スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレクション 死の報復/黒社會2以和為貴



STORY
樂少(サイモン・ヤム)が組織を取り仕切るようになり、マフィアの世界にはつかの間の静かな時がおとずれた。しかし、二年に一度の会長選挙が近づき、組織内にはふたたび不穏な空気が流れ始める。今の自分の立場に未練を感じる樂少は、今回も選挙に参加したいと長老らに伝えるが、彼らは世代交代を望んでいた。長老たちは事業が順調で人望もあるという若手、ジミー(ルイス・クー)が後継者として適任だというのだが、納得できない樂少は、意欲を見せるジミーに対してさまざまな手段を使ってその行動を阻害しようとする。やがて、樂少によって後見人を拉致されたジミーは、彼と正面から対決することに…。
 
REVIEW
「エレクション」の続編。きっと、この続編を見ないと、物語の面白さは半減するでしょう。
物語は「1」の内容からから2年後を描いています。そして、「1」で観た闇はさらに深く、暗く、底のない世界が映し出される。

前作のロクVSディーの権力争いから、ロクVSジミーの権力争いへと移行する。
ボスの座に執着するロク、成功の条件の為ボスにならざる負えないジミーのその姿に戦慄を覚えてしまう。人の欲というのは、どこまでも計り知れなく、そしてその欲に獲りつかれた人間の怖さを描いていますた。

前作で静かな存在であったジミーが、ここから大きな役割を担う。前作での寡黙な存在は徐々に存在感を増し、狂気を秘め始める。
中盤の見せしめの場面は、ひたすら怖さしか残らなかった。

一方のロクも前作の最後に見せた、あの一瞬の怖さを少しづつ見せ始める。権力に憑りつかれたままに、周りを操つり、自分の目の前の障害をいともたやすく消してしまう。

どちらの存在にしろ、怖かったのは行為そのものより、目的のために非情なことを平然とやってのける姿だ。


登場人物が多いにも関わらず、それぞれのキャラクターがきちんと描かれているところがよかった。
前作で入り組んでいた他の登場人物たちの役割が、この続編では割とわかり易く描かれている。前作のように誰が誰の味方なのか、騙し騙される形の人間関係でない。前作では、物語の展開でキャラクターの人物背景を描いたのだろう。今回は、その登場人物たちが際立って目立つ感じではないが、物語の展開に溶け込むように描かれていた。

そして、新たに現れる登場人物マーク・チェンとユウ・ヨンの存在が必要不可欠。
マーク・チェンの演じるキャラクターはどんな時にも金にこだわる、ある意味ストレートなキャラ。物語の緩和剤にもなる存在。
一方、ユウ・ヨン演じる公安警察の存在はこの物語で重要な存在。ラストで、その存在がより一層、深い終わりのない闇へと導く。

主人公ジミーとロクも細かく人物設定がされているのが素晴らしかった。
冒頭、希望に満ちた顔からラストには青白く疲れた表情を見せるジミーの姿。時々、欲望が見え隠れするロクの表情。それが息子の後ろ姿を見ながら終焉を迎える時、最後にそこに何が見えたのだろう?と感じてしまう。


個人的に1番好きな登場人物はニック・チョンが演じたフェイ。
前作でレンゲを食べたあのインパクトは薄れていたけど、ジミーとの微妙な関係が却ってフェイの存在を面白く映していたし、最後に名刺を捨て立ち去る場面に救いを感じた。

観終わったあと拭いきれない後味の残る映画だ。でも、よくここまで描ききってくれたと感じる。
ただ、黒社会を描いているわけでは決してない。そこには、やはり香港と大陸との微妙な構図、伝統が変わりつつある姿、それが物語に見え隠れする。
そして、それこそがジョニー・トー監督の描くテーマのように感じる。

ん、でも今回、香港版で鑑賞したんで細かい所が理解できてないのも事実。
日本語字幕がないおかげで、何度見直した事か・・・
それでも十分に面白く感じたけど、ちゃんと日本語字幕があれば、さらに面白さ倍増なんだけどなぁ・・・
第一、前作とこの続編でひとつの物語なんだから、前作だけDVD化されても困るというか、この続編も日本版DVD化しないと意味がないんだが・・・
っという事でこの「黒社會2以和為貴」の日本版DVD化をかなり希望。




2007年/香港
監督:杜?峰(ジョニー・トー)
出演:任達華(サイモン・ヤム)/古天樂(ルイス・クー)/張家輝(ニック・チョン)/林家棟(ラム・カートン)/林雪(ラム・シュー)/安志杰(アンディ・オン)/張兆輝(チョン・シウファイ) /鄭浩南(マーク・チェン)/尤勇(ヨウ・ユン)/王天林(ウォン・ティンラム)

Comments

SOFFYさん> 
ジミーが犠牲にした人としての感情とか、色々なものを失ってまで欲しがった成功ってなんだったんでしょうね。
結局はヨウさん、演じる公安の手のひらで踊らされてしまったわけで、彼に何が残ったんだろう・・・と虚しさを感じずにはいられなかったです。

ロクの結末も、最後に息子を見ながら何を感じたんでしょうか?
でも、行き先が右と左に分かれた時、息子はロクとは違う道を進んで走っていって様にみえました。勝手な憶測ですが、そうであって欲しいです。

・・・にしても、本当!
なんで、公開されないんでしょうか?「1」だけ鑑賞した方は、きっと不完全燃焼ですよね。
この続編もやってくれないと、物語は成立しないのに・・・
せめて、劇場公開がないなら日本版でDVD化して欲しいです。
抜け出したいのに 
ジミーが可哀想と言うか・・・
一度踏み入れた黒の世界から抜け出せずにいるのが切なかった。
もがけばもがくほどはまりこんでしまう。
(結局はヨウさんに騙された形になるんですよね?ジミーって)

ロクも息子の後ろ姿見ながら何を感じたんでしょうね?

ほんとに何故これを公開しないんですかね。
あり得ない??!
これがなければ映画『黒社会』は成り立たないのに!!
私も日本語字幕で&大画面で観たいです!

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。