スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する惑星/重慶森林 CHUNGKING EXPRESS



STORY
恋人に振られて落ち込んでいた刑事233号(金城武)は雑踏で仕事を失敗して憔悴した麻薬の運び屋(ブリジット・リン)と擦れ違う。どん底の2人はバーの片隅で再度出会い、ホテルで一夜を過ごす。一方その刑事233号の行きつけの屋台の売り子フェイ(フェイ・ウォン)は別の常連刑事633号(トニー・レオン)に片想い…。
 
REVIEW
考えてみると、王家衛監督って人はこの作品で香港映画の今までの雰囲気を一気に変えたよね。香港映画はジャッキーやユンファだけじゃない、スタイリッシュな作品があるって事を教えてくれた。
でもわし、王家衛監督の作品は相性がいいのと悪いのと半々なんです。この作品も実は昔観たときは妙なオサレ感がわしと相性が合わず・・・
でっ、ずーーーっと観てなかったんですが、何故か急に観たくなって久々に鑑賞しますた。

昔見たときはそれほどいいと思えなかったこの作品。たぶん、ストーリーを追うように観ていたからかな?
今回、雰囲気を味わう感覚で観ると凄くいいなぁと思えますた。あと不思議なもんで10年以上経って、なんか懐かしい雰囲気で観れたのがよかったのかも。

この作品は刑事633(トニー)とフェイ(フェイ・ウォン)、刑事223(金城武)と運び屋(ブリジット・リン)。その二組の物語が小食店〈ミッドナイト・エクスプレス〉でほんの少しだけすれ違って進行していく物語。

刑事633とフェイの物語は今見てもフェイが凄くキュートだなぁと思ってしまう。ストーカーっていうかそれって犯罪ですよ!っていいたく気持ちは相変わらずだけど・・・。
そして、フェイが「私服も素敵よ」とトニーに言ったセリフが何気ないけどよかった。チャウ・カーリン演じたスッチーの元彼女とトニーはお互い、警官とスッチーという姿というか、そんな類のフィルターを通してしか愛し合えなかったんだと思う。だからコンビニで再開したとき、お互い私服に違和感を感じてしまったんだよねぇきっと。
だからこそフェイのあのセリフが好きだったなぁ。
そして、最後のあの切符のシーン。ラストは妙に清清しくて気持ちがよかった。
また劇中で使われるママス&パパスの「California Dreamin'」とフェイ・ウォンが歌う「夢中人」(元はクランベリーズの曲)が耳に心地よく残りますた。


あと、一つ目の金城武とブリジット・リンの物語。以前はこのストーリーが訳わからなくてダメだったんですけど、トニーとフェイ・ウォンの物語以上に好きになってますた。
ブリジット・リン扮する運び屋が終始サングラスをかけ、金髪のカツラを被っているんだけど、そのサングラスの向こうに漂う悲壮感とか凄く今になってみると解るんだよねぇ・・・
大女優なのに、顔を見せずに雰囲気で感情を魅せたブリジット・リンはやっぱいい女優だったんだなぁと感じた。
また、ホテルで一夜を過ごすした後のポケベルのバースデーメッセージがかなりいい。あの靴を脱がせてあげただけの一夜が運び屋の女を再生させ、そしてバースデーメッセージが刑事223号を再生させてくれたんだなぁって思う。
あの後、運び屋が愛人に決別してカツラを脱ぎ捨てるシーンはグッとくる格好よさがあった。


なんで、昔はこの映画が苦手だったんだろう?すごく謎だわ・・・
で、今になって白ランニング&白ブリーフ姿のトニーにセクシーさを感じてしまいますた。やっぱ、白ランニング&白ブリーフが世界一似合う男だわトニー・・・


全体を通して、やっぱ音楽の使い方がよくて体をゆだねられるような世界観が漂っていますた。それと、臨場感あふれるカメラワーク。そして、魅力ある役者たち。この手の作品は雰囲気を味わってこその映画なんだなぁ・・・とつくづく感じますた。

きっと、昔、苦手だと思った映画が好きになるってそんなに無いことだと思う。
例えば10年後にまたこの映画を観たとき、もっと好きになっているんじゃないかな?と感じる映画ですた。


1994年/香港
監督:王家衛(ウォン・カーウァイ)
出演:金城武 /梁朝偉(トニー・レオン)/王菲(フェイ・ウォン)/周嘉玲(チャウ・カーリン)/林青霞(ブリジット・リン)

Comments

zoecchiさん> 
お引越しお疲れ様です。落ち着きましたか??

