スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父子




STORY
料理人のシンは、ギャンブルにはまり借金をして家庭をかえりみなかったことで、彼に嫌気をさした妻のリンは、愛する息子BOYを置いて家を出ていく。残された二人は、金もなく、借金取りに追われていたので、遠く離れた安ホテルに身を置く。だが、生活は立ちいかなくなり、シンは息子に泥棒をさせようとするが・・・・
 
REVIEW
パトリック・タムが17年ぶりにメガホンを撮った作品。
もう、アーロン演じる父親のダメッぷり、それに反して息子の健気な姿が対称的に描かれたおかげで感情移入できるというか、もの凄いやるせなさを感じてしまう。
もうね、あたしゃ自分の父親がこんな親ならグレちゃっているよ。でも、実際こういう親っているんだよね。愛情も責任もすっ飛ばして自分の感情だけで生きる親ってゴマンといる。そういう現実をまざまざと見せつけられたなぁ。

あと、なにげに母親も酷いんだなこれが。自分だけはちゃっかり幸せになっちゃってんの。その事実を知った時の息子の表情が今でも頭から離れないわ。

それにしても子役を演じたン・キントー君がもう可愛いだけじゃない。子供らしい前に出る演技じゃなく、押さえられた感情とかそういう表現が凄く上手い。あの利発そうな顔立ちが涙を誘うんだよね。


普通、親子を描いた作品というのは、ハートウォーミングな内容だったりして見終わった後「あ?よかったなぁ」なんて心が温かくなるのが定番だったりする。
この映画はそういった事を微塵も感じさせず、やるせなさや不条理さを感じてしまう。
重く、救いようのない理不尽さ、痛みがついてまわる。だけど、骨太で親子とは何か?と考えさせてくれる見応えのある映画だと思う。

アーロンが演じた父シンは息子に盗みをさせ、その息子が「もうやめよう」と言ったら、「明日から真面目に働くよ」って言ったその後に「あの家に入って盗んでこい!」なんて言っちゃうような、本当にどうしようもない父親。というより人としてロクデナシ。その姿に怒りが湧いてしまう。だが、そんな親でも親なのだ。

子供というのは非力で一人では生きていけない。どうしようもない親が自分の親だった時、現実を目の当たりにする子供の目線というのは、決して大人が考えている以上にその現実を見据えているのではないか?と思ってしまう。そして、その場所でしか生きられないのだと。


綺麗事を排除したこの映画の世界観は普通に生きてきた人間にとっては否定したくなる。目を背けたくなる。親子愛とかそんな類の言葉がいかに脆いものかを見せつけるから。だけど、その脆さもやるせなさにも絆というものが存在する。この物語の息子は小さいながらも、その絆を信じて生きていく。悲しい絆ではあったけど、人は誰しもそういうものにすがって生きているんじゃないかなぁと感じた。


息子は成長しこれからを生きていく。その先にはもっと過酷で困難な事が待ち受けているかもしれない。それでも、それも人生なんだと考えてしまうような内容だった。
そして、子供というのは脆く、傷つきやすい。だけど強い存在なんだと感じる。自分が親になった時、もう一度この作品に触れてみたいと思いますた。



監督:譚家明(パトリック・タム)
出演:郭富城(アーロン・クォック)、呉景滔(ン・キントー)、楊采[女尼](チャーリー・ヤン)、林煕蕾(ケリー・リン)、許茹芸(ヴァレン・シュウ)、徐天佑(チョイ・ティンヤウ)、秦海[王路](チン・ハイルー)

Comments

weiyangさん> 
コメントありがとうございます。

ほんと、両親酷かったですよね。それでも、息子は親を愛しているんですよね・・・「うぅ・・・」と唸りそうになりましたよ。
やるせなさも憤りも感じました。でも、色々と考えた作品でもあります。
映画として凄くレベルの高い作品だと感じました。

私も、weiyangさんの所へどんどんお邪魔しますので、どうぞお付き合いくださいまし!
愛だけじゃ・・・ 
Ayuさん、こんばんは。
本当に酷い両親でしたね。でも、息子を愛していないかといえば、やはり愛している。それは痛いくらい伝わってきました。何より息子が両親を、特に父親を愛している。だから、母親の元へ行かず、息子は父親の側に居続けたんでしょうね。だからこそ、しっかりしろ!父親ぁ!!(怒)・・・なんですが^^;
今すぐには見返せませんが、時間を置いて、Ayuさんのおっしゃる通り親になったら絶対、私ももう一度見たいと思います。

今後、どんどんお邪魔(コメント)してゆこうと思います。どうぞよろしくお願いします。
ゆうこさん> 
物語自体が重くていたたまれない気になったけど、色々と考えさせてくれる映画でしたよね?。

私も、最後でやられてしまいました。

色々な感情が溢れる作品でした。お子さんがいらっしゃる、ゆうこさんにはもっと響いたんじゃないかと思います。

私も人の親になったとき、もう一度鑑賞すべき作品のような気がしました。
SOFFYさん> 
そう!父親も非道いですが、なにげに母親も酷いですよね。どちらも酷いですけど、個人的には母親のほうを責めたくなりました。
でも、こういう親って結構いたりするもんだから悲しいですよね。

あの耳を咬んだシーンはなんか何とも言えない気持ちになりました。

でも、こういう映画って重い気持ちになるんですけど、凄く大事な事を教えてくれた気もします。
最後の 
回想シーンが忘れられないです。
涙がでてきました。
最後の5分までアーロンに憤っていて、なんだ、この映画、とさえ思ったんですけど、最後で、ぐわ??んとやられてしまいました。
一番ひきづった作品でした。
息子を大事にしようと、あらためて思いました。
最低です 
この映画の親は2人とも最低です。
特に父親は呆れるほどです。
あんなに可愛い我が子に盗みをさせて・・・

捕まった後、キントー君がアーロンの耳を思いっきり噛んでいたシーンが忘れられません。
今までずっと心に閉まっていた怒りが静かに爆発した感じでしたもの。

あの子にとってはあんな父親でも大事な存在だったんでしょうね。

ああ言う子供が実際に居ない事を祈りますが、居るのが悲しいかな今の世の中なんでしょうね。

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。