スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッキー・ファミリー/97’家有[喜喜]事



STORY
父(ロイ・チャオ)は優雅な隠居生活を送っていた。長男ムン(レイモンド・ウォン)は仕事一筋で、 よく気がつく専業主婦の妻を心から愛している。二男フェイ(フランシス・ン)は勉強一筋で、 女が苦手だった。三男コウ(チャウ・シンチー)は父や兄に金を無心しては女のケツを追いかけ回す自称プレイボーイだった。そんなある日、 三男は宝くじが当選したことを知るが、 大金を独り占めしようと家族に教えない。だが、 その当選くじは、 兄弟が仕組んだニセの宝くじだった…。
 
REVIEW
この「ラッキー・ファミリー」と92年製作の「ハッピー・ブラザー」はシリーズのような続編のような感覚があるので、どうしても比べてしまう。
やっぱり前作「ハッピー・ブラザー」が展開も面白く、レスリーの強烈なオカマキャラとサンドラ姐さんやマギー・チャンのキャラクターも強烈な印象があったので、正直この97年版を初めて観たとき、前作に比べインパクトが薄い印象ですた。それでも十分楽しめる作品。

で、やっぱり一番印象的なのはシンチー!っと言いたいところですが、彼ではなく、スーン役を演じたクリスティ・チュンでしょう。わしが抱いていたセクシークリスティがガラガラーと音を立てて崩れた(笑)
いくら演技とはいえ、ヨダレを垂らしながら登場したときにはビックラこきますた。もうね、頭のおかしなフリをしているシンチーすら霞んでしまうくらい、渾身の演技。
んでもって、しっかりアクションをこなしちゃうんだよなぁ。ここまで来ると尊敬します。

あと、父役のロイ・チャオがいいんだよねぇ。結構、ジーンとさせてくれる所もあって、さすが味わいがある役者だなぁって感じた。もう、帰らぬ人になってしまって本当に残念に思う。

物語としてはシンチーのドタバタな展開もよかったけど、ン・シンリンが鎮宇の恋人のフリをするあたりからの展開がお気に入り。やっぱ、鎮宇もシンリンも上手し、雰囲気がいい。今回のキャラの中では2人とも他のキャラに比べると地味だけど、この二人の恋の行方が個人的に好きですた。

シンチーに関して言えば、やっぱり前作の方が好きかなぁ。アクションもブルース・リーの真似をするシーンもあって印象的な所もあるけれど、ちょっと宙ぶらりんな印象は否めない。前作のキャラが強すぎて、今回はちょっとパワーダウンしている気がする。
それでも、シンチー自身は十分楽しめるのでわし個人としてはまったくOkですけど。

そしてレスリーに関して言えばカメオ出演です。ファンの方はさぞかしガッカリしたんじゃないかと・・・ホント、ラストに出るくらいなんだもん。わしですら、ちとショックですた。でも、ほんのちょっとの出演だけど場が華やぐなぁって思いますた。やっぱり凄いなぁレスリーって。

この作品はジーンとする場面もあったし、わしのお気に入りの俳優・女優が出ているし、やっぱり旧正月映画なので明るく楽しい気分になる作品ですた。
確かに92年の「ハッピー・ブラザー」に比べると物語のインパクトは薄い気がします。でも、今になって考えると92年版の「ハッピー・ブラザー」は作品として出来すぎていたんだと思う。久々に観てみるとこの「ラッキー・ファミリー」もこれはこれでよく出来た作品だと思いますた。


1997年/香港
監督:張堅庭(アルフレッド・チョン)
出演:周星馳(チャウ・シンチー)/呉鎮宇(フランシス・ン)/黄百鳴(レイモンド・ウォン)/鍾 麗[糸是](クリスティ・チュン)/呉倩蓮(ン・シンリン)/伍詠薇(クリスティン・ン)/喬宏(ロイ・チャオ)/※カメオ出演 張國榮(レスリー・チャン)

Comments

rongziさん> 
サバンナ?のシーン確かに強烈でしたね?。星爺のそういう笑いがツボにはまってしまいます。

rongziさんはこの鎮宇で完落ちしんたんですね?。私も眼鏡フェチなので、この鎮宇大好きです。
でも、この作品を初めて見たとき、今までの鎮宇のイメージとは違ったので、そのギャップに驚きました。っと、同時に幅の広い俳優さんだなぁって思いました。
やっぱり 
SOFFYさんが言ってた、シンチーがサバンナの格好をして牛を引っ張ってくるシーンに爆笑です。ほんの数秒なのに、何回観ても笑えますもん。シンチーってすごい…。

そうそう、鎮宇に完全に落ちたのはこの作品なんですが、黒縁メガネの鎮宇がほんっとにラブリーです。けど、他の映画とのギャップが偉いありますね。
SOFFYさん> 
鎮宇は地味でしたけど、やっぱり雰囲気作りがよくて上手い人だなぁって思いました。

星爺&クリスティの浜辺のシーン、かなりウケました。クリスティがあそこまでやってくれるとは思いませんでした。
クリスティさん、元々好きな女優だったけど、この作品を観てもっと好きになりました。

浜辺 
星爺とクリスティの浜辺のシーンが物凄く好きです。
綺麗なクリスティがここまでやってくれると気持ち良いです!

鎮宇は大人しい役でしたが、それがまた良かったです♪
で、ラストで完璧に変わってしまってる鎮宇(テープカットの所)にときめいてしまいました(笑)

でもなぜかこの映画のタイトルを聞いてすぐに思い出すのは
星爺がサバンナ?な格好して笑いながら去って行くシーンなのです・・・

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。