スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朱麗葉興梁山伯/ジュリエット・イン・ラブ

朱麗葉與梁山伯

STORY
茱迪は(サンドラ・ン)乳がんで乳房を失い、今は年老いた祖父と二人暮らし。ある日茱迪の働くレストランでうだつの上がらないチンピラ、佐敦(フランシス・ン)と出会う。佐敦と茱迪は偶然居合わせた病院で、ヤクザのボス(サイモン・ヤム)が愛人に生ませた赤ん坊を預かることに。 
赤ん坊を通して疑似家族となり心安らぐ日が続く、だがその束の間の日々が終わりを告げ・・・
 
REVIEW
もう、ヤバイ。
この作品がジャンルでいうところの恋愛のカテゴリーに入るならば、わしの中で今まで不動だった「ラブソング」を抜いたわ。
それにしても葉偉信監督は、気持ちを優しくさせてくれる作品を上手く作り出すなぁ。

以前、日本語字幕のないまま鑑賞したとき、「これ日本語字幕付いていたら、かなりはまるだろうぁ」なんて思っていますた。
今回、字幕付きで鑑賞する事ができますた。ちゃんと意味が理解できて鑑賞すると予想以上に素晴らしい。

基本的にラブストーリーっていい作品だなぁとか思っていても、号泣していても、もう一人の自分がどこかで冷めた視点で観ている事があって、結局は他人事のように思えてしまう所があった。
この作品は感動したとか涙が出たとか、そういった事はなかった。でもね、凄く凄く自分の中の奥底にある感情をグッと捉まれて頭から離れられない。なんか、揺さぶられた。心の痛みや想いが素直に伝わったからだと思う。

物語は、家庭も乳房をも失いただただ日々を過ごす女と家族に恵まれず前に進むこともできないチンピラが出会う。そしてヤクザのボス(サイモン・ヤム)の子供をある事情で預かることになる。ささやかな男と女の軌道はこの赤ん坊をきっかけに始まる。

全体的に淡々と物語は進む。セリフも少なく、どこか物悲しい雰囲気を醸し出す。
子供を預かり、共に過ごす事で二人は距離が何となく近づいていくんですね。でも、その束の間の日々もやがて終わりを迎え男と女は元の暮らしに戻る。
その描き方にすら起伏があるわけではない。でも、この二人の微妙な距離感が堪らない気持ちにさせるんだよなぁ。

そして、人生を投げようとする女の為に男は走り出す。
元々、男はどこか人生を諦めている所があった。だから弟分が金でヘマをして、自分も危ない状況になっても「構わないさ」と言う。それは理解ある言葉のように見えて、実は自分がどうなっても構わない、どうでもいいことだからそのセリフを吐く。
だけど、そんな男が孤独を抱えた女の全てを受け入れた時「構わないさ」という言葉が初めて温かい言葉に変わる。

改めて、サンドラ姐さんも鎮宇も素晴らしい役者だなと再認識できた。
セリフも演技も控えめで物語も地味なのに、人物の背景に説得力もあり、感情の想いを魅せつけてくれる。

そして物語自体もセリフが少ない分その少ない言葉が切なく、淡々と映し出す背景が優しい空気で包まれる。
プリクラに男の不器用な優しさが、ドアにささったままの鍵に男の女に対する想いが感じられるように。


物語前半で女は年老いた父親の為にコーラを買う。女にとってはかけがえのない唯一の家族だ。
無類のコーラ好きである父の身体を心配する彼女をよそに父親は「コーラは人生の喜びだ」と口癖のように言う。そのセリフは物語の道標のようだ。


女は男を待ち続ける。作った食事が冷めてゆくのを眺めながら・・・
彼女は夢を見る。彼が帰って来て彼女を優しく撫でる。
幸せな空気に包まれる。
でも目が覚めると彼はそこにいない。
だけど彼は確実に女の元へ戻った。男の想いがそうさせた。
そうして彼女の日常は孤独な日々に戻る。だけど以前より少しだけ前を見て生きるようになった。

物語の最後に、彼女はこれから自分の為にコーラを買う。そのコーラの味が彼女にとって、ささやかでもいい。人生の喜びであって欲しい。
そう願わずにはいられない。



2000年/香港
監督・脚本:葉偉信(ウィルソン・イップ)
出演:呉君如(サンドラ・ン)/呉鎮宇(ン・ジャンユー)/任達華(サイモン・ヤム)/萬民輝(エリック・コト)

