スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンド・オブ・ドラゴン/龍的傳人 

龍的傳人 
STORY
人生修行のために田舎から香港にやって来た青年。実は彼はビリヤードの腕前がピカ一で、その腕を見込まれ賭けビリヤードの試合に駆り出されてしまう。次々に試合で勝利し、多額の賞金を稼いだ彼だったが…。
 
REVIEW
久しぶりに星爺作品をみますた。
この作品は以前、香港版で観たっきりだったんですけど、今回ようやく字幕つきで鑑賞。
監督は李修賢(ダニー・リー)こと李sir。
こういうコメディ作品も撮れるのね、ってのが意外ですた。

91年製作なんで、『賭聖/ゴッドギャンブラー外伝』の後ぐらいだと思います。
とにかく星爺が勢いづいている頃の作品。
星爺が若くて、かわいらしいんですよねぇ、髪型がたとえキッチリ横分け9:1でも。
やっぱこの頃の星爺好きだわい。

この頃の星爺作品らしいコメディ。
田舎の大地主で武芸の達人、周飛鴻は息子、小龍の世間知らずを心配し社会勉強のために弟弟子、ヤンを付添いに香港へ出す。
ひょんなことからスヌーカー(日本で言うポケットビリヤードみたいなもの)の才能があると気づいたヤンはギャンブル嫌いの小龍をだまして賭け試合で一儲けして…で、てんやわんやな話

展開は『賭聖』を観ているようなベタな展開、ギャンブルがビリヤードに変わったような印象を受ける。
ただ、ホント星爺はビリヤードが結構上手くて実に楽しそうであります。


この頃のシンチーコメディの中では、ちょっとパンチは弱い気はします。
どうみても展開は『賭聖』っぽいですし、そのイメージを持ってしまうと、どうしても比べてしまう。
ビリヤード対決は相手も本物の名手なのでテクニックなどは凄いなぁと関心します
だけど、決めの場面が少し弱い。大どんでん返しみたいな痛快さが足りないのが難点。


まぁでも、随所随所で笑える部分もあって楽しめたりもする
何があっても12時なると寝てしまう所とか、幼馴染の妹弟子、モウ(テレサ・モウ)との掛け合いもなかなか面白くて、基本二人とも、世間知らずなんでキスで妊娠すると思っているってのが可愛らしかったです。
その二人の再会シーンがこれまた星爺映画っていうか・・・笑えます。

前半で星爺のアクションが少しだけど、見れるのもうれしい所。
傘を使ったアクションは動きに見応えがあってよかったです。

成奎安さん、龍方さんが敵役ででてます。この頃のベタな悪役といえば、このお二人でした。
残念な事にお二人ともお亡くなりになりました。
今この作品を観ると、なんだか少し寂しい気持ちになってしまう。

凄いベタで今はこういうコメディも古いのかも知れないけど、個人的にはこの時代の香港映画ってやっぱ好きだなぁと思いますた。



1991年/香港
監督: 李修賢(ダニー・リー)
出演:周星馳(チャウ・シンチー)、元華(ユン・ワー)、毛舜筠(テレサ・モウ)、梁家仁(リャン・カーヤン)、成奎安(シン・フイオン)、龍方(ロン・フォン)
テーマ : 香港電影    ジャンル : 映画

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。