スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八宝奇兵/八寶奇兵

STORY
凶悪な強盗段のボス、ダイドン(ロイ・チョン)は香港警察から逃れるため、大陸へ逃亡。そこでインチキ気孔師(スタンリー・フォン)やその相棒(エリック・ツァン)間抜けな公安警察(ディーン・セキ)をそそのかし仲間に入れ、香港で銀行強盗を企てようと持ちかける。
 
REVIEW
ロイ兄さん出演作品第2弾「八宝奇兵」の紹介。
この時代の映画はいきあたりばったりな感じで構成もへったくれもないですが、そのハチャメチャさがあるからこそ変に面白かったりもする。

冒頭、強盗団のボス演じるロイ兄さんと香港警察女性部隊の惠英紅との激闘がなかなか派手。惠英紅はメチャクチャ恰好よくて、そんな惠英紅に対しロイ兄さんにしては初っ端から激しいアクションで頑張っております。しかも、警察から逃げる為に嫁の義足に隠していたライフルをぶっ放し、しかも自分の嫁もいともたやすく殺します。うーーーん、極悪だ・・・
一瞬、クライムアクションを彷彿させる演出なんだけど、これってコメディなんだよね。

そんな、兄さんが命からがら大陸へ渡ってからは、何ともゆるーい空気。
ここからお馬鹿キャラ達の登場で主人公はインチキ気孔師や間抜けな警官など、彼らが兄さんにそそのかされ、にわか強盗団ができあがります。
んが、この強盗団が集まりだしてからが面白い。もう、くだらなさ爆発のオンパレード。パターンとしては「五福星」を見ているよう。
サンドラ姐さんが変な恰好で男を誘い、インチキ気孔師の馮淬帆は血を見ると面白いように倒れ、そしてやっぱり曾志偉が足手まといなのね・・・
もう、ベタなギャグとくだらない展開にツボを刺激されまくりますた。

特にナイトクラブでヤクザのボス演じる成奎安が出てきた場面はかなりウケますた。この成奎安も痛いくらいアホすぎて、曾志偉に感動して抱きつくシーンとか、そのバックで流れる「當年情」が笑えた。

んで、そんなにわか強盗団のボスである兄さんなんですが、一人だけ大真面目に悪い奴を演じております。他のキャラクター達とかなり温度差を感じる兄さん・・・
色んな意味で仲間外れのような存在感ですが、いや?この頃の兄さんって美しいのよ、これが。ふと見せる表情も、とにかく男前。しかも蹴りとかしてる足の長さに惚れ惚れですた。いいもの見せてもらいますた。
ん、でも調子に乗って嫌味に笑いまくる兄さんには引きましたけど。
にしても、オープニングで惠英紅にあれだけヤラれていたら、死んでるよ普通・・・すっげー生命力です。


コメディ部分もさることながら、アクションシーンもなかなか面白い。
小道具も使って見せる部分もあるし、特に錢小豪のアクションは見せ場が多くてさすがに興奮しますた。

結局兄さんの企みはバレ、最後はにわか強盗団の八宝奇兵と女性部隊の惠英紅にボコボコにされてしまうわけであります。もう、そのやられっぷりは見事としか言えない・・・兄さん迷ながらも見ていてスッキリしますた。

香港警察女性部隊の惠英紅が出演する場面とにわか強盗団のアホっぷりにかなり温度差を感じましたけど、アクションも笑いもそれぞれが結構見ごたえある物語です。終わり方はアッサリしすぎて「なんなんだ?!!」とか感じましたけど、いい意味で緩い雰囲気はわし個人としてはかなり好きです。
それ以前に兄さんがたっぷり堪能できるって意味でも、この映画は好きです。

あと、邱淑貞のおみ足は必見です。



1989年/香港
監督:霍耀良(クラレンス・フォ)
出演:馮淬帆(スタンリー・フォン)/曾志偉(エリック・ツァン)/石天(ディーン・セキ)/邱淑貞(チンミー・ヤウ)/呉君如(サンドラ・ン)/錢小豪(チン・シウホウ)/廖偉雄(リウ・ワイホン)/曹査理(チャーリー・チョウ)/惠英紅(クララ・ウェイ)/張耀揚(ロイ・チョン)

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。