スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッド・ホンコン/香港有個荷里活



STORY
低所得者層が集中する香港最後の下町“ダイホム・ビレンジ”。そこは、国の再開発計画に従い近く取り壊しの運命にあった。それでも、町は依然として活気に満ちていた。ここで焼き豚屋“朱豚肉店”を営むチュウ一家は男ばかりの三人家族。貧しいけれどもそれなりに充実した毎日を送っていた。ある日、この店にトントンと名乗る女の子が現われる。店番をしていた末っ子の小学生タイニーは、上海からやって来たというその美しい少女を憧れの目で見るのだった。すぐ隣の“ハリウッド地区”にある高級マンションに住むトントンは、以来たびたび店を訪れるようになり、いつしか、タイニーばかりか兄ミン、そして父のチュウの心をも虜にするようになるのだったが…。
 
REVIEW
確実に好き嫌いが分かれる作品だと思うし、後味も悪い。でも、個人的にはかなりお気に入りの作品。
陳果(フルーツ・チャン)監督作品の香港返還三部作「メイド・イン・ホンコン」「リトル・チュン」「花火降る夏」のような雰囲気とは、またちょっと違う面白さ。

前半までは、心温まるハートウォーミングな展開の物語かなぁと感じる。ところがどっこい、一通の通知が届いてからは呆然となるような、そんな展開に戸惑う。
結構グロテスクなシーンや展開に唖然となりますが、それこそがこの映画の面白さですた。衝撃的って言葉がピッタリです。

いつもは素人を起用する陳果作品ですが、今回は主人公にジョウ・シュンを迎えています。でも、今回の娼婦の役はジョウ・シュンじゃなければ為し得なかったと思う。
とにかく役にはまっているというか、子供のような純粋な表情を見せたかと思えば、冷めた表情を浮かべたりと、まさに小悪魔。やっていることは最悪だけど、悪い女にハマる男の気持ちが解るような気がするくらい魅力がある。
そんな彼女がラスト、何事もなかったかのように普通の格好でハリウッドを歩く姿がまた何とも言えない。

登場人物が際立つというか、“朱豚肉店”を営むチュウ一家もつつましく暮らしていたがジョウ・シュン演じる東東と関わったことで欲や狂気な部分が表れて強烈な印象だった。
特に“朱豚肉店”の女性従業員があんな事になるなんて・・・想像つかんわい。


陳果(フルーツ・チャン)監督が映し出す世界というのは言ってみればカオスだ。混沌として、一見、爽やかな風を感じる下によどんだ空気が漂っている。高層ビルとバラック小屋、天使と悪魔、美しさと汚いもの、潔さと狡さ、相対するものが混然一体となって強烈な匂いを放つ。

この作品もブラック・ユーモア漂う中に、下町や低所得者、それに対峙するように高層ビルを映し出すことで、きっと変わりゆく香港の姿を描いているようにも思える。やるせなさとアンバランスさも感じる。けど香港という街やそこで生きる人々のバイタリティを感じずにはいられない。
独特な世界に引き込まれるパンチの効いた作品ですた。



2001年/香港
監督:陳果(フルーツ・チャン)
出演:周迅(ジョウ・シュン)/黄又南(ウォン・ユーナン)/ホウ・サイマン/レオン・ツィーピン/グレン・チン

Comments

ronさん> 
お久しぶりです!ronさんも返事が遅れてスミマセン。

この映画の展開って読めませんよね?。
中盤までは、勝手に心温まる映画と思ってましたもん。
まさか、あんな展開になろうとは・・・グロすぎです。
でも、どこか可笑しくて、トホホとなる所が妙に面白くて好きです。

確かに、腕に包帯の人を見るとちょっとドキっとしてしまいそうですよね。
やっぱり、強烈な印象を残すんですよね、この映画。
natsuさん> 
返事が遅れてスミマセン(汗)

この映画、いいですよね?。
グロテスクな所は強烈で観ているコッチまで臭いのしそうな印象でしたが、いろいろな対比が入り交じって、自分までそこにいるような、そんな感覚になりました。

フルーツ・チャン監督という人は時代や情景を映すのが凄く上手い人ですよね?。
この映画をみると凄く香港に行きたくなるんですよね。
Unknown 
Ayuさん、少しばかりお久しぶりです?。
2週間ばっかPCをまともにできなかったので、カキコに来れなかったんですが、とりあえず全て読みましたよ?。「ターンレフト?」「ファイティング・ラブ」とか好きですよ。

で、これですが。私も意外な展開になっていったので、驚きでした。女性定員があんなことに!や、手の持ち主とか…。そうそう、昨日腕から包帯を巻いてた人を見かけたんですが、手の方向が逆っぽく一瞬見えたんですよ。もう一回振り返ってみたら正常でしたけど、この映画の影響で包帯巻きの人が気になってしょうがありません(笑)。

ちょっと(結構?)エグイけど、それでも笑って観られるのって凄いですよね?。
香港♪ 
Ayuさん、こんにちは。
この映画自分も好きです。グロテスクな所も高層ビルとバラック小屋の違いもそこに住んでいる人達も香港なんだなぁって思います。上手く説明出来ないんですがフルーツ・チャン監督が撮る映画は映像、服装、家、空気…などなんだか自分が香港にいるみたいに思えるんです。一度も行った事がないので変わっていくリアルな香港は知らないんですが、監督の映画を見るたび香港ってどういう所なんだろう?と思います。早く行ってみたいです。^^

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。