スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノセント・ワールド/天下無賊



STORY
ワン・ポー(アンディ・ラウ)とワン・リー(レネ・リウ)はスリを生業とし各地を転々としている。彼らは互いに愛し合ってはいたが、流浪のスリ生活に疲れたリーは、ポーとの決別を覚悟で足を洗いたいと言い出す。そんな時、列車の中で純朴な農民フーグンに出会ったリーは、彼が出稼ぎで貯めた6万元を懐に故郷に帰ろうとしていることを知り、その金を狙うポーからフーグンを守ろうと決意。しかし、フーグンを狙っているのはポーだけではなかった。偶然同じ列車に乗り合わせた窃盗集団のリーダー・ピャオ(グー・ヨウ)もまた、フーグンをターゲットにしていたのだ。疾走する列車の中、6万元を狙うポーとピャオ、そしてフーグンを守ろうとするリーの、三つ巴の闘いが始まろうとしていた…。
 
REVIEW
「ハッピー・フューネラル」最近では「女帝/エンペラー」の監督、馮小剛の作品。
物語の8割は狭い電車のなかで繰り広げられる。面白さは、アンディ演じるスリと窃盗団の攻防。狭い電車で純朴な青年が大事に抱える6万元を奪ったり奪い合ったりする、その様に目が離せない。

特に窃盗団にリーダー、ピァオとポーの卵の殻向き対決は面白かった?。
そうくるかい!って思わず言っちゃったもん。
その窃盗団のリーダー、ピャオを演じたグゥ・ヨウのキャラクターもよかった。
謎めいていて、格言をよく言う落ち着いた雰囲気かと思えば、淡々と冷徹な所も見せて、どこかで怖いなこの人って思わせる雰囲気があった。


そして、あの純朴な青年。単に純粋なのか?バカなのか?と聞かれれば個人的には、ただのバカに見えてしまう。心配する仲間をよそに人前で6万元を持っている事を公言する所は、いくら人を疑うことを知らないとはいえ無防備すぎ。まぁその無防備すぎな所がかえって守りたいと思わせる純朴さに繋がる。
観ているこっちまでその無防備さにハラハラしっぱなしですた・・・


監督の馮小剛は面白い作風を撮るなぁと感じますた。
カメラワークに関しては、ちょっと懲りすぎてワン・ポーがスリを働く所とか見えづらかったりもするけど、スローで見せる演出は面白かったです。
あと、ちょっとシニカルな演出や間抜けな登場人物とか、キャラクターの描き方が面白かった。


ただ、この物語の軸である青年フーグンが中盤以降、出番が少ないのが少し勿体ない気がする。もうちょっとこの青年との絡みがあってもよかったのでは?とも感じてしまった。

そして、物語自体が一体どこに持っていきたかったのか少し解らない。コミカルな部分とシリアスな部分に落差を感じてしまう。窃盗団の存在がちょっと間抜けだったりするので、物語のオチに多少違和感もあって腑に落ちない気もした。

だけど最後のレネ・リュウの食べっぷり。あの姿にこの物語の全てが詰まっているように感じた。
悲しみも罪も背負っていく決意。前に向かっていく心。それが最後のあの表情一つで感じられて切なかった。
あの最後のレネ・リュウの表情を観るだけでも、この映画を観る価値があると感じますた。

そして、中盤以降でアンディのカツラが取れてホッとしますた。

2004年/中国
監督:馮小剛(フォン・シャオガン)
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)/劉若英(レネ・リュウ)/王寶強(ワン・バオチャン)/李冰冰(リー・ビンビン)/林家棟(ラム・カートン)/張涵予(チャン・ハンユー)/葛優(グォ・ヨウ)

Comments

natsuさん> 
グゥ・ヨウ、上手い役者さんですよね。存在感があるというか・・・
面白いキャラでしたけど、怖い雰囲気も感じました。

レネ・リュウは凄くよかったです。やっぱり、あのラストシーンはグッときました。
「ダブル・ビジョン」観たいんですけど、怖そうでなかなか手がでません。でも、レオン・カーファイもいるんですよね、今度昼間に挑戦して観ます。

確かに、アンディのズラはイケてませんでした。男前ですから、何やっても格好いい人ではあるんですけど、ズラが取れたときはホント、ホッとしました(笑)
カツラは… 
Ayuさん、こんにちは!
レネ・リュウは母親の強さを感じる最後のシーンがとても良いと思いましが自分はそれ以上にグォ・ヨウに目がいってしまいました。笑いもあり厳しさもある良いキャラでしたね。座ってるだけで怖かったです。

レネ・リュウは「ダブル・ビジョン」で初見でしたが、この映画もなかなか面白かったです。レオン・カーファイの渋い演技にも痺れましたよ。この映画をみて観てやっとレオン・カーファイの真面目な演技を観れるようになりました。

ちなみに自分もアンディ・ラウのあのカツラはイケてないと思います(笑)
ronさん> 
えぇ!ronさんはあのズラ姿イケるほうですか?
私は見た瞬間「これはギャグなのか?」って目が点になりました(笑)

レネ・リュウよかったですよね?。
あの最後の顔が泣けました?。彼女「20・30・40の恋」でも良かったんですよ?。
彼女の作品はチェックしたいですね?。
Unknown 
コメント有難うでした。
&コメント遅くなってしまってすみましぇん。

↑ズラ話?では私も(←ちゃいますよ)
華仔短髪が好きですが、ぶっちゃけあーゆうのも
好きな私なのです(爆笑)。

あと、レネの演技を観たのは2回目なのですが、ほんとに良い女優さんですよね。過去作をチェックしなくては!と思いました。
SOFFYさん> 
私も、華仔のズラを見たときは卒倒しそうになりました。
いや、ズラでもいいんですけど、「何故、いっぱいあるズラの中であのズラなんだろう・・・」と。

ようやく、この作品を鑑賞することができましたが、あの窃盗団と華仔の攻防も面白かったですけど、最後のレネ・リュウの表情がとにかく良かったです!
あの表情がグっときました。
ズラ 
私も華仔ズラが取れてホッとしました(笑)

中文字幕で観た時はさっぱり訳が分からなかったんですが、日本語字幕だと泣けました。
特にラストのレネのシーンで。
あのシーンは確かに良いですよね。

華仔とレネの子供が立派に育ってくれる事を祈ります。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。