スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イップ・マン/葉問2

葉問


STORY
1950年、イギリスが統治する香港。家族と共に広東省佛山より移住してきた詠春拳の達人、イップ・マン。さっそく詠春拳の武館を開いた彼のもとに、血気にはやる若者ウォンが弟子入りする。そんなイップに、香港武術界を仕切る洪拳の師範ホンは武館開設のための掟を告げる。それは、他流派の師範たちの挑戦を受けるというもの。そしてイップは立ちはだかる挑戦者たちを次々と退け、ついにホンとの一騎打ちを迎えるが…

REVIEW

「イップ・マン 序章」の続編。舞台は広東省佛山からイギリス統治の香港へ。

 
前回、友人チョウの手助けで命からがらに逃げ延び、香港で詠春拳を広げるために武館を開く。まぁイップに惚れ込んだウォンが弟子となり、門下生も増えて生活も安泰かなーなんて、そうは問屋が卸さないわけです。

この弟子ウォンが血気盛んなおかげで洪拳の師範ホン(サモハン)と対立状態に陥るわけです。んで、武館もままならない状況に。
まぁこの洪拳の師範ホンは香港のあちこち点在する門派の元締めで武館をやるならその実力を見せろとイップに迫るわけで。。。
っと、ここが前半のかなりの見せ場!円卓の上にイップと各門派のお師匠さんたちが手合わせするわけですよ、ここがもう燃える。どんどん勝利して最後はホンと手合わせなんです。もう連打連打の大騒ぎ、ここは神場面です。鳥肌もんの鼻血もん。マジ燃えます。

んで、なんだかんだありつつも、ホンとイップにちょっとした友情みたいのが生まれつつあったわけですが、ここでも一筋縄では行かず、そこはイギリス統治の香港、中国人よりイギリス人が力を持っているわけでして。んでホンはイップをボクシング大会に招待するんだけど、ここでもいけ好かないイギリス人ボクサー、ツイスターが現れるわけです。

んで、ここで色々ありましてホンはツイスターに撲殺されて、イップがツイスターに挑む事になるんですが、個人的にイップVSツイスターよりやっぱりイップVSホンの戦いが印象的だったりする。

んーなんだろう?どっかで観た展開と思ったらスタローンの「ロッキー4」のようなジェット・リーの「スピリット」のような錯覚に陥るわけです。

ん、でもまぁ中国人のアイデンティティを取り戻す戦いが描かれていて、最後の死闘はなかなか見応えがありますが、イップのやられっぷりにちょっとショックを隠しきれないわけです。おかげでヒートアップしたけどね。

後、「序章」にも出てた友人チョウが銃弾で頭を撃たれておかしくなって乞食同然の生活に美を落としていたのが何気に切ない。。。
それと、カム・サンチャウが家庭持ちになって丸くなっていたのが、ちと寂しい。
っつか、そこ扱い雑。。。

でもまぁ、それを踏まえたうえでもやっぱこの映画面白いわ。

本当、イップ・マンの魅力満載。やっぱあの穏やかで美しい佇まいと強さ。
武術をする者の誇りだったりで何もかもに「漢」を感じる。
いやー、やっぱ女子に生まれたからにはこういう人に惚れるわ。っつーくらい「漢」

ドニーさん、ほんと巧く演じてくれた。イップって人物像に感情移入しまくりながら憧れたわー。メロメロでござる。

最後に占めで出てくるあの生意気な少年。後のブルース・リーがちょこっと出てくる場面がかなり気持ちのいいラスト。


カンフーアクションに惚れ、イップに惚れ、凄い楽しめるエンターテイメントな映画です、はい。

観ているうちにバックで流れるサントラがちょっと欲しくなってきた。。。


2010年 香港製作
監督:ウィルソン・イップ
出演:ドニー・イェン、リン・ホン、ホァン・シャオミン、ダーレン・シャラヴィ、サモ・ハン・キンポー

Comments


« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。