スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と死の間で/再説一次我愛[イ尓]



STORY
交通事故で妻チーチン(シャーリーン・チョイ)を失った医師のコウ(アンディ・ラウ)は、仕事に追われて彼女に何もしてやれなかったことを悔やんでいる。その後、医師を辞めて救護員となったコウは、妻の死から6年後のある日、余命わずかの患者サム(チャーリー・ヤン)と出会う。彼女は自分が長く生きられないと悟り、夫のデレクと離婚していた。そのデレクが自分と瓜二つだと知ったコウは、あるアイデアを思いつく。
 
REVIEW
阿Saが急に大人びていてビックラこきますた。っていうか、こんな押さえた演技も出来るのね。と妙に感心しますた。

あと、アンディがここ何年かで風格が出てきたなぁと感じますた。
 
内容は韓国映画のような感じでしたね。ちょっとお涙頂戴な作り。わしにはちょっと苦手なジャンルですた。

コウ(アンディ)がサムの家に侵入して、そこでチーチン(シャーリーン・チョイ)との想い出を回想するシーンがちょっと間延びして眠くなりかけますた。しかも勝手に人の家で日記まで読むコウがちょいとコワかった・・・
あと、コウとデレクが同じ顔ってのに現実的にちょっとムリがあるような気がする。

でも、コウ演じるアンディの妻に対する想いが、深いけど控えめで押さえた演技だったので、悪くなかったです。
コウが残り少ないサムとの毎日をイベントや行事のように過ごす日々はよかったなぁ。サムに生きる希望を与える事でコウ自身もチーチンと共に生きている実感が保てたんじゃないかなと思う。
大きな喜びよりも大切な人といかに毎日を大事に過ごす所を描いている所が、この映画の最大の良さでした。

それと、チーチンの両親演じたホイ・シウホンとジジ・ウォンがよかった。
特に墓参りのシーン。
きっと父親も日々を普通に過ごして見えても娘を失った悲しみから6年間目を反らして生きてきたんだろうなぁっていうのがこのシーンひとつでわかる。チーチンの父もようやく本当に娘の死を受け入れ、娘の墓で語りかけるシーンがかなり泣けた。切なくも素敵な演出ですた。

この映画は全体的に王道でベタなストーリー。出てくる人物は、押さえ気味な演技だし、物語自体に大きな展開があるわけでもない。だけど皆、誰かを想い生きている所が凄くよかったし、だからこそ失った人への深い痛みが伝わるようですた。

ラストでコウの元へ手帳が届く。それはサムの最後の言葉だった。
「今度は私がチーチンになる」と語られるその内容はサムの言葉でもありチーチンの想いでもある。そこに残された人への深い愛があった。そしてこの手帳でコウは救われたんだと思う。

生きている者の愛と消えゆく人間の愛、そのどちらも純粋に人を想う心が描かれていて、切なくも凄く優しい映画ですた。
苦手なジャンルと言いながらも最後はオイオイ泣きますた。


2005年/香港
監督:余国偉
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)/蔡卓妍(シャーリーン・チョイ)/楊采[女尼] (チャーリー・ヤン)/黄秋生(アンソニー・ウォン)/許紹雄(ホイ・シウホン)/黄淑儀(ジジ・ウォン)

Comments

ronさん> 
2人のアンディに設定上、無理があったんですが、でもその2人に愛されるなんて羨ましすぎです。
それにしてもアンディって本当に若いですよね。周りの40代と比べたら凄い差だわ。
やっぱりスターはオーラがあるんでょうね?。

阿saが妻役なんて、若すぎない?って思いましたが、結構落ち着いた演技で好印象でした。確かに物わかりのいい妻ですよね。私には無理だわ・・・・

でも、泣きを狙った映画って頭で解っているのに泣けたってことは、良い映画なんでしょうね?。
2人のアンディに 
愛されるユンサムが羨ましいです…。シャーリーンも都市の差どうなの?って思うけど、無邪気なところはあるけれど、ダンナのことをよく理解してるし、自分を抑えてるところは大人だと思います。私だったら、きっと100何回も待ってられませんもん。なんだかんだいっても、1番凄いのは、アンディの若さ!には驚きです。
ゆうこさんへ 
返事が遅くなってすみません。
やっぱ、手帳のシーンいいですよね?。あのシーンはかなりグっときました。

でも確かに二役の違いがハッキリしないというか、他人なのにあまりにも似てますよね・・・デレクの存在がちょっと曖昧な気がしました。

個人的にはホイ・シウホンの墓参りのシーンがいいですね?。
やっぱり 
最後のオレンジ食べながら、あの手帳を読むシーンは、ぐっと来ます。
だけど、なぜか大泣きまでいかないのは、アンディのよさそうなところがオンパレードで(マジックのあたりや・・・)なんか、いろんな雑念がはいってしまいました。
展開も、二役ぶりがもっと違いがあるとよかったのになぁと思いました。
SOFFYさんへ> 
勝手に日記を読む華仔はさすがに怖かったです。

でも、あんなに亡き妻を想う心が切なかったですね?。
手帳のシーンはホント泣きました。
あの手紙の内容がいいですよね。
これでようやくコウは前に進めるんじゃないかなと・・・

機会があれば是非日本語版で鑑賞してください。
でも、あんな男前が二人もいるわけないやろーっとちょっとツッコミもあったりして(笑)
手帳 
のシーンで大泣きします。
何回観てもこのシーンで泣きますわ?。

日本語字幕付き未鑑賞です??。
なもんで、深い部分の「愛する気持ち」が理解出来ていないので
是非日本版も観て、そして大泣きしたい作品です。

でも言われてみれば勝手に日記読む華仔は確かに怖い(笑)

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。