スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京攻略/東京攻略 TOKYO RAIDERS 

東京攻略

STORY
NYで結婚式挙げようとメイシー(ケリー・チャン)は婚約者高橋(中村トオル)を待っていた。だが、高橋は失踪し、彼を探すため新居のある香港へ。彼女を待っていたのは内装デザイナーのユン(イーキン・チェン)だった。
ユンは新居の支払いが遅れている事を告げメイシーに請求。メイシーとユンはとりあえず高橋の会社がある東京へ向かう。だがそこはもぬけの殻になっていた。そこに高橋を追うヤクザが現れ突然襲われそうになるがユンがメイシーを庇いながら逃げる。逃げる途中で日本人女性(遠藤久美子)にで助けられたユンとメイシーは彼女の案内でリン(トニー・レオン)と名乗る男に出会う
 
REVIEW

見終わった後に「東京攻略って何のこっちゃ?」と思った。東京でロケしているからか?
まっ東京の悪い人たちやっつけちゃったから東京攻略しちゃったかもね(笑)

開始早々トニーさんの「ヤダ」っていうセリフに思わず噴いた。えぇもう飲んでたコーヒー思いっきし。
トニーの役は中国人と日本人のハーフで日本生活が長いって設定だけど無理がありすぎ。その日本語はアリかい!と突っ込みたくなります。


でもまー開始早々トニーさんやイーキンのアクションは見所たっぷり。でも、なんか軽っぽいノリ・・・
でもそのアクションが意外にも面白くってテンポもいい展開で気軽に楽しめる。


この映画、中村トオルがキーパーソンなのだがあまり目立ちません。
阿部寛の方がインパクト強いです。変態な組長って感じです。他にも日本人役者は遠藤久美子、小沢真珠、柴崎コウなど出ていますが、柴崎コウなどはいったい何処にでてたの?という感じでおまけみたいなものです。


途中から張柏芝(セシリア・チャン)がちょい役で出ていますが彼女のほうがインパクトあってオイシイ役どころ。ってなわけで日本人役者は完全に香港スターに食われてしまっている作品です。つーか日本サイドの女優陣もうちょっと何とかならなかったのかいな?


でもアクションシーンが結構面白くて楽しめる作品。その時に使われるラテンな曲が何かミスマッチでノリノリな一本
でも、一番の見所はやっぱりトニーの変な日本語だったりして・・・



製作-2001/香港
監督:馬楚成(ジングル・マ)
出演:梁朝偉(トニー・レオン)/鄭伊健(イーキン・チェン)/陳慧琳(ケリー・チャン)/中村トオル/阿部寛/張柏芝(セシリア・チャン)
テーマ : 香港電影    ジャンル : 映画

Comments


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。