スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァーチャル・シャドウ 幻影特攻 HOT WAR/幻影特攻



STORY
タンゴ(鄭伊健)、CS(陳小春)、ブルー(陳慧琳)は幼なじみで米国CIA開発のVR戦士(バーチャル・リァリティー・ファイター)を開発している研究員。また、タンゴとブルーは恋人同士でもあり、CSは恋人ケイト(樋口明日香)との結婚を間近に控えていた。CSの結婚式当日、凶悪なテロリスト・エイリアン(尹子維)が3人の前に現れ、エイリアンはブルーを誘拐、ケイトを銃殺する。ブルーを取り戻すため、殺されたケイトのためタンゴとCSは自ら実験台となりVR戦士として生まれ変わり、エイリアンが潜伏している香港へむかう。
 
REVIEW
個人的にこの映画好きです。まぁ激しくツッコミどころも多いですけど。
例えばVR戦士になる過程とか・・・子供向けの戦隊ものを見ているような、妙なチープ感も漂ってます。


あと、テレンス・インがなんであそこまでテロを起こそうとするのかとか(つーか、自分に何のメリットがあんの?)・・・、なんで香港の孤児院で育った3人ともがCIAの研究員なのかとか・・・
まぁ香港映画だしそんなツッコミ所はありますが、それを含めてかなり楽しめますた。


ハッピーエンドではないし、どちらかというと救われない、悲しい結末だったけど脚本がよかったんだろう。(構成はメチャクチャだけど)ちなみに製作は成龍(ジェッキー・チェン)、監督はこの作品で初監督を飾った馬楚成。

しかし、この作品コハルが主人公のような・・・相変わらずコハルに喰われちゃってますイーキン。


でも、イーキンの涙ってイイのよ~。女を失って悲しむ役が板に付いていて似合うんだわコレが。
テレンス・インも悪役がサマになっていて美しくて冷酷な悪ですた。このまま突き進んで欲しい気がするよ。そして、やっぱりコハル!コハルの最後のシーンがね、もうこれ以上ないってくらい悲しみを秘めた瞳をするんだわ。もう、その場面だけですべてOKのような気がするくらい、よかった。


やっぱり香港テイストな、おセンチなラストが却って良かったのかも知れないと思った一本


1998年/香港
監督- 馬楚成(ジングル・マ)
出演-鄭伊健(イーキン・チェン)/陳小春(チャン・シウチョン)/陳慧琳(ケリー・チャン)/尹子維(テレンス・イン)

Comments

Unknown 
anyさん>

こちらも確かに面白かったです!
香港映画の近未来モノとしてはきちんとした仕上がりだったし、でもやっぱりツッコミどころもあったし。
巨大扇風機は「なんじゃ?こりゃ!」と笑ってしまった。
小春は結構好きな明星の一人ですから『イニD』の時は嬉しかったですね?。
こちらにも 
この作品も突っ込みどころ、満載でしたね。
ラストに巨大な扇風機を背負って空を飛ぶシーンなんか大爆笑でしたよ(笑)
それでも、ストーリーそのものは結構しっかりしてて、面白かったです。
イーキンが主役と思ってたら、完全に小春さんでしたね、主役は。
小春さんは決して男前とは言えないかもしれませんが、いい味だしてますよね。
『頭文字D』で久しぶりに観て、嬉しかったです。
ジングル・マ監督は好きなんですが、年末か正月に公開される『シルバーホーク』が結構楽しみだったりします。
Unknown 
hanaさん>

そうそう、ケリーの死に方が早すぎて「えっ?」ってなりましたもん。
相変わらずイーキンは小春に喰われるし・・・。
でもラストは泣ける。
W3人主演かと思いきや・・。 
案外、あっさりケリー・チャンがいなくなったのには驚きました(笑)
そして、確かに小春!!
彼が主役になってましたねええ。
でも、どうしても、小春のラブ・シーンとか「ぷっ」って笑っちゃって・・・。
ごめんよ。小春・・。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。