スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楊家将 ~烈士七兄弟の伝説

楊家将 ~烈士七兄弟の伝説~



あらすじ
中国・宋王朝の時代。敵国・遼の軍が接近し、“楊無敵”と称される宋の忠臣、楊家の家長・楊業(アダム・チェン)が先鋒隊を務めることとなる。遼軍を率いる耶律原は楊業がかつて討ち取った将軍の息子。その耶律原が楊業を捕らえたため、楊家の7人の息子たちが父を連れ帰るべく敵陣へと向かう。


レビュー

約1年半ぶりの更新。エラいすんまへん(汗)
っつかDVD持ってんのに未見と思い観賞。

中国で「三国志」「水滸伝」「西遊記」と並ぶ人気大作「楊家将演義」の一部を映像化した作品



宋王朝辺りの歴史が結構好きってのもあるんだが個人的にはめちゃくちゃ楽しめた
歴史モノ苦手な人はどうかなぁって気もするけど戦闘シーンがかなり面白く且つ中華圏の役者好きには楽しめると思う

物語は宋王朝時代、楊一族の家長、楊業が侵略してきた遼国を討つため先陣を任される。敵軍はかつて楊業が10年前の戦いで打ち破った将軍の息子、耶律原が居た。耶律は楊一族を滅ぼす事にそれこそ人生賭けてる男なのですよ。
また楊業は自国の指揮官である播仁美と軋轢があり、楊業の7番目の息子延嗣に息子を殺され関係が悪化しているわけです。
んで、敵軍耶律に追い詰められ播仁美にも裏切られ窮地に追い詰められしまうわけです。んでそれを知った楊家の息子7人は親父を助けるべく出陣となる。

ってとこまでは、物語のテンポが遅く感じるんですが両狼山で父と息子達が合流してからはリズミカルに展開して怒涛の戦闘シーンに興奮を覚える

ただ物語に馴染みの薄いので両狼山までの遅い展開の間に多少の説明があってもいいかなとは思う。

だけどそれを持ってしても、やっぱ物語に入り込めるのは良かった。

前半、7人兄弟がイケメン揃い!!っつかキャスティング力入ってんなぁとか結構、邪な目線で見てたのに
もうね息を飲む戦闘シーンとか、闘いに向かう息子達への母親の想いとか、兄弟たちの死を覚悟している表情とか、窮地に追いやられても父の亡骸を家に帰らせて母親に会わせたいって想いとか感情移入するわけです。
「七子行き、六子戻る」
この予言が後半切なく思い出す。

んで、兄弟一人一人が死地へ向かう見せ場とか結構グッとくるわけですよ。

多分、主人公は「楊家将演義」の要の人物である六男、延昭役のウーズンだと思うけど、長男・延平(演=イーキン・チェン)と三男・延安(演=ヴィック・チョウ)が印象強い。なかなかのキャラクターで戦闘シーンの見せ場がとにかくかっこいい

特に三男の延安は弓矢が武器なんだけど、そこが惚れ惚れするくらいキレがいい。だがしかし、わし延安役が仔仔(ヴィック・チョウ)と途中まで気が付かず。。。ヒゲ伸ばしてんだもんw
随分と男前なにーちゃんだなーと思ったら仔仔じゃった。そら男前だわw

んでクライマックスで六男、延昭が耶律と闘うんだけど、そこがまたねぇ
耶律が兄弟の武器を引っさげて延昭に迫ってくるんだけど、そこでの場面がグッとくる。兄弟の使ってた武器の演出とか父の屍を届ける想いとか泣ける。

楊家の「忠」「厚」「仁」「義」という生き様がかっこいいのだ。

こういう歴史武侠モノ観るって久しぶりw エンターテイメントでアクションの迫力に魅了され満足
わし、こういうの好きなんだよなぁと改めて実感できた。個人的にもう一度観たい映画ですた。




2013年中国・香港

監督 ロニー・ユー
アクション監督 トン・ワイ

出演
アダム・チェン(鄭少秋)/イーキン・チェン(鄭伊健)/ユー・ボー(于波)/ヴィック・チョウ(周渝民)/リー・チェン(李晨)/レイモンド・ラム(林峯)/ウーズン(呉尊)/フー・シンボー(付辛博)/シュイ・ファン(徐帆)/シャオ・ピン(邵兵) 

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。