スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せはイブの夜に/大富之家



STORY
富豪の大家族ヤウ家の母は、常に家族の事を案じていた。長男のフー(レイモンド・ウォン)は、酒が原因で離婚され娘に会うことも止められていた。次男のクワイ(レオン・カーファイ)は売れっ子漫画家だが少し吃音があり、父親との折り合いも悪い。クリスマス・イブの日、ヤウ家の長女・オン(テレサ・モウ)がフランスでの留学から帰国。従兄弟のチョン(ラウ・チンワン)はオンの帰国を心待ちしていた。
ところがオンの側には友人のロバート(レスリー・チャン)が。ロバートの風情を見たヤウ一家は困惑する。オンの帰国の為、親族パーティを開いたチョンはその席でオンにプロポーズをする。だが、オンはチョンに従兄弟以上の感情はなく、それを察したロバートはチョンに、オンはすでに自分と婚約している。とその場しのぎの嘘をつく。その嘘の為、ロバートはヤウ家に婚約者として居候し・・・。
 
REVIEW
様々な問題を抱えたヤウ家にレスリー・チャン演じるロバートが救世主となるような、ほのぼのとした内容で、笑いのツボもしっかり押さえられている。ここで演ずるレスリーは自由人といった風貌でちょっとロン毛だが、やっぱレスリーは短髪の方がいいです。最後は髪を切りますが・・・

内容は一人、一人にちゃんとキャラや見どころがあってテンポがいい。しっかし、レオン・カーファイは上手い役者です。シリアスからコメディまできっちり演じる人だとつくづく感心。特にこの作品のカーウァイ可愛らしくて好きですね~。また、レイモンド・ウォンの女装も笑えます。ラウ・チンワンも相変わらずインパクト強。

正月映画らしくハッピー・エンドだが、ちょっとジーンとくるものもあってお得な気分になる作品。家族で見て欲しい作品の一つですね。

また、ヤウ家のおじいちゃんを演じたクワン・タッヒンは「黄飛鴻シリーズ」を演じた名優。「黄飛鴻」と言えば最近はリー・リンチェイのイメージの人も多いが、それ以前は彼のイメージだった。この人の「黄飛鴻」も是非観て欲しい。この作品でも彼の「黄飛鴻」がちょっと観られます。またこの作品が彼の最後の作品となりました。

そういった意味でも香港映画好きにはたまらない作品の1つだと思う。ワタシの中ではレスリー・チャンやレオン・カーファイより、この名優・クワン・タッヒンがツボで主役だった


1994年/香港
監督- 高志森(クリントン・コウ)
出演-張國榮(レスリー・チャン)/梁家輝(レオン・カーファイ)/毛舜[竹/均](テレサ・モウ)/劉青雲(ラウ・チンワン)/袁詠儀(アニタ・ユン)/鄭裕玲(ドゥドゥ・チェン)/黄百鳴(レイモンド・ウォン)/關徳興(クワン・タッヒン)

Comments

ようこそ 
初めまして!zoecchiさん、お越しやす!TBもありがとうゴザイマス。         この作品は楽しいですねー。レスリーや他の出演者も豪華で内容も笑いのツボをしっかり押さえらつつ、ちとホロリとなる所がいいですね。   今、実はPCの調子がおかしくなってしまっていてレビューが書けない状態なんですが、復旧しだいレビューの方も復活しますんで、またいつでも遊びにいらして下さい。 いろんな香港電影&明星について語りましょう!!
はじめまして。 
香港映画つながりでこちらのブログにたどり着きました。ここはお気に入りのブログのひとつで、いつも拝見しさせていただいてたんですが、今回おもいきってコメントさせいただきました。
私はレスリー・チャンをきっかけに香港映画の魅力にはまり今では毎日、香港映画三昧の日々を送っています。
この作品は私も最近観ました。このレスリーにはかなりドキドキさせられました(*^^*)とてもステキな作品だと思います。
香港映画はまだまだ初心者ですが、これからもちょくちょくおじゃまさせていただきますので、よろしくお願いします。
TBもさせていただきます。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。