スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センチュリー・オブ・ドラゴン/龍在邊縁(



STORY
警察学校を卒業した警官のシン(ルイス・クー)は元ヤクザで今は真面目な実業家として活躍しているフェイ・ロン(アンディ・ラウ)の動向を探るため彼に近づくよう潜入捜査を命じられ・・・
 
REVIEW
この作品、王晶(ウォン・チン)が製作なので、コメディと思ったら真面目な内容だった。黒社会、潜入捜査と言うことで「無間道」を思い浮かべると思うが内容はまったく違います。まぁ「無間道」より前に作られた作品だし、本作が「無間道」よりも前で良かった。「無間道」が極上作品なら、この作品は良作だから。

ストーリーは先が読めてしまいますが、登場人物がイイ線いっているので楽しめると思う。この作品アンディもルイス・クーもそれぞれカッコイイ。ファンはたまらんだろうなぁ・・・
また、フェイ・ロンの奥さんデイジーの役したスーキー・クワンがかっちょええオンナを演じているので見応えアリ。

ラストのオチも良かった。頂点を極めた男は一筋縄ではいかないってか?というような小気味いいラスト。

ただ、今回アンソニー・ウォンの演じたパオは悲しかったです。主人公フェイ・ロンよりパオの方が可哀想だよ・・・パオの息子を演じたパトリック・タムの目が恐いのなんのって。ありゃヘビの様な目だ(存在感出まくりよ)でも最近、お気に入りの俳優です。


1999年/香港
監督- 霍耀良(クラレンス・フォ)
出演-劉徳華(アンディ・ラウ)/古樂天(ルイス・クー)/譚耀文(パトリック・タム)/關秀媚スーキー・クワン/黄秋生(アンソニー・ウォン)

Comments

私もびっくり! 
ホント王晶っぽくないですよね?。
あっ!こちらもTBありがとうございます。

確かにパトの目は恐かった?。
でもああいう顔キライじゃない・・・。
邪悪そうで(笑)
アンディはやっぱり男前やわ?!
王晶!! 
私も彼が製作なのにこの内容で驚きました。
アンソニー・ウォン、本当に痛々しかった。
ほとんど台詞がなかったのでは??
>ありゃヘビの様な目だ
 そうです(笑)胡散臭いオーラがでまくってました
!!


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。