スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグ・バイト・ドッグ/狗咬狗

狗咬狗

STORY
香港の高級レストランで起こった殺人事件。ベテラン刑事リン(ラム・シュー)と若手刑事ワイ(サム・リー)は犯人の殺し屋、パン(エディソン・チャン)の元に辿りつくがパンは人質をとった挙句、人質もリンも容赦なく撃ち殺す。危機を脱したパンは逃亡のさなか、ユー(ペイ・ペイ)という名の女の子に出会い恋に落ちる。ユーを連れて故郷のカンボジアへと逃れるパンだったが、復讐に燃える刑事・ワイもまた彼を追ってカンボジアへやってくる
 
REVIEW
こういう映画を観ると、色んな感情につままれてしまう。
終始、胃がキリキリする展開で、思わず目を背けたくなるような場面もある。
暴力描写がエグくて、暗い作品だった。でも、物語に凄く入り込めますた。

で、サム・リーが久々にまともそうな役かなっと思ってみたら、かなり荒々しい刑事ワイを演じていて、サムに対する印象がガラリと変わった(いい意味で)。しかも、カンボジアからのサムの豹変には度肝を抜く。
凄いというか、今までは荒々しくとも、どこか甘ちゃんだった刑事が全てを失った時、あの復讐に燃える表情に緊張感が湧きますた。

エディソン・チャン演じる青年パンは終始、言葉少なく闇を抱えた男を演じてますた。やっていることは非情で最悪なんだけどパンの背景が深く悲しくて、許せない感情と共になんとも物悲しい感情が入り交じってしまう。

そんなパンとワイの姿がまさに狗が狗を咬むという展開で目が離せない。
物語が面白くなり始めたのは、パンが少女ユウと出会ったあたりから。
そのユウの背景も深く悲しい。そして、このユウの存在が健気で悲しくて泣ける。

何一つ救いようがなく、物語が進むにつれ最悪な展開に転がる。
そして、パンとユウのカンボジアでの一時の穏やかな日々、だけどすぐにそのひとときは緊張へと変わる。
そしてラストのパンとワイの死闘にハラハラさせられっぱなしですた。

この映画はバイオレンスアクションって位置づけだけど、人物背景が上手く描いていて、それが物語に深みを出しているように感じますた。

カンボジアで生きるために人を殺し続け、いつしかそれを何とも思わなくなった男、ある事がきっかけで自暴自棄になった刑事、不法滞在で母の死をきっかけに父親に奴隷のように扱われる女。
その刑事は何もかも失なった時、復讐の狂犬となり、人を殺し続けた男は女と出会い人間としての感情が芽生えた時、その女のために命を懸ける。その構図がまた何とも言えない感情を沸き起こす。
そして、女の最後の姿にもう涙が止まらなかった。
きっと主役の力演と主要登場人物の闇を上手く描いたからこそ、映画に入り込めた気がする。

物語はずっと暗い。緊張感に包まれ、闇はより深い闇へ行くようですた。
だから最後に残された存在に未来はあるのだろうか?と考えてしまう。
でも、希望であって欲しいと願わずにはいられない。

それにしても、サムの豹変ぶりは怖すぎです・・・



2006年/香港
監督:鄭保瑞(ソイ・チェン)
出演:陳冠希(エディソン・チャン)、李燦森(サム・リー)、裴唯螢(ペイペイ)、張兆輝(チョン・シウファイ)、黎燿祥(ライ・イウチョン)、林雪(ラム・シュ)



テーマ : 映画レビュー    ジャンル : 映画

Comments

weiyangさん> 
エヂのキャラクターはやってることは許せない事だけど、その背景が何とも物悲しくて、ただの悪として描いて無いところが物語を深くさせていたような気がします。
最後、ユウとお腹の子供の為に無言でサムに土下座?をしようとするところに、言葉にならない色んな感情が湧いてきました。

確かに(笑)冷静に考えるとサムはあんな短期間で強くなれるもんなのか??とか思っちゃいました。
でも、あの豹変ぶりは凄いなって感動しました。
こちらにも 
お邪魔します?^^

私もエヂに感情移入して、後半は涙ぐみながら見ておりました。ユウだけに心を開き、彼女を愛している守りたいという想いが、言葉にしなくても凄く伝わってきて・・・。
サムの豹変は凄いけど、いきなりあんなに強くはなれんだろ・・・と、ちょっと笑っちゃった不届きな私です^^;
SOFFYさん> 
ラム・シューの場面はエグかったですよね?。
しかも、前半でこれかよ・・・って、怖さ倍増でした。

エディソン・チャンも良かったですけど、サムがインパクト凄すぎでしたね?。
でも、シリアスで狂気を秘めたサムの演技は素晴らしかったです。
こういう役も上手いんだなぁって感心しました。


この作品の日本版DVDにある作品紹介で「軍鶏」の紹介がちょこっとだけありましたが、似てる雰囲気でした。これもかなる観たい作品です。
ゆうこさん> 
エグいシーンが多かったですよね?。
ラム・シューの場面は「痛い!痛い!ひぃ?!!!」って言ってしましましたよ?。

サムの豹変にはさすがに驚いたというか、怖かったです。
でも、痛みと切なさが混合して胸に響きました。
暗い作品でしたけど、良作だなぁと思いました?。
natsuさん> 
私も、桜坂あたりで上映してくれないかなぁと思いましたが、結局上映してくれなくて・・・
お陰で、早く観たくてウズウズしてました!

映画としては、暗い内容で気が滅入りそうでしたが良作です。
エディソン・チャンの押さえた演技、サムの弾けっぷり、見応えありました。
でも、エグいですよ(笑)
サムが 
鑑賞されたんですね!
私は林雪おじさんの所だけ目を背けてしまいました。
ダメなんです、首系。

サムの演技にゾクゾクしました。
ずっとコメディの印象が強かったので
同じく良い意味で印象が変わりました。

最後にこの世に出てきたあの命の先に良い未来がある事を祈りたいですよね。

余談ですけど。
鎮宇の新作でショーンが主役の『軍鶏』これに似てるらしいですよ。暴力描写の部分が(苦笑)
サム・リー 
おっかなかったです??。
あんた、こうなるんかい!!と。
びっくりしました。
ラム・シュー(涙)。
ほんとに、どす????んと胸に響いた作品でした。
もう1回観たいけど、怖くてまだ勇気がないっす。
早く観たいです! 
Ayuさん、こんにちは!
この映画、桜坂劇場あたりで上映されないかな?と思ってましたが結局沖縄での上映はありませんでしたね。Ayuさんのレビューを読んでますます観たくなりましたが一週間レンタルを待ちたいと思います(笑)サム・リーとエディソン・チャンの違った顔を観るのが楽しみなんですが暗くてエグいんですか。。。覚悟して観たいと思います!

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。