スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの日かこの愛を/伴我闖天涯



STORY
密輸事件の捜査が進行していた矢先、当局が目を付けていた店の女性経営者が殺されてしまう! ルウ刑事は被害者の妹シェーと共に背後にいる香港マフィアに迫っていくのだが・・・
 
REVIEW

拳銃密売の事件をきっかけにラウ(ユンファ)とシュー(チェリー・チェン)が次第に惹かれ合っていきますが、それが自然に描かれていてすんなり観れた。

妻子を亡くしたラウと離婚経験のあるシューの大人の穏やかな恋愛感情が観ていて安心させる。ファンタジーだったり、激しい感情がぶつかるようなラブ・ストーリーよりもこういった感じのストーリーの方が好きっすね~私。っていうかそれ以前にラブ・ストーリーなのかこれ?

また、子役の女の子がスゲーおしゃまな女の子でかわいいのよ。ストーリー展開の中でいい感じでポイントをついていた。エレインと確執があったエレイン&シューの親父は孫のカカを素直に可愛がれなくて辛く当たるんですが、そのシーンが可哀想なのなんのって・・・。まっ後に反省するんですけどね。なんつー酷いジジィなんだ!と思ったよ。

またシューの元ダンナもなかなか勝手な男なんだが、こういうオトコって世の中に結構いるんだよね~なんて視線で観れて面白かった。女は好きな男がいると昔のオトコなんてどうでもいいのよ~みたいなテイストをチェリー・チャンがきっちり演じている。


この作品にもロイ兄さんこと、ロイ・チョンがラウをしつこく追う殺し屋役で出ていましたが、相変わらず極悪非道です。もう、これでもか!ってくらいユンファ兄さんを追いかけ回します。そこが結構見ごたえあり。



1989年/香港 
監督- 林嶺東(リンゴ・ラム)
出演-周潤發(チョウ・ユンファ)/鐘楚紅(チェリー・チャン)/ヤン・チャン/ルン・ウォン/張耀揚(ロイ・チョン)

Comments

ゆうこさん> 
あの、おしゃまな女の子可愛かったです。もうホント「くそジジイめ!!」って思いましたもん。

ユンファとチェリーさんの道の真ん中での信号待ちシーンが結構好きです。なんだか、二人が徐々に近づいて行くところがいいんですよね?。

もう、ロイ兄さんは「これでもか!!」ってくらい、追いかけ回してましたね。それにしても筋が通ってしるのか通ってないのか解らないキャラでしたよね。
あの女の子、 
かわいかったですねぇ。どうして、爺さん、あんなにつらくあたるのよ・・と思いましたが、あの爺さんもつらかったんだろうな、とも思いましたが、子供には罪ないだろう?とやっぱり思います。
ユンファとチェリーさんの惹かれあっていく姿、よかったです。
わたしも、ファンタジーみたいなやつとか、おもいっきりラブ・ストーリーなのより、こういう風な感じは好きです。
ロイさん、しつこく復讐心を燃やしておりましたね(笑)
チョン・プイがけっこうあっさりしていたのが、ちょっと残念でした。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。