スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電脳警察サイバースパイ/公元2000

公元2000


STORY
いきあたりばったりの毎日を送るピーター(アーロン・クォック)の生活は、ある日、訳もわからず警察に逮捕されたことから一転する。
 彼らの会話から、彼が"最高のプログラマー"と信望している兄グレッグにスパイの疑いがかかっているらしいことがわかるが、グレッグは何者かに殺されてしまう。兄の死の秘密を探るピーター。その秘密をめぐって、ピーターの前に現れるCIA、グレッグのフィアンセを名乗る謎の美女、ピーターの命を狙う殺し屋たち。渦巻く疑惑の中、自分の知らない兄の姿を知るピーター。
 兄は画期的軍事機密の研究に携わり、世界中を破滅に導く程の威力をもつ特殊な爆破物の開発に成功していたのだ。 自身の命を守るために兄の名誉を守るために、兄の開発を悪用し破滅を導く奴らに刃を向くピーター。彼は世界を救うことができるのか?!

 
REVIEW
スパイ映画なのか?それともタイトル通りサイバーな近未来的な物語なのか?といろいろ想像を膨らましていますたが、アーロン演じるピーターが命を狙われて、てんやわんやするお話ですた。
主人公アーロンたちは警察でもなければスパイでも何でもなかったし(笑)

でも、スピーディー且つ飽きのこない展開で終始退屈しなかったです。
物語は兄グレッグが帰ってきて、スパイ容疑をかけられたあたりから面白くなってきて、舞台がシンガポールに移ってからスピーディに展開。

前半で出演する刑事役の鎮宇がこれまた、いい味出しているっていうか、主役のアーロンを喰っちゃうような演技。
鎮宇の最期は、格好いい演出だなぁって感じた。なんだか、「ヒーロー・ネバー・ダイ/眞心英雄」のチンワンの終わり方と通ずる感覚に陥ってしまう気がする。
志半ばで無念の死を感じてしまう、あの最期が悲しいんだけど凄くいい演出だった。


ただ、少し勿体無いなぁっと感じたのは、主犯格であるCIAの刑事カルヴィンの正体を後半に持っていったほうが、盛り上がりとしてはよかった気がするんだよね。
観る側が結構早い段階で正体が解っちゃうから、あまりハラハラしない。
犯人側が中途半端に描かれている感じがしてしまう。出すなら出す、隠すなら隠すくらいの徹底した描き方をして欲しかったなぁっていうのが本音ではあります。

ラストは一味の一人である廬恵光がドサクサに紛れて逃げ切ってしまう所が何だかモヤモヤしちゃいますし、まぁなんでアーロンはいきなりあんな強くなったんだろう?とかちょっと思っちゃったりしますが、でも最後のアーロンVSカルヴィンの攻防はキレのある動きで盛り上がりを見せると思うし、オチもよかった。


細かいところを挙げると府に落ちない点が多少ありますが、スピーディで迫力のある銃撃戦、キャラクターが個性的に描かれていて、全体的に面白いと素直に思える映画ですた。


2000年/香港・シンガポール
監督:陳嘉上(ゴードン・チャン)
出演:郭富城(アーロン・クォック)/呉彦祖(ダニエル・ウー)/郭妃麗(フェリス・クォック)/頼興祥(ジェームス・ライ)/葵樂芝(ジジ・チョウ)/連凱(アンドリュー・リェン)/呂良偉(レイ・ロイ)/呉鎮宇(フランシス・ン)

Comments

Ayaseさん> 
ほう、やはりミリタリーの知識があると、楽しみ方が違うもんなんですねぇ・・・
時間があるとき、ちょこっと勉強してみようと思います。

そうなると、80年代後半?90年代初期頃のノワールなんて、いっそう面白いかも知れませんねぇ。あの頃の作品って銃とか、ぶったまげそうな武器がたまに出ていたので。

あと、ジョニー・トー監督作品の「ザ・ミッション」も楽しめそうですね?。
RESありがとうございます 
>管理人さま
RESありがとうございます。
確かにミリタリーの知識があると香港ノワール物は、いっそう面白くなるときがあります。

ダニエル・ウーの重装警察でも有ったような、持っている銃でのキャラクター表現も、より理解できますし。

登場人物のファッション同様に、銃でもキャラ付けって出来るんですよ。そこもノワール物の魅力ですね。
マニアックでスミマセン(笑)
Ayaseさん> 
Ayaseさん、はじめまして!返事が遅くなってスミマセン(汗)

確かにタイトル「B級くせぇ!」ですよね!
しかも、あんまりサイバーでもなく、スパイでもなく・・・みたいな(笑)

でも、鎮宇は名演技でしたよね。あの死に際は印象的でかなり良かったです。

あのライフルは凄かったですねぇ。
Ayaseさんはミリタリー関係に詳しいのでしょうか??
きっと、詳しいとガンアクションものの映画とか面白さが倍増するんでしょうね。





初めまして 
初めまして!
この映画はタイトルを見て「B級くせぇ」と思いつつ借りてビックリの拾いモンでしたね。
鎮宇の代表作と言ってもいいくらいですし。

SOFFYさん御指摘の銃は、マテリアルライフル(昔は対戦車ライフルとか言ってました)と言い、香港映画ではちょくちょく出てきます。さすがにアレで狙撃はせんやろう、とは思いますが…

他にもF-16の新型は出てくるは、ナニげにミリタリーオタクの琴線に触れるものでした(笑)


SOFFYさん> 
この作品の鎮宇の演技は他の俳優を圧倒する存在感がありましたよね。
あの死に際は演出が凄く良くて印象的でした。
ファンとしてはもう少し、引っ張っても良かったかもという気持ちもあるんですけどね・・・

勿体ないのは、敵方の描き方ですねぇ、やっぱり。
それがしっかり描かれていれば、文句の付けようのない作品だと思いました。

それにしても、逃げ切った恵光さんの行方が気になって仕方ありません。
鎮宇が 
この鎮宇の最期は大好きです。
「最高の死に様№1」を与えたいぐらいです。
演技派俳優、完璧にアーロン食っちゃってましたもんね(苦笑)

ただ、中文字幕でしか鑑賞した事がないので
物語の細部が全然分かってないままなんですよ。
アクションシーンは迫力があって良かったんですけど、
私も敵方が中途半端な気がしました。

毎回思うんですけど、
恵光さんがレイさんの車を屋上から撃つシーンで使う銃。
あれ何気に凄いですよね(どんな視点?)

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。