スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒート・ガイズ 傷だらけの男たち/重案黐GUN HEATTEAM

重案黐

STORY
国際ギャング団が香港入りしたとの情報を得た香港警察凶悪犯罪課は、香港中から集められた精鋭からなる特別チームを結成した。中でも、YT(アーロン・クォック)とKC(イーソン・チャン)のコンビは特に凄腕だったが、二人はソリが合わずケンカばかりしていた。上司である女刑事フォンは、そんな二人に手を焼きながらも捜査を進めていくのだが…。
 
REVIEW
この邦題、「傷だらけの男たち」と付いてますが、トニーさん&金城武の「傷城/傷だらけの男たち」ともちろん関係はありません。
しかし、何故にそんな邦題を付けたんだろうか?イヤ、確かに傷だらけでしたけど(笑)


アーロン&イーソン・チャンW主演の刑事アクションコメディですた。
どちらかというと、コメディ色が強く、派手な銃撃シーンは中盤あたりに路上でギャング団とドンパチするシーンとラストのドンパチくらいでしょうか。

コメディといっても、くだらないなぁって感じの軽いノリなんですが、わしとしては、そのくだらなさが妙にツボを刺激され楽しめますた。


面白かったのは、警察署内で誰が指揮をするかということでアーロンとイーソン、ユミコ・チェンがおもちゃの銃で競うところ。カメラの角度やスローで見せる演出はなかなかのもんがあって、見応えがある。
ただ、中盤は多少の中だるみも感じてしまうし、最後の敵方があっさりと入れ替わってしまうところは刑事ものとしては面白味に欠けてしまう。
それでもコメディ色が強かった事と、テンポがあることで物語は救われている気がしますた。


アーロン演じるYTは女性が少し苦手な真面目なキャラ。イーソン演じるKCは女好きで軽い男というキャラクター、そんな二人が反目しつつも事件を解決させるって、どこかで使い古されたような定番な設定ではありますが、キャラクターの濃さが生かされてよかったです。
YTとKCのキャラを上回って面白かったのが彼らの上司を演じたダニー・リー先生。すっとぼけたキャラで、画面に出てはボケをかましてくれる、かなりツボにはまるキャラですた。
何だか、ダニー・リーの今までのハードボイルドなイメージが音を立てて崩れていくようだったけど、それも悪くはなかったです。
なんだかんだでアーロン、イーソンより、李sirが一番面白いキャラクターで見終わると一番印象が強かったような気がする。

全体的に展開に無理を感じます。でも銃撃シーンは少ないけど結構こだわりを感じる演出も感じる。
ゆるいコメディとツボにはまるくだらなさは個人的によかったです。
ゆる?い気分で観ると結構楽しめる感じですた。



2004年製作/香港
監督:林超賢(タンデ・ラム)
出演: 郭富城(アーロン・クォック)/陳奕迅(イーソン・チャン)/鄭希怡(ユミコ・チェン)/李修賢(ダニー・リー)
テーマ : 映画レビュー    ジャンル : 映画

Comments


« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。