スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄 HERO/英雄



STORY
後に始皇帝と呼ばれることになる秦王(チェン・ダオミン)のもとに現れた1人の男。無名(ジェット・リー)と名乗る男は、中国全土でも最強の暗殺者、長空(ドニー・イェン)、残剣(トニー・レオン)、飛雪(マギー・チャン)を討ち果たしたと語る。秦王は、この知らせを聞いて無名に謁見を許す。暗殺者たちとの激闘を語るうち、一歩ずつ王に近づいてゆく無名。彼の胸中には、恐るべき思惑が秘められていた……。
 
REVIEW
この映画、今回で観たのが2回目、ようやくレビューを書くことができますた。

やっぱり、チン・シウトンのアクションとクリストファー・ドイルのカメラワーク、衣装で華を作るワダ・エミ、そして映像美に定評があるチャン・イーモウとこれだけのメンツが揃えば、この作品の世界観に圧倒されるわな。
そしてこの豪華な役者たち、それだけで観る価値があるでしょう。

冒頭の碁会所での無名(リンチェイ)VS長空(ドニー・イェン)のアクション。10年ぶりの共演って事がわし個人として嬉しいし、さすがアクションスターだけあってキレのある動きは興奮もの。でも、もうちょっとドニーの出番があってもいいのでは?とも思いますた。

しかしストーリーが色で表されている所なんて、鮮やかでだけど上品で、赤の虚構、藍の回想、緑に過去、白の真実、そして無名と皇帝を表す黒と表現していて、それは全てが切ない内容だった。何か凄くわし好みで物語に入り込めますた。

そして“赤のストーリー”での飛雪(マギー)と如月(チャン・ツィー)の対決もちょっとスローモーション多すぎな感じはしましたが、枯れ葉が金色から赤に変わる美しい映像に感動し、緑の場面での皇帝(チェン・ダオミン)VS残剣の時の流れるような布の動きもかなり素晴らしかった。そして“藍のストーリー”の無名と残剣(トニー)の水面での手合わせは美しい背景といい水の動く表現といい、とにかく印象が残るシーンだった。そのロケ地である九寨溝では水面の波が立たない時間が午前中の2時間しかなく、何日もあの手合わせのシーンに時間を費やしたとか。その甲斐あって凄く美しい情景とアクションが融合していますた。もうその映像の美しさ言葉にならないほど。


また、マギーに信じて欲しいため身を投げ出すトニーの姿が切なかったし、そのトニーが演じた残剣の心を知った皇帝や、「剣」という書にしたためられた真理を見いだした皇帝の姿を見て、暗殺を止める無名の想いに「義」の心を感じますた。

前回観たときはその映像の美しさや華麗なアクションに目を奪われたが、結局のところ、「じゃあ無名の存在は何だったんだ?」と思った。だけど、無名という存在は確実に皇帝の心に平和を導き出したし、今回観たときはこの映画のメッセージ性というか、本質を感じる事が出来たような気がします。

一回目に感じた事は、「英雄とは誰なのか?」それとも、残剣、長空、飛雪、如月、皇帝そして無名その全ての人物が「英雄」なのか?と問答し続けました。そして今回、鑑賞して思ったのは「英雄とは誰か?」と言うことより「英雄とは何か?」という考えに行きついてしまいますた。

従来の勧善懲悪な英雄像を描いている映画では決してなく、観る側にとって「英雄」というものの存在意義を感じる事ができる作品だとも思う。
メイキングのインタビューでジェット・リーは「英雄はいらない」と答えている。それは、英雄のいる時代には争いが絶えないからだと述べていた。その考え方は真理だなぁと思う。
この映画も無名という刺客と皇帝の駆け引き、その流れにあるストーリーに心を奪われがちだけど、その本質は平和を問う心や大義を描いている。わしはそこにこの映画の「英雄」という姿が描かれていたように思う。

これだけ豪華な役者を観れたのも嬉しいし、一度観たときよりも二度観て感動できるなんて嬉しいなぁと感じますた。あと、チェン・ダオミンが異常なほど格好良くみえてクラッときますた。そして、メイキングを観るともっと感動すると思います。

2002年/香港・中国
監督:張芸謀(チャン・イーモウ)
出演:李連杰(ジェット・リー)/梁朝偉(トニー・レオン)/張曼玉(マギー・チャン)/章子怡(チャン・ツィイー)/甄子丹(ドニー・イェン)/陳道明(チェン・ダオミン)

Comments

観草電影門さん> 
意見が被ってしまったという事はきっとそれだけ印象が強かったんでしょうね?。気になさらずに(笑)

ほんと、凄い作品でしたよね。無駄が無く美しく、説得力のある映画でした。
これは、香港・中国映画に興味のない友人も感動してましたね?。

ジェット・リーは作品によって、好みが分かれると思いますが、結構いい作品もありますよ。まぁツッコミ所満載ですが、是非トライしてみてください。
カブってる・・・ 
ちわ!

