スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒットマン/殺手之王



STORY
香港の殺し屋の中に自分が許し難い相手だけを無償殺すという「炎の天使」という謎の殺し屋が存在した。ある日、日本人の富豪がその「炎の天使」によって殺害される。だがその富豪は自分が殺されたときのために’復讐基金’を設立していた。その’復讐基金’の為、各国からトップクラスの殺し屋が「炎の天使」の正体と抹殺をするため集結する。 金を稼ぐため大陸からやって来た特殊部隊上がりのフウ(ジェット・リー)は成功報酬欲しさに復讐基金の会議場へ向かい、そこで一人の男・ノウ(エリック・ツァン)と知り合う・・・
 
REVIEW

いや~面白かったす!途中ごちゃごちゃしたカンジもありましたが、ストーリーも構成もなかなかよく、アクションシーンは見事。さすがジェット・リー。元々アクションが出来る役者は無理なくソツなく美しいアクションで一味違います。

ジェット・リーとエリック・ツァンのコンビもなかなか面白かった。ジェット・リー演じるフウは優しすぎて殺し屋に向かないし、エリック・ツァン演じるノウも一癖ある男だが実は娘が一番大事で優しい男を演じている。エリック・ツァンはホントこんな役上手いと思った。(ちなみに娘役はジジ・リョン)


敵役の佐藤圭次のセリフは棒読みな感じですが雰囲気や表情が生かされていてイイし、何より刑事を演じたサイモン・ヤムが渋くてステキだったわ。意外とアクションできるし

結構早めな展開で「炎の天使」の存在がわかりますがそんなことカンケーなく楽しめた。ストーリー云々よりアクションとして観ると上質。ジェット・リーの大陸訛りの広東語も新鮮だった。(ジェット・リー自らの広東語吹き替えって珍しいなぁ)


1998/香港
監督- 菫王韋(チュン・ウェイ)
出演-李連杰(ジェット・リー)/曾志偉(エリック・ツァン)/佐藤桂次/梁詠淇(ジジ・リヨン)/任達華(サイモン・ヤム)

Comments

ジェット・リーは 
一時期はマジで引退宣言して、
中国に戻るみたいな話もしてたみたいですが、
最近の著書を見ると今は未だ頑張ってみよう
みたいな事を言ってました?
一安心、一安心。

「ダニー・ザ・ドッグ」はハリウッドを
観るみたいなカンジで観たら・・・らしいです。
アタシはJ・リー好きだし楽しめると思いますが。
Unknown 
私もCATVで見ました、これ
この頃のリー様、引退しようとしてたって聞いたことあります
ハリウッドからお誘いあって思いとどまったと・・・よかったよかった
ダニーザドックを今週あたり見に行こうと思ってます最新作は中村獅堂と共演するみたいだしまだまだリー様人生続きそうです?

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。