフィスで待機中に丸めた紙でサッカーをするシーンや、シンがタバコに細工してそれをグァイが引っかかってしまうシーンに5人の男たちのさりげない友情や遊び心を感じる。

いつも香港映画界で悪役や脇役を務める俳優が主演を演じるとズシリとくる凄い作品が仕上がるんだと実感。5人の他にもボスを演じたエディ・コーやボスの弟ナンを演じたサイモン・ヤムも味わいのある演技で見物。

低予算でカメラワークもシンプルな感じだが角度や背景にこだわっているのが随所に伝わり、暗闇のコントラストに緊張感が漂う。こういう、夜の演出はさすがに上手いなぁと感じますた。


ホントにストーリーは短く、荒削りだが81分間の中に監督のジョニー・トーと俳優陣のチカラ技で作り出した傑作。ラストのオチにも抜かりない仕上がり。恰好いい映画ってこういう映画だと思う。マジで痺れますた


1999年/香港
監督- 杜琪峯(ジョニー・トー)
出演-黄秋生(アンソニー・ウォン)/呉鎮宇(フランシス・ン)/張耀揚(ロイ・チョン)/呂頌賢(ジャッキー・ロイ)/林雪(ラム・シュー)/任達華(サイモン・ヤム)/高雄(エディ・コー)

Comments

Unknown 
zoecchiさん>
こちらこそTBありがとうございました!
確かにこのジャンユー素敵ですね!
元々ロイ兄さんは好きだったんですが、
コレが決定打でしたね(笑)

私的には紙ボールでのサッカーシーンはツボです。
コメント&TBありがとうございました?。 
私も少しずつ香港のベテラン俳優陣の魅力にはまりつつあります?。
今回のこの「鎗火」でかなりトキメいてしまいました?。
5人のチームワークがいいですよね!時おり見せるオチャメなシーンも良かったです。
銃撃シーンもクールでかっこよくてしびれました?。
Ayuさんはこの作品でロイ・チョンに落ちたのですねぇ。
私は完全にジャンユーにはまりました?。素敵です
こちらこそ多謝です!! 
Tucasaさん>
TBありがとうゴザイマス。
返事がおくれてすみません。
ちと香港へ行っていました。

そうなんです、Tucasaさんと私、同い年なんですよ?
私も親近感湧きまくってまっせー。
ロイ好きって少ないし、まして私の地元沖縄では知っている人いないかも?
ただウチのおかん65歳だが、「古惑仔3」のロイ観て惚れていましたよ・・・
「古惑仔3」のロイ観て惚れるとはどうかしているとしか思えん・・・

ミッション祭り楽しみにしてますんで、こちらこそよろしくお願いしまーす
コメントありがとうございます! 
Ayuさん、こんばんは。
先日は拙ブログにコメントありがとうございました!
遅ればせながらこちらからもTBさせていただきました。

Ayuさん、私と同い年なんですね。しかも独身でロイ好き…共通点多くて親近感感じまくってしまいます。

ミッション祭り、遂行しましたらまたエントリ書きますので、今後ともよろしくお願いいたします。
コメント多謝! 
ルイヂさん>

どうぞお越しやす?。こちらこそコメント多謝です!
確かに「ザ・ミッション?」はトウ監督の世界観が見えますね?。ホント名作ですよ。

あっ!そうそうルイヂさんは東京ですか?
来月キネカ大森で「旺角黒夜公開記念」と称して、
「ザ・ミッション?」が上映されるそうですよ。

ちなみに「ザ・ミッション?」に出ている林雪(ラム・シュー)は下積みの時代からトウ監督に世話になったらしく、他の大物監督からオファーが来てもトウ監督の仕事が入ったら最優先するらしいと何かの記事で呉鎮宇が言っていました。
TB多謝! 
ひゃあ、かわいい絵文字ですね。「goo」のブログって、この絵文字、標準装備なんですか?
ご挨拶を忘れてました。TBありがとうございます。
自分のブログのTBの仕方が今一つわかっていないフトドキ者です。
トウ監督って、とりあえず大物使って作品をヒットさせて貯金してから、自分の好きな物と作ってるって感じがします。この映画は、明らかに自分の流派・仁義を通してますよね。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。