スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー/倩女幽魂



STORY
古びた寺で旅の一夜を明かそうとした青年・ニン(レスリー・チャン)は、スーシン(ジョイ・ウォン)という美しい娘と出会う。何かと気があるようなそぶりを見せるスーシンに、ニンも心がときめくが、顔見知りのイン道士(ウー・マ)から、彼女には気を付けるようにと忠告される。実はスーシンは、人間の生気を吸い取る妖怪・ロウロウ(ラウ・シウミン)の手下として、男たちを次々と誘惑する幽霊だったのだ…。
 
REVIEW
凄く久々に観ますた。この映画、当時流行りましたねぇ。懐かしい。
ジョイ・ウォンが人気だったのを覚えてます。今観ても、この作品のジョイ・ウォンは綺麗ですた。

中国の奇書『聊斎志異』が原作。その一編を映画化したそう。原作はハッピーエンドみたいですが、やっぱり悲恋もののほうが切なさが増していいですね。

香港映画におけるファンタジーホラーの中では群を抜いて上出来だと思います。
展開もテンポよくて、ホラーだけど、アクションシーンもふんだんに取り入れて目が離せない。ツイ・ハークとチン・シウトンらしい演出はさすが。
ワイヤーアクションに関してはたぶん、この作品くらいからアクションのスピードが速くなったと思う。今見ると当たり前の速さのワイヤーアクションも当時は衝撃的で凄いなぁって思いますた。
そういう要素もさることながら、何より美しい幽霊と貧乏書生の結ばれない恋物語が切ない。もう物語自体が引き込まれるんだよなぁ。

脚本もよかったと思うけど演出も美しくて、何より主役2人が魅力的。
ジョイ・ウォンの妖艶な美しさに凄くドキドキした。彼女が人気出たのが凄く解る。
そして、レスリーもニン・ツァイサンって純朴な青年を上手く演じていて、母性本能をくすぐる弱っちいキャラが功を成してより面白く感じる。
そりゃ、どんな男をもイチコロにできる女もあのニンのようなキャラクターには弱いわな。どこか放っておけない雰囲気なんだもん。

そんな二人のラブシーンが凄く色っぽくて、昔鑑賞したときはわしも一応、純情少女だったので、まともにそのシーンが観れませんですた。っで、今はちゃんと見れるけど、やっぱり今観ても色っぽくてテレますた。
一番印象的なのは、水の中でのキスシーン。あのシーンは久々に見ても良い場面だと思うし、やっぱり忘れられない。

あと、ウー・マが演じたイン導師のキャラがオイシイ役どころ。この人が絡むとちょっとコミカルな部分が生まれて適度に物語に味わいが出るんだよなぁ。しかも一番役に立つ。何より活躍するのはこの人ですた。そんなウー・マが歌う「道」が頭から離れん・・・


確かに特撮部分はショボいし、今観ると結構強引な展開も多々あるのは否めませんが、ワイヤーを酷使したアクションの数々、美しい演出、何よりもラストの別れが切ない。
太陽を隠すニン、朝が来なければと願うスー・シン。
あんな近くある想い人の顔も最後にひと目見る事もできず、二度と会えない二人に胸が苦しくなる。

切ない別れだからこそ、この映画は人気があるのだと思う。
この「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」は続編もあるんですが、やっぱり最初のこの作品が一番好きですねぇ。ニンのその後を描いた「2」もなかなか見応えありますが、やっぱり切ない展開のこの作品が個人的には好きです。久々に鑑賞してやっぱりいい作品だなっと感じますた。


1987年/香港
監督:程小東(チン・シウトン)
製作:徐克(ツイ・ハーク)
出演:張國榮(レスリー・チャン)/王祖賢(ジョイ・ウォン)/午馬(ウー・マ)/林威(ラム・ウェイ)/劉兆銘(ラウ・シウミン)

Comments

ゆうこさん> 
そうそう!ジョイ・ウォン当時、人気がありましたよねぇ?。
私の兄なんて大ファンで一時期部屋がジョイ・ウォンだらけになってましたよ。

この作品で一番好きなキャラはイン導士でした。「道」を歌いながらコミカルに動く所がよかったです。
物語としては切なくて好きでしたねぇ。
ちゃんと 
おっかないところもあって、切ない恋物語もあり、イン道士がかっこよく、歌もインパクトあって、好きな作品です。
この映画、すごくヒットしていたなぁと、思いました。昔、「ロードショー」を買っていたとき、ジョイ・ウォンがめちゃめちゃでていたことを覚えております。
zoecchiさん> 
ホント、この頃のレスリーって可愛いですよね?。
当時30歳くらいじゃないでしょうか?なのにお肌ツルツルで少年のようにも見えます。

ラブシーンは今見ても結構ドキドキでした。っていうかあんな色っぽかったっけ??って思いましたよ。

「ハンニャラミ」の呪文も、「道」の歌もインパクトありましたね?。動きもコミカルでウー・マのイン導師はお気に入りのキャラでした。

実は、トニーの「3」は未見なんですよ。
近々、鑑賞する予定です。楽しみです?。
『道』が耳に残ります?。 
もうこのレスリーは可愛くって可愛くって♪見ていてとっても幸せな気持ちになります?
とにかく若くてあどけない感じが残ってますよね?。これで今の自分とさほど年が変わらないってとこがすごい。
ジョイ・ウォンとのラブシーンは私もドキドキしました?。でも官能的な感じは『白髪魔女伝』のがはるか上をいってますけどね?。どっちにしても直視できないです。
ウー・マの導師は私も好きです?楽しくって見ていて飽きないです。『ハンニャハラミ』という呪文も意味不明で笑える。
とにかく『チャイゴ』シリーズは1?3までそれぞれに楽しめて大好きな作品です♪

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。