スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン・イン/新龍門客棧



STORY
時代は明。女剣士モウインは、宦官ツァオの手から長官の遺児たちを守るため、共に国境を越えようとしていた。女主人シュンユクが営む宿屋“龍門宿(ドラゴン・イン)”で恋人のワイオンを待つモウインだったが、彼の後にはツァオの手下たちもやって来て……。
 
REVIEW
キン・フー監督「龍門客棧(残酷ドラゴン!血闘竜門の宿)」のリメイク作品。もう最初からラストまでアクションの連続で観る側を興奮させる作品。

砂漠での大掛かりな死闘に始まり、「龍門宿(ドラゴン・イン)」での様々な駆け引き、そしてまた砂漠の死闘でのラスト、久しぶりに観ても大興奮である。砂漠ではダイナミックに室内の龍門宿では小道具を使ったアクションと随所にワイヤーワークが渡り行き届いてます。血なまぐさいところもありストーリーは多少大雑把ですが、それは香港映画のご愛嬌。っていうよりアクションを大いに楽しむ作品です。


第一出演陣だけでも楽しめるでしょ、コレは。クールなカーワァイの表情、「男装の麗人」ことブリジット・リンの美しさといい、マギー・チャンの残酷だけど色気のある演出といい、それだけでも大満足。マギーはこの作品での自分を低評価してますが、でもラストで龍門宿から旅立って行く表情なんてグッとくるものがあってよかった。

そして何といってもドニー・イェンの妖しげなメイク!怖いわ!!冒頭、ドニー・イェンって気づかなかない人もいるのではないかと・・・もっとドニー・イェンのアクションがあっても良かった気がするが、あのやられっぷりがわし的に◎。ホントに強かったのはドニーでもカーワァイでもマギーでも、ましてやブリジット・リンでもなく実はあの兄ちゃんってのがオチなのがウケる。


女性にはオリジナルの『龍門客棧』よりコッチのほうが断然オススメ。恋愛のカラミが大人っぽくて色気があるしね。でも、オリジナルと見比べてみても楽しめる。そして、これぞ香港映画!と思わせる一本。


1992年 香港
監督:李惠民(レイモンド・リー) 製作:徐克(ツイ・ハーク) 
出演:梁家輝(レオン・カーフェイ) /張曼玉(マギー・チャン) /徐錦江(チョイ・ガムコン)/劉洵(ラウ・シュン)/任世官(ヤン・サイクーン) /甄子丹(ドニー・イェン) /林青霞 (ブリジット・リン)

Comments

リリさん、こんにちは! 
そう、この作品リメイク版なんです。

オリジナルとリメイク版は基本的には設定は変わりませんよ?。
でも、かな?り昔に見たのでうろ覚えなんですが、オリジナルはもうちょっと真面目な作りです。

確かにドニーのアクション少なかったですね。
しかもメイク怖すぎ・・・
私も、DVD再販して欲しい作品の一つですね?。
Unknown 
ええ?この映画はリメイク版だったんですか!
元映画もオチは同じなのでしょうか?
ツイ・ハークの製作と思うと、荒唐無稽さはこちらのほうがありそうな気がしますが・・・。

私もドニーのアクションをもっと見たかったです?
今回チャンバラが中心なので、カンフーが少なくて残念でした。これDVDで再販して欲しいなあ、出たら買うのに。
Unknown 
サンタパパさん>

うわ?嬉しいです!
私もこの作品かなり好きなんですよ?
ベタって言っちゃあベタなんですけど
香港映画らしくって好きなんです。
あのドニー・イェンのメイクがさらにツボでした。
そうそう、あの兄ちゃんが実は最強なのがイイですよね?
うれしいっす 
この映画をエントリーする人を待っていました。好きなんですよ、この映画。
さすがドニー・イェンは強いし、ブリジット・リンとマギー・チャンはワイヤー・アクションで脱がしっこするし(^^;、最強のあの兄ちゃんの出方も最高です。
こういう映画は好きですなあ。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。