私もこの作品、当時は苦手な印象でしたが、今改めて観ると、凄くいい映画だってのが解りました。
ストーリーを追うようにみるようなもんではなくて、心っていうか感性で観る映画なんだなぁって思いました。

私も昔は金城くんとブリジットのエピソードがワケわからかったんですが、今観るとこのエピソードもいいですね?。
トニやんとフェイのラストは言うまでもなく、最高です!
わかります? 
この『恋する惑星』はトニーさんの作品の中でもかなり上位に入るので思わずコメントしてしまいました?。
実は私も初めて観たときはまだトニーさんもフェイ・ウォンも知らず当時、話題になっていたのにこの映画の世界にまったく入っていけませんでした。
確か金城君とブリジット・リンのエピソードの途中で観るのをやめたような…。
でもあらためて観たらすっごくいい映画だってわかりました。逆に今はこの世界がすごく好きです?。
Ayuさんのレビューを読んでもう一度観たくなってきましたぁ。
fizz♪さん> 
お久しぶりです☆
やっぱり、この映画って影響力が強いんですねぇ。
確かに今までの香港映画の雰囲気を良いイミで壊した作品ですよね。
当時はそのお洒落な雰囲気に違和感を感じて苦手でしたけど、改めて見直すと凄く好きになってました。自分でもビックリです。でも時間の経過がそうさせたかも・・・

でも同監督の作品で苦手なものもありますが・・・

私も香港映画だけじゃなく他のジャンルの映画も結構観ているんですが、fizz♪さんのレビューを読むと観たい!と思える映画がたくさん紹介されていて参考になります。
またfizz♪さんのブログへお邪魔させてくださいね?。
これで墜ちました♪ 
Ayuさん、こんにちは♪
お久でございます。
先日は拙宅へコメントをありがとうございました!
とっても嬉しかったです♪
年度替わりの時期にどっと仕事が増えて、blogをしばらく休んだりしてましたが、やっと最近コンスタントに映画が観られるようになって来たので、皆さんのところもあちこちお邪魔できるようになりました。
またどうぞよろしくです♪

私の場合は、この作品がきっかけで香港映画好きになったと記憶してます。
それからです、香港の愉快なコメディーまで楽しめるようになったのは。
もしかしたら、Ayuさんと逆パターンですか?(笑)
でも同じく、王監督ものでも苦手な作品も結構あったりしますよ(涙)
あ、ブックマークに入れて下さってたんですね?
光栄です?
うちもブックマーク作りたいと思ってるので、その時はAyuさんところも入れさせてくださいね♪
では、またお邪魔しますね。
natsuさん> 
この映画は、90年代の香港映画のテイストを一気にオシャレにしましたよね?。
昔は、そのオシャレな雰囲気が好きになれなかったんですけど、今観ると、その世界観が懐かしくもあるし、心境の変化も手伝ってか、いい映画だなぁと思いましたよ?。

映画の背景や雰囲気もいいですけど、俳優に魅力があるのがこの映画の魅力かも知れないですね?。
そうそう、フェイが歌う「夢中人」が特にいいんですよね?。

「プロジェクトBB」は観てきました?。あの赤ん坊がとにかく可愛い過ぎでした!
あと、いろんな俳優が出ていて楽しかったです。

「女帝」の公開は結構嬉しいです☆。
「傷城」は沖縄に来て欲しいですね?。期待はできそうですよね!
大好きな映画です♪ 
やっぱり自分にとって香港映画!といえばこの映画です。かなり王道ですがこの映画を見て香港映画が好きになったので。それまで邦画ばかりで字幕大嫌いだったのに、あっという間に趣味が変わりました。
本当にこの映画がなければアジア映画が好きな今の自分はない!と思ってるので特別な映画です♪特にフェイ・ウォンとトニー・レオンの話が好きで何度も見ました。台詞・音楽・香港の雰囲気・魅力的な俳優さん…どれをとっても大好きで最後のシーンはいつもトキメキます☆そして流れるフェイ・ウォンの「夢中人」がいいですよね。自分もまた見たくなりました。

「プロジェクトBB」「女帝」が沖縄でも公開されますね!この調子で「傷城」も公開してほしいです。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。