ジェット・リーが苦手で逃げて来ましたが遂に観てしまいました。そして深く反省。早く観るべきでした。
そしてayuさんのレビューの出だしと同じレビューを書いてしまった!
これだけの超豪華スタッフ・キャストが無駄にならず素晴らしい仕上がりになった事に感謝です。

確かにドニー・イェンはも少し描き込んで欲しかったですね。
マギー姉さんと並ぶとチャン・ツィイー嬢は明らかに貫禄が足りないのが微笑ましかったです。(マギー姉さんは昔から貫禄アリ過ぎですが)
筝臥さん> 
はじめまして、遊びに来て頂いて嬉しいです♪
筝臥さんはりんちぇい大好きなんですね?。私も大好きです。『HERO』良かったです。一度観て、二度観て、「う?ん深いなぁ」と感じました。

そうそう、あのメイキングでのりんちぇいのインタビューの言葉がいいですよね!なんか、はっとさせられました。良いこといいますよね?。

映画自体も感動できたし、映像もいいし、ドニーVSリンチェイが観れたのが凄く嬉しかったです。
そしてチェン・ダオミン!格好良すぎです。リンチェイもよかったんですけど、今回は特にチェン・ダオミンが素敵に見えました。

また、いつでも遊びにいらしてくださいね?。
筝臥のブログにもちょっとお邪魔させていただきます。
これからも、よろしくお願いします。
はじめまして☆ 
こんにちは、Ayuさん。
zoecchiさんの処から飛んで来ました(^^)☆ 筝臥も愛してやまない、りんちぇと、『HERO』のレビューだったので、コメントさせて頂きました(^^)☆ 『HERO』は本当に素晴らしい作品だと思います。筝臥もDVD持っているんですが、 (宝物です☆) りんちぇのインタビューの、『本当はヒーローなんていない方がいい。だってその方が平和だってことだから』、には、りんちぇの人柄が表れていて大好きな言葉です(^^)☆ Ayuさんのおっしゃてる通り、筝臥も、チェン・ダオミンさんの渋いかっこよさに、くらっときました。笑。(^^)☆ トニーも素敵でしたし、『ワン・チャイ』以来、再びの、ドニー・イェンとの共演も、アクションファンな筝臥にとっては、いくらガチンコ勝負じゃなくても、充分堪能できました(^^)☆ 何回もこの電影を見て、『ヒーローとは誰か?』という問いかけに対して、筝臥は、無名、残剣、長空、秦王、全員が、『HERO』なんじゃないかと思いました。無名に協力した、長空。真実を伝えた、残剣。最高境地を悟った、秦王。そして、その身を犠牲にした、無名。誰しもが、それぞれに、『英雄』だと思います(^^)☆
・・・・・すみません。長々と。汗汗。
最後に、筝臥も、ヘボいBLOGではありますが、細々とやっておりますので、よろしければ、遊びにいらして下さいませ(^^)☆
rongziさんへ> 
とくにrongziさんはリンチェイ!!って言いたかったんじゃないでしょうか?確かに淡々としたリンチェイもよかったんですけどね?。
出演している役者はみんな好きでしたが、この映画は特にチェン・ダオミンのキャラがかなり好きでした?。

やっぱり、この映画は一度だけじゃなく、二度は観た方がいいなぁと思いました。最初観たときより、私は2度目の方が断然イイ!と感じましたよ?。
ゆうこさんへ> 
私も、最初はただ、ただ、綺麗だなー!とかアクションが面白いなぁとかそんな感じで観ていました。
なので、一回目に鑑賞したときは、ストーリー自体に入り込んだわけでは無かったんです。

それで今回、久々に鑑賞したらストーリーというか、作品自体のメッセージ性みたいなものを感じました。
時間が経ってこういう目線で映画が楽しめたのが何よりの収穫でした

機会があれば、ぜひもう一度ご鑑賞ください♪
1番 
カッコイイのは、りんちぇい!と言いたい所ですが、やっぱチェン・ダオミンさんの秦王さんですね?。刺客だと分っていながらも、物落ちしない態度で、言葉巧みに無名をじわじわ追い詰めちゃいうとこが良かったです。

Ayuさんのレビュー読んで、また見返さなければ!と思いましたぁ!
わたしは 
まだ一度しか観ていないので、やっぱりあの色彩の美しさとか、トニーかっこいい♪とか、物語の深いところまで理解できてないかもしれません。
ちょっと冷静な気分の時に、もう一度みてみたいと思いました。
ありがとうございます♪

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。