スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレクション/黒社會

STORY
香港最大の裏組織で、二年に一度行われる会長選挙。候補者をめぐって内部では意見が割れていた。組織に忠実なまとめ役としてのリーダーが適任なのか、力づくで牽引するパワーリーダーが必要なのか――。対立する候補は、“兄弟”思いで年上を敬うロク(サイモン・ヤム)と、金儲けに長け、荒っぽい手段を使うディー(レオン・カーファイ)。選挙戦の裏側では、さまざまな欲望と思惑が錯綜し、熾烈な戦いを迎えようとしていた……。
 
REVIEW
黒社会という姿そのものを描いている。善とか悪とかそんなもんがハッキリしている内容ではない。そして、この映画の描写のほうがきっと本当のヤクザの世界だろうなと思えてしまう。また、暴力描写も派手ではないぶん、現実味を帯びていっそう痛みを感じる。

全体的に淡々と物語は進んでいく。展開にそんな大きな起伏はない。
なのに、雰囲気が、世界観が、緊張に包まれる。
そして頂点に君臨する男が決まり、一時の緩和、そして呆然となるラスト。
見終わって冷静になると、あのラストにすごくゾクっとしますた。


ジョニー・トー監督と言う人は役者の使い方を引き出してくれる人だなぁ。キャラクターひとり一人が邪魔にならずにちゃんと印象が残る。上手いなぁ。
あと、役者達がプロだなぁと感じる。きちんと自分の役割を把握している印象だった。

登場人物が多すぎな気もしますが、そんなキャラクターが味方になったり敵になったりで一度鑑賞しただけでは把握できない展開。この混乱こそが物語を面白くさせてくれる。

物語の軸になる二人の男、ディー(カーファイ)とロク(サイモン・ヤム)。
ディーは直情型で力で事をねじ伏せていくタイプ。ロクは冷静沈着で“兄弟”思いで年上を敬う。一見この二人は正反対のタイプに見える、が、実は同じタイプの人間だ。感情を表に出すか出さないかだけの違い。二人とも野心家で残酷な面を持っている事に変わりはない。却って感情を表に出さないロクのほうが質が悪い。
ディーに黒社会で生きる怖さを、ロクに人間の怖い本質を見たような気がする。

ディーとロクの下の世代であるジミー(ルイス・クー)の存在がここでは他のキャラクターに比べ頭脳派だが地味な雰囲気。
例えば、ニック・チョン演じるフェイは命令されればレンゲを食べるような度肝を抜くようなキャラだったし、ダイタウ(ラム・シュー)とトンクン(ラム・カートン)が“竜頭棍”を運ぶ時のやりとりとか印象的だったのに対し、ジミーは出番が多い割に演出が控えめで、他のキャラクターと温度差を感じてしまう。静かすぎる。
しかし本作の控えめな演出が功をなすように、続編の 「黒社会 以和為貴」でのジミーの行動、存在感に驚かされる。

日本版DVDの特典でジョニー・トー監督はリアルな黒社会を描いたと言っている。
わしはそれと同時にこの作品で香港の今を描いているんじゃないかと感じる。97年返還以降の香港の姿。伝統を重んじた昔とそれが変わりゆく今、大陸との関係、それがこの映画を通して揶揄されている気がした。


わし自身はジョニー・トー監督が描く世界が好きだし、免疫もあるので十分見応えあったけど、物語として面白いか?と聞かれたら答えが出ない。リアリティを求めた分ドラマティックな展開は望めないから。そこは好みの差だと感じる。
ドラマティックで無い分、現実味をおびてズシリと重い。だけど骨太で見応えがある映画だと思いますた。

本作は過去を描いている、いわば序章みたいなもの。
物語は続編の「黒社会 以和為貴」を見ないと、面白さが半減します。ていうか物語が成立しない。
この「黒社會」だけだと呆然となるラストだし、物語は何も始まって無い。
「黒社會」より続編「黒社會 以和為貴」は、まぁちょっとというか、かなりエグいシーンもありますが、迫力ある展開なので大画面で鑑賞できれば嬉しいです。是非続編の公開を望みます。

今回、日本版DVDを購入しますた。特典映像が充実していて一見の価値ありです。


2005/香港
監督:杜琪峯(ジョニー・トー)
出演:任達華(サイモン・ヤム)/梁家輝(レオン・カーファイ)/古天樂(ルイス・クー)/張家輝(ニック・チョン)/林雪(ラム・シュー)/林家棟(ラム・カートン)/邵美[王其] /王天林(ウォン・ティンラム)/姜大衛(デヴィッド・チャン)

Comments

koikoiさん> 
こんにちは、お久しぶりです?。

実際の黒社会は素人の私には解りませんが、凄くドロドロしたリアルな世界観でしたよね?。
拉致のシーンや殺し合いも恐ろしかったですけど、何か人間の深い欲望の方が怖かったです。


>そして自分はディーかロクならどっちかな?とか思いましたけどね(笑)
私なら、ロクのように計算高く生きたいんですけど、直情バカなのできっと私はディーに近いタイプですわ(笑)
こんにちわぁ 
こんにちわ、実際の黒社会に近いのかなぁ?と思いながら見てました。
骨太って言葉、近いと思います。
黒じゃない社会でも、こういう処世術ってあるのかもって思ったりしましたよ?(笑)
そして自分はディーかロクならどっちかな?とか思いましたけどね(笑)
ゆうこさん> 
ズシリ・・・ときました。