Comments

natsuさん> 
おぉ!無事、鑑賞できたみたいで安心しました!!
しかも、気に入っていただけたみたいで何よりです。

ほんと、静かな作品ですよね。
でもそれが、凄く切ないんですよね・・・
赤ん坊と過ごした日々も通じ合った想いも何もかもが心に突き刺さる感覚でした。

あの結末は悲しいけど私はあのラストこそが、この作品を素晴らしい映画にしてくれたように感じます。
彼女は目に見える幸せは失ってしまったけど、強い心を貰ったんではないかなぁと感じました。

それにしても、この二人の演技は素晴らしいものがありました。
素晴らしい映画でした! 
Ayuさん、こんにちは!
DVDありがたく観させて頂きました。
やっぱりウィルソン・イップ監督の映画はとても好きだなぁと思いました。
すごく静かで台詞も少ないですし、お互いが大切な存在と気づいても言葉にはしない。それでも見つめあうだけで想いが伝わり幸せな気持ちになれました…のに!あの結末が…悲しすぎて号泣です。コーラがあんな事に使われるなんて…
でも、不思議な事に悲しみだけが残らないんですよね。彼女はこれから強く生きていけそうな気がしました。凄く切ないけれど、2人が出会えて本当に良かった!と思いました。

サンドラ・ンの抑えた演技も良かったんですが、やっぱりン・ジャンユーが素晴らしかったです!ボスとのやり取りでの緊張感、子供と遊ぶ時の可愛さ、彼女に対する優しい顔…いろんな姿を観せてくれて、とっても格好良かったです♪
ronさん> 
おぉ!!MATV加入したんですか!
凄い数のラインナップですよね。新作から旧作、未公開まであって、かなり嬉しいです。
でも映画の数が多すぎて、一応保存用にDVD-R50枚買ったんですが、すでに20枚は使い切りました・・・

音声が吹き替えなのがネックなんですよねぇ・・・
でも、日本語字幕ってのが自分にとっては魅力的です。
natsuさん> 
ウィルソン・イップは人の細かい感情や表現を上手く映し出す監督だなぁて思いました。

その上、この俳優の顔ぶれがいいです。
さすが実力があるというか、細かい設定や台詞は少ないのに説得力も物語を引き込む力を感じました。

機会があれば是非ぜひご鑑賞を!
今回はスカパーのMATVで観たんですが、音声は吹き替えなんで、贅沢を言えば鎮宇、サンドラ姉さんの声が聞きたかったなぁって思います。
でも、日本語字幕で観れるのはありがたかったです。
SOFFYさん> 
素晴らしい作品ですよね。
なんか、心がぎゅうとなりました。

想いが通じた束の間の時間が切なくて、でも「構わない」って台詞は茱迪にとって永遠に残る言葉ですよね。その一言で生きていける強さが好きでした。

この作品はスカパーのMATV(元CCTV)で鑑賞しました。
大陸向けの番組なんで、基本音声は北京語なんですよ・・・
なので、俳優自体の声で聞けない事が多いんですが、日本語字幕がついてるのがありがたいです。
凄く、たくさんの未公開作品やってますよ。
やはり 
Ayuさんのレビュー読んだら…やっぱ字幕付きで観たいっ!と思ってMATV加入しました!
観たいです! 
Ayuさん、こんにちは。
この映画は、ずっっと観たい!と思っている香港映画の1つです。ウィルソン・イップ監督の映画は大好きですし主演がサンドラ・ンとン・ジャンユー…絶対面白いはず!AyuさんもSOFFYさんもすごく誉めていますし…ますます観たいです!せめてDVD化されないかな?と思ってたんですが、日本語字幕付きがああるんですか?あるなら自分も字幕付きの方が助かります!
素晴らしい 
↑この一言に尽きる作品だと思っております。
大人の恋愛っす。

生きる喜びをあの赤ん坊を通じて得た2人。
赤ん坊が居なくなっても、お互いが生きる目標になりつつあったのにあのラスト。
うぅ、悲し過ぎます!

鎮宇の『構わないさ』って台詞、好きです。

これやっぱり日本語字幕あるんですか?
タイトルがついてるだけで物を見たことないので半信半疑だったんですけど・・・
あるなら是非そっちで観たいですっ!
もっと深くじっくり観たい作品です。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。