スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼き獣たち/五虎将之決裂



STORY
レオン刑事(レオン・カーヤン)率いる香港警察特捜班のメンバー、賊仔明(アンディ・ラウ)、頭皮仔(トニー・レオン)、阿邦(フェリックス・ウォン)、華哥(ミウ・キウワイ)。麻薬取引きの情報を得た彼らが深夜に現場で張り込んでいると、何とそこに現れたのはティン刑事の義弟ケン(ケン・トン)だった。彼らはドンを取り押さえるものの、涙ながらに見逃してくれと懇願する彼を逃がしてしまう。さらに、現場に残された取引金1千万ドルに目がくらんだ賊仔明と頭皮仔は、その金を横領してしまい…。
 
REVIEW
91年製作。1980年代TVBで“五虎将”と呼ばれ活躍した5人を10年ぶりに集結させて作った作品。そのメンバーはアンディ・ラウ、トニー・レオン、フェリックス・ウォン、ミウ・キウワイ、ケン・トンの5人。

まぁアイドル映画的な感覚で認識した方がいいかなぁと思います。
ひとり一人の演技はいいんです。でも、物語の展開自体が無理があるような気がしますた。前半と後半の温度差がありすぎる。前半はアンディとトニーが明るい雰囲気で楽しい映画かな?と思いきや、物語が進むにつれシリアスな展開でしかも救いようがない。ちょっと居心地が悪い感じですた。
最初からシリアスな感じだったら、まだ後半の展開に違和感を感じなかったんだけどなぁ・・・
あと、やっぱり警官が大金に手をつけてしまった所が同情できないっつーか、自業自得じゃん?ってちょっと思ってしまうんだよねぇ・・・

個人的にはアンディ&トニーのお気楽刑事コンビがバーベキューの場面で踊りだしたりする所とか結構好きだったんで、まさかそんな展開になろうとは!ってショックが大きかったなぁ。

そのシリアスな展開に口火を切るのがトニーさんなんですが、トニーさん、この頃「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」が被っていて坊主頭なもんだからカツラでの出演なんです。んで、トニーさんが撃たれてしまってアンディがトニーさんを抱きしめ号泣するシーンでズラがズレてしまうんですよねぇ。
シリアスなシーンなのに笑いが込み上げますた。撮り直しするヒマがなかったんでしょうか??まぁそこが香港映画らしくっていいですけど(笑)

物語はどんどんシリアスな展開になり、それに比例するように敵役のケン・トンの存在に怒りが湧いてきます。だけど、この存在がなければ物語は盛り上がりに欠けたかも知れない。

全体的に出演陣に助けられたような映画でしょうねぇ。ひとり一人の存在感はいいと思います。でも、物語自体に魅力はあまり感じられないなぁってのが正直な意見です。

クライマックスで湯鎭業を追いかけるシーンのバックで流れる音楽がこれまた軽すぎて、変に冷めた目で観てしまいますた。そしてラストのアンディの銃捌き、アレもうちょっと短かったら格好よかった・・・長すぎやねん!ってつっこみましたもん。

でも、若き日のアンディ&トニーの組み合わせが観れたことだし、懐かしい気持ちでみるとそれなりに楽しめますた。ですが、出演陣のファンじゃなければ鑑賞しづらい部類の作品だと思います。


監督: 曾志偉(エリック・ツァン)
出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)/黄日華(フェリックス・ウォン)/梁朝偉(トニー・レオン)/苗僑偉(ミウ・キウワイ)/湯鎭業(ケン・トン)/梁家仁(レオン・カーヤン)

Comments

zoecchiさん> 
ホント、そうですよね?。
ファンじゃなければ結構ツラい作品ですよね?。結構豪華なメンツなのに勿体ない気がします。
トニーさんがあっさりいなくなった時は「えっ?」ってなりましたよ。それまで、結構軽いノリだったのが、急にシリアスな展開でしたからその温度差に戸惑いました。だけど、ズラがずれるんですよね?。ちょっとウケました(笑)

私も五虎将で映画を作る話を聞きましたが、どうなるんでしょうか??
でも、実現したら今ならクオリティの高い作品になるかも知れませんね?。観たいです。
できれば、トニーさんも参加して欲しいです。
SOFFYさん> 
そうです、そうです。話がどんどん暗い方向にいっちゃうんですよね?。前半のアンディ&トニーのキャラが明るい雰囲気だったので、あの展開は悲しすぎました。

そう!あのシーンでズラがずれるんです。シリアスなシーンなのに思わず笑いが(笑)

>ケン・トンさん
SOFFYさんもそう思いました?私も思ったんですが、この映画のケン・トンさんどことなく鎮宇に似てますよね!
でも、このケン・トンさん、かなりムカつくキャラでしたね?。
そのとおり 
Ayuさんの感想が私が思っていたこととまったくと言っていいほど同じだったので安心しました(^^)
ホントにファンじゃなかったら観てないです。
しかもこの作品を初めて観たときはまだトニーさんのファンになりたてのころだったので、トニーさんの出番がなくなったあとは観るのがつらくて…。
レビューするのに再見したときはわりと冷静に観れましたが。
そしてトニーさんのヅラが…私も笑っちゃいけないと思っても笑いがこみ上げてしまうんです。

そういえば話は違いますが、トニーさん抜きでまた五虎将で映画を作るって話しが出てるのをどこかで読みました。それって実現したらどんな作品になるんでしょうねぇ。
記憶が 
これも長い間鑑賞していないので部分的な記憶しかないですが
確かにどんどん笑えなくなって行く展開でしたよね。

え?あのシーンでズラが?気づかなかった(笑)

ケン・トンさん。
この間観た映画ではふとした表情が鎮宇に見えてしまったのでした。
似てませんかね?

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。