スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少林寺/少林寺



STORY
随の末期。父親を悪辣なワン将軍一味に殺された少年・小虎/ショウホウは、なんとか逃げのびて少林寺の修行僧達に助けられる。やがて、自らも修行僧たちと共に拳法を学び始める小虎。しかし、将軍の魔の手がその少林寺にも伸びてきて…。
 
REVIEW
この頃、懐かしい作品ばかり鑑賞してます。
で、今回は久々にジェット・リーことリー・リンチェイの「少林寺」を観ますた。
「少林寺」当時のリンチェイは特にリー・リンチェイって名前が似合いますわ。
もちろんリンチェイのデビュー作なので、かなり若い!そしてかなり可愛いです。中国武術大会の優勝者ってだけじゃなく、あの可愛さが主役になった理由だとも思う。

展開自体は勧善懲悪のシンプルな内容。だけど中身は充実していて、いつ観てもまったく飽きない。この映画は細かいツッコミ所は置いといて、一にも二にも凄いアクションが堪能できるところがいいです。もちろんアクションも素晴らしいけど、カメラの撮り方も上手いなぁと感じる。

それと、やっぱり本物の少林寺で撮影したのが凄い。また、仲間の僧を演じた人たちも武術大会の優勝者ってなもんだから、この映画が当時いかに力が入っていたかが解る。

そして、リンチェイの細やかなカンフーアクションは凄すぎ。この頃もうすでに芸術品です。
また、仲間の僧を演じた方々もさすが武術大会チャンピオンだけあって、アクションシーンは格好よかったなぁ。
特にクライマックスのバトルシーンは興奮もの。他のカンフー映画で観られるような大雑把で派手な動きはないんだけど、流れるような動きとか細やかな手足の動きとか、やっぱり極めた世界の人だけが持つ、しなやかさがあって凄いなぁって感動しますた。

季節の移り変わりを背景に修行に励むシーンも好きだったけど、やっぱりあの「ハッ!ハッ!ハッ!ハッハ!!」と地面がへこむくらい修行するシーン。あれ大好きです。小学生の頃、よく真似したなぁ・・・何か懐かしい気持ちになります。

そして、ショウホウとパイのほのかな恋もよかった。純情な雰囲気がやっぱリンチェイっぽくて可愛いなぁって微笑ましく感じてしまう。最後はちょっと切ないところがいいんだよね。
でも、一番いいなぁって思ったのは少林寺の師匠と仲間たち。
本当に、仲間っていいなぁと感じられるような関係がよかった。そして師匠を演じたユエ・ハイが特にいい。何か飄々として懐の大きな師匠なんだよね?。その師匠が個人的には一番格好いいキャラクターだなぁと思いますた。

もう25年も前の作品なのにやっぱり、今でも興奮できて楽しい映画だなぁと思います。そして、初々しいリンチェイを楽しむならやっぱコレです。
「しょ?りん♪しょ?りん♪」の主題歌と「ハッ!ハッ!ハッ!ハッハ!!」が耳から離れまへん。



1982年/中国・香港
監督:張鑾炎(チャン・シン・イェン)
出演:李連杰(リー・リンチェイ)/于海(ユエ・ハイ)/于承恵(ユエ・チェンウェイ)/胡堅強(フー・フェンチャン)/于嵐(ティン・ナン)

Comments

ゆうこさん> 
リンチェイ可愛かったですよね?。勝手な憶測ですが、あの可愛さも手伝って主役に抜擢されたと思います。

>純粋培養された人に思えます。
純粋培養!あっその言葉ぴったりかも。

リンチェイも凄かったですけど、他の弟子役の人の動きに感動しました。

そういえば、この映画の前は文革の影響もあって、少林寺には3人しか人がいなかったらしいですよ。でもこの映画の影響で少林寺に志願者が殺到したとか。
そういうイミでも素晴らしい映画ですよね。
好きです? 
私は、見る前、勝手にものすごい怖い修行とかみせられるのかと思って、びくびくしていたんですが、おもしろくってびっくりした作品でした。
リンチェイのかわいいこと!!
純粋培養された人に思えます。
みなさんの動き、すばらしかったですねぇ。
それだけでも、満足しました。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。