脚本も構成もよかったと思うんですが、キャラクターに魅力があるというか、余計な演出がないのに存在感があって、凄くリアリティを求めたんだなぁって感じました。


腹話術の人形>
そう!まさにそれです!
あの時々見せる含み笑いが逆に怖かったです。
ロク(サイモン・ヤム)のあの腹黒さと言いますか、手際のよさとか、最後の突然のキレかたとか凄く怖かったです。
ああいう世界でのし上がる人間は見た目が温厚そうでもやっぱ、怖いんだなぁって感じました。
かえって大Dが可愛く見えました。
ズシリと 
きますよねぇ。
ど???んって思いました。
ほんとに、キャラクターひとりひとりが濃くって見ごたえありました。俳優さんもきっと演じがいがあるだろうなぁ。
サイモン、怖かったですねぇ。
腹話術の人形みたいに思えちゃうときもあるんですが(おでこのあたりが)、こういう人が上にたっていくんだろうな・・・とひしひし感じました。
micchiiさん> 
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
あと、こちらこそリンクしていただいてありがとうございます!今後とも宜しくお願いします。


ところで、「黒社会」のサイモン兄さんがなんだかんだで一番恐かったですね?。あの衝撃的なラストは精神的にきました。
ときどき薄ら笑いに見えるあの笑顔にうさんくささを感じましたが、やはり、“ただの良い人”では無かったですね?。
そこがやっぱり“黒”の人たちなんだなってリアルさを感じました。
直情型のカーファイのほうがまだ全然良かった(笑)

でも、特典のインタビューよかったですね?。
サイモン兄さんもカーファイさんも役作りに対する姿勢にプロ意識を感じました。
あと、トー先生の役者の魅力を引き出す力は凄いです。

natsuさん> 
こんばんは。
一応、香港版も持っているんですが、今回、日本版DVDを買って正解でした。
何より字幕で見れたのが嬉しかったんですけど、特典も充実していて見応えありました。

「黒社会 以和為貴」は「黒社会」に比べて展開が面白かったです。もちろん「黒社会」あっての構成なので、やっぱり本作は序章みたいなもんでした。
あのラストから2年後の話なんですが、ルイス・クーVSサイモン兄さんの戦いになります。そこに「黒社会」の面々が絡み合って見応えありました。ちょっとエグいシーンもあってキツいですが・・・

絶対、沖縄でも続編の上映をして欲しいですね?。
でも他県よりも遙かに遅れて遅れて上映するんだろうな?・・・
それでも公開して欲しいですけどね。
桜坂劇場ならやってくれそうな気がします。
お久しぶりです 
お久しぶりです、コメントありがとうございました。

>一見この二人は正反対のタイプに見える、が、実は同じタイプの人間だ。感情を表に出すか出さないかだけの違い。二人とも野心家で残酷な面を持っている事に変わりはない。却って感情を表に出さないロクのほうが質が悪い。

ここがポイントですよね。でも、“ただの良い人”では、トップまでには上り詰められないですからね。
ヤムヤムもインタビューで語ってましたが、電話で選ばれたことを告げられた時の笑顔や、子供にまで命令口調になってしまうなど、随所に怖さが出てましたね?。

ブックマークに入れていただいているみたいで、ありがとうございます。
早速こちらからもリンク貼らせていただきました。
今後とも宜しくお願い致します。
ぜひ公開してほしいです! 
Ayuさん、こんにちは。
日本版DVD購入されたんですね。自分も映画館で見た時は話についていくのと映画の雰囲気を味わうのに必死だったのでDVDでじっくり見ようと思っています。新たな発見がありそうです♪

「エレクション」は序章みたいなものなんですか!?この映画だけでもかなり面白かったんですが…ますます「黒社会 以和為貴」が気になります。DVDだけでなく是非劇場公開してほしいですね!またレイトショーは困りますが(笑)思ったよりも人が多くて若い女性の方もいたのでびっくりしました。
SOFFYさん 
このイキオイで是非2も公開&DVD化して欲しいですよね!ジミーの強烈さは2からですから。

日本版DVDよかったです。
特典にジョニー・トー、カーファイ、サイモン兄、ウォン・ティンラムのインタビューがあって、それが結構長くて見応えありました。
あと、字幕で見れるってのが、やっぱり最大の利点です。

この映画は香港版DVD、劇場、今回DVDと見ましたが、見れば見るほど、はまる感じでした。
やっぱり、リアリティを求めたからですかね?物語というより実録ものを見ている錯覚に陥ります。
だから深みが増すんでしょうかね?。

私は個人的に2で終わってもいいような気がします。
3までいっちゃうと、せっかく追求したリアリティな部分が薄れちゃいそうな気がして・・・
それなら、新しいタイプの映画を作ってほしいと感じます。
まだ買っていません・・・ 
あれだけ宣伝したのに、わちしはまだ日本版を買っていません。
買います、必ず(誰への報告?)

これこそが本当の黒社会ですよね。
壮絶と言うか、いつ命が絶たれてもおかしくない毎日。
昨日まで笑って話せた相手が今日は命を狙ってくる。
そう言うのが黒の世界なんでしょうね。

銃を乱射するより、刀で切り合うこの映画に
恐怖感を覚えずにはいれませんでした。

ジョニー監督は何年後かに3を撮ると言う話もしておりますが
とりあえずは日本で2が公開される事をせつに祈ります。
じゃないとジミーが薄いまま・・・・

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。