スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花様年華/花様年華



STORY
1962年の香港。同じ日にそれぞれの配偶者と共にアパートの隣同士に引っ越して来たチャウ(トニー・レオン)とチャン(マギー・チャン)。やがて互いの妻と夫が浮気をしているらしきことを知ったふたりは、それをきっかけに惹かれあっていく…。
 
REVIEW
うーん・・・ウォンーカーウァイが描く世界観ってのは、観る側の状態に左右されると思う。凄く評価が難しいんだよね。冷静にみれば、何のこっちゃない男女の恋愛像を描いた話ではある。
全体的に物語は淡々としていて、終わり方も「え?」ってなるくらいアッサリ。惹かれ合った二人だったが結局お互いが触れることなく、すれ違い終わっていく。
いっそのこと抱き合えば楽だったのかも知れないけど、二人はあえて触れることなく過ぎていく。それは凄くもどかしい。だからこそ切ない。

初めてこの作品を観たときは、わし自身が恋愛モードだったので、えらく感情移入してしまったんだけど冷静な状態でこの作品を観ると、どうも懲りすぎな感じと観る側に任せっきりな感が否めない。それでも、余韻に浸るには十分すぎる映画だなとも感じた。


ストイックな関係にかえって色気を感じてしまう雰囲気がヒシヒシと伝わった。そして情緒的て懐古的な世界観は物語に入り込むには十分。
相手の妻や夫を見せなかったのもよかった。もし、相手側の妻や夫を出演させていたら、粘着質な物語になっていたかも。相手側を見せない事で二人の関係が濃縮されて映る。マギーの夫役の声は張耀揚ことロイ兄さんなのが、個人的にはツボでしたけど、もしロイ兄さんが出演なんてしたら、この映画のテイストが変わったことでしょう・・・怖いモノ見たさで観たい気もしますが・・・

映像の美しさに定評がある監督ですから、その色遣い、演出はとにかく美しい。
心情を表すように揺れる赤いカーテンだったり、切ない雨模様だったりと場面ひとつひとつが芸術的ですた。

ただ、芸術的な印象が強すぎて置いてきぼりを食らう感も否めない。あまりにも独特な世界が強すぎて、切ない気持ちや相手への想いは伝わるけど、うまく入りこめない時もある。それはわし自身の今の心理状態のせいでもあるわけだけど。

でも、マギー・チャンとトニー・レオンの存在感がそれを補うように、佇まいともに美しかった。この二人が主人公じゃなければ陳腐なメロドラマにしかならなかったと感じる。
セリフは少なく説明不足なのに、この二人の雰囲気や表情で痛みも切なさも伝わった。

全体的に暗くぼんやりとした背景の中に時々入れられる赤が印象的。その赤がふたりのお互いに対する秘めた想いを表していたんじゃないかなと感じた。淡々として見えるけど、本当は恋い焦がれるほど、鮮やかな想いだったように思う。

物語の最後に二人は別々にアパートへ訪れる。
月日が流れ、昔とは変わってしまった事にもう過ぎ去った事だと悟ったマギーの表情が何だか心打たれてしまう。

思い出って言葉にしたら陳腐だけど、過ぎ去った日々は何とも純粋で切ないもんだなぁって感じますた。



2000/香港
監督:王家衛(ウォン・カーウァイ)
出演:梁朝偉(トニー・レオン)/張曼玉(マギー・チャン)/潘迪華(レベッカ・パン)

Comments

hanaさん> 
お久しぶりです!

カーウァイ作品はやっぱり雰囲気で味わう作品ですね?。あと、想像力が膨らみます。たぶん、答えは観客側に任せているんじゃないでしょうか?

そして、演じる側にも力がないとダメなんですよね。トニーさんの雰囲気ってカーウァイ作品に融合するんですよね。
だから、説明不足でもそれを補ってちゃんと役を演じきるトニーさんてやっぱり上手い役者なんだと思いますよ?。
トニーと言うだけで・・・(笑) 
Ayuさん、こんばんは♪レビュー共感しました!!
トニーがオファーがあれば有無を言わず出演を快諾する監督:ウォン・カーウァイ。トニー・ファンの私がトニー×ウォン・カーウァイ作品を色眼鏡で見ていることも事実と受け止めています。(実際、自身のブログもトニー作品には甘い・・・・(笑))
その辺りを差し引くと、単に自分が好きな雰囲気の映画なのかなと思います。
セリフや分かりやすい情愛シーンではなく観客側に想像させる余地が残されている。そういう点では「青いパパイヤの香り」のような映画も大好きです。
観草電影門さん> 
ウォン・カーウァイは、恋愛のベクトルが上がっているときは、もの凄く感情移入できるんですよ。
ホントただの恋愛像なのに、それがよかったりするんですよね?。

でも冷静にみると、映画としてはアラが多いんですよね。でも、凄く雰囲気がよくてあの世界観に飛び込みたくなります。
意外に説明不足な所も想像力を掻き立てられるし、恋愛している人がみると、色々な感情がわき出てくると思います。

実は、まだ「2046」未見なんです。見たいんですけど、木○拓○の部分でテンションが下がりそうな予感でちょっと怖いです。わたしの偏見なんですけど(笑)
お!花様年華登場  
>冷静にみれば、何のこっちゃない男女の恋愛像を描いた話ではある。

そこをいかにも大袈裟に描くのがカーウァイ流。 どの作品にも言えてますが、何気ない部分を「もう結構です」ってくらい掘り出して来ますよね。

>いっそのこと抱き合えば楽だったのかも知れないけど、二人はあえて触れることなく過ぎていく。それは凄くもどかしい。だからこそ切ない。

そこの寸止めの美学がカーウァイ流。(くどい)「エロス」とか「いっそ殺して下さい」ってなっちゃいます。

>どうも懲りすぎな感じと観る側に任せっきりな感が否めない。

ナルで放置プレイがカーウァイ流。(え?くどい?)

>ストイックな関係にかえって色気を感じてしまう雰囲気がヒシヒシと伝わった。

大人の美学か?だからこそ、余計に燃え上がるってもんですね。

>この二人が主人公じゃなければ陳腐なメロドラマにしかならなかったと感じる。
セリフは少なく説明不足なのに、この二人の雰囲気や表情で痛みも切なさも伝わった。

激しく同意。不親切だけど充分かなと思います。「2046」では久しぶりにナレーションが入りましたが私には邪魔でした。

この作品、私の中では「欲望の翼」「ブエノスアイレス」と並んでベスト・オブ・カーウァイです。

「2046」は???でしたがチャン・ツィイーは素敵でした。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。