スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイニーズ・オッデセイpart1 月光の恋/西遊記第壹佰零壹回之月光寶盒

STORY
伝説の経典を求めて旅をしている三蔵法師一行。厳しい修行に耐えかねた孫悟空(C・シンチー)は、牛魔王と謀って三蔵法師を殺そうとする。それを観世音菩薩に見つかってしまう悟空。三蔵法師の助命嘆願により、かろうじて助かったものの、彼は500年後の人間世界に飛ばされることに……。そして500年後。五霊山のふもとで徒党を組むチンポウ(C・シンチー)のところに2人の女が現れる。彼女たちは、実は妖怪で、チンポウが孫悟空だとにらみ、契りをかわそうとやってきたのだ。だが、自分が孫悟空だという自覚のないチンポウは……。
(all cinemaさんより抜粋)
 
REVIEW
一度レビューしましたが以前のものはpart1,part2を一緒にレビューしていたので、きちんと分けてレビューしなおしますた。

西遊記をベースに描いたお話。というか、主人公が孫悟空になるまでのお話といったほうがいいかも。
物語は時空を縦横無尽に駆けめぐり複雑な構成。長編ということもありパート1、2に分かれています。


シンチーは孫悟空の役でもあり、生まれ変わった山賊の頭、チー・チンポウの役でもあります。...にしても孫悟空の役は似合いすぎ!また山賊姿の星爺も格好いい&可愛かったりする。
あっでも冒頭あたりは髭もじゃだし眉毛も繋がって、一瞬シンチーだと気づきません(汗)


このパート1は白骨精ジンジン(カレン・モク)とチンポウ(シンチー)の恋が展開するなかコメディ色が強く描かれています。ジンジンに恋したチンポウがてんやわんやで面白い。

そして、ロー・ガーイン演じる三蔵法師やン・マンタ演じる副頭領&猪八戒、葡萄菩薩演じるジェフ・ラウなど、チンポウを取り囲む周りの濃いキャラクターも印象的


蜘蛛精サーロン(ラム・キットイン)と白骨精ジンジン(カレン・モク)の存在がやっぱりいい。
part2で女性陣はさらに増えるしpart2ではアテナ・チュウがメインになるけど、ふたりとも強烈なキャラだけど、色気があって楽しいキャラクターですた。


でもまぁよく次から次へとドタバタを描けるなぁと変に感心したりもする。
一見ドタバタでコメディなんだけど構成も演出も結構凝った作りで見ていて飽きない。



わしこの映画何回も見ているんですけど、よく見るといろんな伏線があって観るたびに新しい発見がある。
でもこのパート1はパート2に向かうための前フリ。でも前フリとは思えないくらい楽しめます。そしてこれを観ないとパート2の話が解らなくなるので必見。

まさかpart2であんな切ないラストが待ち受けるとは・・・




1995年/香港
監督:劉鎮偉(ジェフ・ラウ)
出演:周星馳(チャウ・シンチー)/莫文蔚(カレン・モク)/藍潔瑛(ラム・キットイン)/朱茵(アテナ・チュウ)/呉孟達(ン・マンタ)/羅家英(ロー・ガーイン)


テーマ : 香港電影    ジャンル : 映画

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。