スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンフーダンク/功夫灌籃


STORY
孤児のファン・シージエ(ジェイ・チョウ)は、カンフーの達人に育てられ、みずからもまたカンフーの使い手になった。そんなある日、シージエが空き缶を巧みなコントロールでゴミ箱に投げ入れると、それを目にしたリー(エリック・ツァン)が彼をスカウト。大学のバスケットボール・チームに連れていかれたシージエは、バスケの基本さえ知らなかったものの、次第にバスケに慣れ、チームにも溶け込み、勝利の立役者として大活躍するようになるのだが…。(yes asiaさん抜粋)
 
REVIEW
ジェイ・チョウ主演『カンフー・ダンク』鑑賞しますた。
タイトル通り、「カンフー」と「バスケ」を融合した内容です。
ジェイのファンのクセに、あまり期待していなかったこの作品、でも予想外に面白かったです。
まぁ『少林サッカー』の二番煎じ的な部分は否めないし、さすがに『少林サッカー』ほどの出来映えではないですが。

物語は、捨て子の主人公シージェの才能に目を付けた中年男のリーは「親を捜し続けるバスケ少年」と謳い、シージェをバスケの道へ引き込むんですね。んで、どんどんバスケが上手くなって、試合に勝ち続け決勝を迎える訳ですが、その相手というのが、悪質で有名なチームという訳です。って、書いているうちに『少林サッカー』じゃん!って気になる。


でも、こういう映画は娯楽作として観たら結構面白いし、アクションシーンはかなり見応えがあり物語はテンポよく見れますた。あと、ジェイがバスケを覚えていく過程でボールを上手くコントロールしている場面はファンとしては見応えあり。っていうか、ホント器用な人よねジェイって。


んで、その主人公ジェイなんですが、主人公の割に華がない・・・。素朴っつーより、最後まであか抜けない雰囲気を醸し出している。却って、同バスケチームのチェン・ボーリンとバロン・チェンが華やかだったりする。
ジェイを知らない日本人が見ると、「なんで、この人が主役??」とならないだろうかとファンながらに心配ですた。
でもあんな素朴な感じのジェイが好きなんですけどね、個人的には。


物語は、バスケシーンはもちろんのこと、カンフーアクションシーンが満載で個人的には結構楽しますた。
特に前半のバーでのチンピラとの喧嘩の場面はなかなかのスケールの大きいアクションとこの映画の主題歌である「周大侠」が合わさってよかった。そして、あのバーの雰囲気ていうか赤が印象的なセットがアクションシーンで破壊されていく様は芸術的で印象強かったです。



ハチャメチャで何でもありみたいで、ツッコミどころも多々あり。
ただカットされている部分もあって、結構話が見えない所が気にはなりますた。
バスケの試合の中盤の4人の師父はいるのだろうか?とか、クライマックスの「瞬間移動」とかやりすぎな部分もありましたけど、映画としては軽く楽しめるタッチでよかったと感じる



役者は、チェン・ボーリンの役がよかったですねぇ。
ある事がきっかけで酒浸りになってしまった男だけど、それをクライマックスで活躍させた所がよかったし、そこで主人公がバスケはチームワークって事に気づく場面は好きですた。


あっ、ジェイのお友達であります劉畊宏(ウィール・リュウ)もライバル役で出ています。
イヤミ加減が観ているコッチまで怒りが移るようなキャラで、わかりやすい敵役ですた。
『頭文字D』のときとキャラが被っている気がしないでもないけど、物語には不可欠な存在でなかなか印象強かったです。
実はあてくしはこのお方が結構好きだったりします。


あとねぇ、やっぱジェイは凄いっていうか、メイキング観ていても結構体当たりで頑張っていますた。
この人は天才肌だけど、それ以上に努力家なんだなぁと。そこが凄いなぁと感心する。



物語は突っ込みどころもあるし、説明不足な点もあります。わかりやすい展開と定番のオチでもあります。
でも意外にその定番に乗せられて、ちょっとホロってなる。
意外にも展開は王道だけど思った以上に面白かったです、ハイ。




2008年製作 台湾/香港/中国
監督:朱延平(チュー・イェンピン)

出演:周杰倫(ジェイ・チョウ)、陳柏霖(チェン・ボーリン)、蔡卓妍(シャーリーン・チョイ)、陳楚河 (バロン・チェン)、劉畊宏(ウィール・リュウ)、曾志偉(エリック・ツァン)
テーマ : 香港電影    ジャンル : 映画

Comments

ronさん> 
ronさん、こんばんは。

確かに脚本云々は気にしなくていいかも?です。
思った以上にJAYはアクションも頑張っていたし、結構面白かったですよ?。
でもホント、ボーリン君とバロン・チェンに華がありすぎて、主人公が地味ってどうよ?って思っちゃいました(苦笑)
しかも、もっさいし。(←・・・オイ!)

私の知り合いも「この人アジアで人気あるんだよね???」ともの凄く疑ってました(笑)

でも、ほんと器用な人だなぁと思いました。
メイキングでも極力自分でアクションとか希望したそうですよ。

でもやっぱり、JAYは音楽が一番なんですけどね・・・
やっぱり 
どもです!なんだか久しぶりに映画ブログにコメント香いてます(汗)。

そうですね、Ayuさんもきっとどの人も「少林サッカー」と思われますが…でもこのさい脚本云々は抜きですよねぇ?「少林サッカー」超えられずとしてもアクションシーンは最高だったと思いますし。

あと、ジェイ=バスケがファンとしては観てみたかった!!と思うので、そこのツボをしっかり押さえてくるジェイくんに感謝しちゃいます。

>ジェイを知らない日本人が見ると、「なんで、この人が主役??」とならないだろうかとファンながらに心配ですた。

そうなんです…日本公開したときに1番に考えましたよ。映画館で周りの反応とか見ちゃって…バスケをやってるだろう小学生の子達とか…こっちがヒヤヒヤでした。でも観たあとにジェイはカッコイイって思ってくれたら良いな?と、母心ですねぇ?なんだか。

おっと、コメントにまとまりがなくてすみません。とりあえず、ジェイ映画も…期待はしてます(笑)。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。