スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コネクテッド/保持通話


STORY
ロボット設計士のグレイスは、6歳の娘を女手一つで育てているシングルマザー。ある日、娘を学校へ送り届けた帰り道、見知らぬ男たちに拉致され、倉庫の中に監禁されてしまう。彼女は破壊された電話機を修理して外部への連絡を試みる。(allcinema ONLINEより)


 
REVIEW
米版「セルラー」をリメイクした香港版「コネクテッド」を鑑賞しますた。
香港がハリウッド映画をリメイクするのは初めてだそう。
それを聞いた時はかなりの不安にかられましたが、実際鑑賞するとそんな事気にする必要は無かったです。
感想は?と言えば、んもーーー!!!かなりの出来。上出来すぎ。


監督は『香港国際警察/NEW POLICE STORY』や『インビジブル・ターゲット』の陳木勝(ベニー・チャン)
この監督は作品を出すごとに、映画の質が上がっていっていると感じますた。
エンターテイメントに優れて見せ方がかなり上手い。
この作品もハリウッド映画のリメイクにも関わらず、正直オリジナルよりもかなり良かったです。


物語はロボット設計士のグレイスが突然何者かに監禁される事から始まる。そこは、ロボット設計士らしく?壊された電話の部品を繋ぎ、どうにか外部との接触を試みたところ、一人の男・アボン(ルイス・クー)の携帯電話に繋がり物語は展開していく。


もう、最初からハラハラしっぱなしの連続。開始早々、目が離せなくなってしまった。
お互いが顔も知らず、電話一本で繋がった緊張感。状況が電話を通してしか知らず、刻一刻と緊張感を増す。

グレイスを助けようとする主人公アボンは冴えない一般人で、一人息子がいる父親だ。
仕事にかまけて息子との約束を普段果たせずにいるアボンは、息子と空港で見送る約束をする。だが、グレイスのSOSで彼は空港どころか、ありとあらゆるトラブルに巻き込まれていく。
この普段冴えない男が、必死になってグレイス達を助けようと奔走する姿がよかった。
だからこそ、物語は俄然面白さを増していた。


もちろん劇中のカーチェイスや、携帯充電会社の場面、断崖絶壁の場面、そして空港での攻防戦、どれを取っても手に汗握って
楽しめる。安心したと思えば、次から次へと仕掛けを出してくるので、そこは娯楽的な面白さも感じますた。
ちょっと、アボンの場面で飽きが来そうだなぁと思えば、グレイスの場面の緊張感に切り替わったり、そして交通課の警官・ファイの場面に切り替わったりとなかなかリズムがいい。
オリジナルでは英語訛りの違いをここでは北京語と広東語の違いで事件に気づく演出がよかったなぁ。
あの場面は印象的ですた。


キャスティングとキャラクター設定がよかった。
主人公・アボンもグレイスもシングルマザーでお互い子供がいるって共通点が、成り行き状だけど、アボンを必死にさせる要因だったと思うし、あのアボンの雰囲気も設定上いい。

バービィー・スーもいつの間にこんな役できるようになったんだろう。
アイドルのイメージがすっかり抜けて、女優さんだなぁって感じた。儚げに見えて強い母親ってのも良かったです。
でも、やっぱ母親にしては可愛いすぎだとは思うけど。


アボンの状況で事件に関わる交通課のファイの存在もいい。
今では左遷され交通課に勤務している男でかつての部下のイヤミに耐えていて、でも刑事の勘が冴え渡る昔気質の刑事って感じがよかった。そして、イヤミな元部下も物語には必要不可欠な存在で良かった。


そして、誘拐犯のリウ・イェが怖い、怖い。
サングラス外した瞬間「どえぇぇえぇ??!!アンタ、リウ・イェかえ??」ってなりますた。わしのイメージにあるリウ・イェと違ったんで・・・でも、凄い存在感。
最初っから怖い存在だったけど、サングラスを外してから、さらに怖いんだよ。
なんか目つきが狂気を秘めていて残虐性があって、スゲー上手いんだよね。
ほんと、いい俳優だ。


物語は前半はかなりのスピード感と「???」ってな謎を含めて展開。
後半は少しずつ謎が解き明かされ、物語は二転三転と先の読めない緊張感が漂う。
ちょっとコミカルに、ほんのり切なさもある。
香港映画のアクションの底力と陳木勝監督のエンターテイメントな演出が功を奏す。そして、役者の存在感。
もう、素直に面白かったです。これは、香港映画が得意じゃない人にも奨められる一作だと思います。
これぞ香港パワーです、ハイ。




2008年 香港
監督:陳木勝(ベニー・チャン)
原作:ラリー・コーエン
出演:古天樂(ルイス・クー)、徐熙媛(バービィー・スー)、張家輝(ニック・チョン)、劉[火華](リウ・イェ)、張兆輝(エディ・チョン)、陳慧珊(フローラ・チャン)
テーマ : 香港電影    ジャンル : 映画

Comments

SOFFYさん> 
SOFFYさん、こんばんは。
密かにレビューUPしてますた。

この映画はかなり面白かったですねー!!
香港映画をあまり知らない友人達にもオススメしたら好評でした。

キャスティングも本当に良かったです。古仔とチョンちゃんはホント、いろいろな役をこなすようになって来ましたね。
リウ・イェ君はやっぱり上手いっていうか、上手過ぎて怖かったです。でも良い役者さんだなぁって思いますよ。

携帯の店員役の人、映画観ながら
『とっとと、仕事せんかーーーい!!』と叫んじゃいますた(笑)
鎮宇並み 
なんだか沢山UPされてて(笑)
とりあえずこの作品にコメントを。

劉[火華]君はこの作品で鎮宇をみました。
目の演技、こみ上げてくる悪さ(?)表情。
観てると自然に鎮宇が重なりました。

Ayuさんの言う通り、これはキャスティングが大正解ですよね!
古仔もチョンちゃんもはまっていたと思います。

で、むっちゃ余談ですが・・・
携帯電話の店員役をしていた王祖藍君、最近お気に入りです。
この映画の時には1番ムカついたんですけどね(^^;
おみさん> 
おみさんもご覧になりましたか!

私もこの映画が公開されたとき、結構評判がよくて楽しみにしてました。

>あ!それにコネクテッドは2007年の香港映画金賞の編集部門で優勝しました!

やはり、そうでしたか。
リメイクした作品は失敗が多いのに、この作品はオリジナルよりも面白いと思いました。

映画ってのは、内容が同じでも監督や出演者、編集と様々な要素で色んな角度で楽しめるのが凄いですよね。

ほんと、この作品はリメイクとしてはかなり優秀な作品だと思いました。
Unknown 
私も見ました!
あの携帯の充電器を買うシーンはめっちゃ面白かったですね(笑)
最後映画が終わったと思いきや、まさかの展開も凄くよかったと思います。
あ!それにコネクテッドは2007年の香港映画金賞の編集部門で優勝しました!
確かにリズムがよかったですからね

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。