スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンド・オブ・カラー?地下鉄の恋?/地下鐵



STORY
★香港。小さなデートクラブを経営するホー(トニー・レオン)は、目の不自由な娘ヨーク(ミリアム・ヨン)と出会い意気投合。だが、新開発の痩身ジュースを飲んだホーが失明してしまう。「音」だけの世界で恋におちた二人だが、クリスマス直前、ホーを思いもよらない出来事が襲う―!

★上海。トン・レン(ドン・ジェ)は憧れの彼に失恋したばかり。間違えて配達されたカードを見てドンに恋した台湾青年・ション・チャン(チャン・チェン)は彼女に会うため上海ヘ行くが、彼女の心は失恋の痛みに凍りついてしまっていた―。(UNIVARSAL PICTURESより)
 
REVIEW
クリスマスシーズン真っ盛りの作品。
きっと、もっと寒い時期に観たら、気持ちがもっと盛り上がってんだろうなぁなんて思う。なかなか素敵な作品ですた。

原作は台湾の絵本作家ジミーの「地下鐵」が元ネタ。この人の作品を一部アニメーション化した「恋の風景」という作品があるんだけど、それも凄く好きな世界観だったんですね。
わし個人としてはラブ・ファンタジーって基本苦手な方なんだけど、きっとこの絵本作家ジミーの描く、ちょっぴり切なくて、だけど暖かで穏やかな雰囲気が好きなんだろうなぁと感じる。

物語は2つの恋の話が交互に進行する。物語が交わることはない。共通するのは地下鉄と天使ってことだけ。

トン・レン(ドン・ジェ)とション・チャン(チャン・チェン)の失恋から物語は静かに始まるんだけど、切なさが伝わってくるような物語。そんな二人が静かに少しずつ惹かれ合っていくような展開が良かった。

でも、どちらかと言われればトニーとミリアム・ヨンの物語が好きですた。
トニーさん演じるホーは変にプライドが高くてちょっと情けない感じの役なんだけど、そんなホーを上手く操縦するヨークとの関係が凄く良かった。ミリアム演じるヨークは目は見えない女性だけど、そんなハンディキャップを感じさせないキャラ。2人のキャラクターが魅力的。

あと、周りのキャラもよかったなぁ。トニーの仲間とか、ちょっと間抜けな仲間だけど何処か憎めなくて愛すべきキャラクターで、そんな仲間とホー(トニー)が絡むとコミカルで面白い。
トニーさんはシリアスな役もいいけど、こういうコミカルなキャラの方が個人的には魅力を感じる。

でも、一番良かったのはヨークの父親を演じたラム・シュー。ちょこちょことしか出てこないし、特別印象に残るセリフを言うわけじゃないけど、仕草とか顔の動きで娘ヨークを想う父親を自然に演じている。決して前に出る演技じゃないのに印象に残るような。あぁこの人いい俳優だなぁって改め感じた。

クリスマスシーズンの映画ってことで、ほのぼのとした作品。
特別、際立った物語ではないですが、ちょっぴり切なくて何かいいなぁっと心が癒されるような物語ですた。



2003年/香港
監督:ジョー・マ
出演:梁朝偉(トニー・レオン)/楊千[女華](ミリアム・ヨン)/張震(チャン・チェン)/董潔(ドン・ジェ)/林雪(ラム・シュ)

Comments

ronさん> 
私もミリアム・ヨンという人をそんなに知らなかったんですが、この作品の彼女は良かったと思います。
キャラクターが皆好きでした。

トニーと過ごす日々は普通の日々だけど、それがとても幸せそうで、なんだか見ているこっちまで気持ちの暖かくなるような、そんな雰囲気が良かったです。

ラム・シューさんもかなりいい父親役で印象的でした。

それと、トニーはやっぱり器用な人だなぁと感じました。目が見えなくなるシーンも見えるようになるシーンも、その表情の変化をかすかに表現できる所はさすが!って思いました。
natsuさん> 
こんにちは。
出ている俳優はもちろんストーリーのキャラクターが良かったですね。
気持ちもほのぼのとして、何か心が温かくなるような作品でしたよね?。
私もこういうテイストの映画好きですね?

実は「ターンレフト・ターンライト」は未見なんですよ?。そういえば、ジミーの絵本を題材にしたのに、それもあるんですよね?。
今度、鑑賞してみようと思います。
暖かい作品ですよね 
ミリアムはあまりよい印象はなかったんですが、これ観て好きになりました。

ただの恋愛映画だと思って借りてきたら、観始めたらヒロインが目が見えないことに気が付いて。でもミリアムのハンディキャップをものともしない明るさや、人よりも幸せを感じられる感覚とか、普通に生活できる自分より遥かに凄いことですよね。自分ももっと幸せを感じなければいけないんですよね。
ほのぼの 
Ayuさん、こんにちは。
この映画自分もみました。これがいい!っというわけではないんですが、ほのぼのとしていてこういう香港映画も好きだなと思いました。トニー・レオンをはじめ好きな俳優さんがたくさん出演しているのも嬉しいです。
ジミーの原作も見ましたよ。ジミーの絵本が原作になっている映画は「ターンレフト・ターンライト」もありますね。これは話が好きだったので原作の絵本も買いました。映画も可愛らしくて面白かったですし、ジョニー・トー監督はいろんな映画が撮れるので凄いなと思いました。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。